陸軍砲兵史-明治建軍から自衛隊砲兵まで

砲兵史4

グリヴォーバル中将率いる技術者たちは、車輪付きの砲架や照準装置を開発し、新しい砲弾を開発し、ナポレオン軍において砲兵という兵科がはじめて誕生した。砲兵部隊は機動力に優れていた。

陸軍砲兵史-明治建軍から自衛隊砲兵まで

陸軍砲兵史(3)ナポレオンの軍隊

ナポレオンはフランス軍の弱点を克服するため、散兵戦闘や遊撃兵中隊を取り入れ、煙幕を利用した戦闘を展開し、また大砲の規格化による技術革新を実現しました。これらの戦術と技術革新が、ナポレオンの軍隊の強さを生み出しました。ジョミニの著書も引 ...

陸軍砲兵史-明治建軍から自衛隊砲兵まで

陸軍砲兵史2

砲兵の歴史と現代技術、火砲の閉鎖機構について触れられており、ナポレオンの野砲による戦場制圧力の向上や、高野長英による日本への野砲紹介についても触れられています。

陸軍砲兵史-明治建軍から自衛隊砲兵まで

陸軍砲兵史-明治建軍から自衛隊砲兵まで(1) 連載の始まりにあたって──火砲の基礎知識 荒木 肇

ロシアのウクライナ侵攻では、ミサイルでなく、砲身砲と戦車の重要性が再認識されました。

・火力が勝利を決める
・野戦砲や戦車の役割は重要である

ということは、専門家からずっと言われてきましたが、耳を傾ける ...

陸軍工兵から施設科へ

陸軍工兵から施設科へ(73)大虐殺説を信奉する人たちの論理 荒木肇

本文は、日本の戦争責任についての「自虐史観」を批判しています。特に、南京大虐殺についての証言の信憑性について触れており、「姜さん」という人物が政府のプロパガンダの一環として証言をしたことが示唆されています。また、南京大虐殺の証拠写真に ...

陸軍工兵から施設科へ

防衛イラスト

「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(72)「正義派」の勇み足」(令和五年(2023年)3月1日配信)です。

陸軍工兵から施設科へ

No Image

「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(71) 「大衆と歴史が証明する」という妄言」(令和五年(2023年)2月22日配信)です。

陸軍工兵から施設科へ

No Image

「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(70) 中国に謝罪せよの時代」(令和五年(2023年)2月15日配信)です。

陸軍工兵から施設科へ

No Image

「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 陸軍工兵から施設科へ(69) 日本刀神話と論争」(令和五年(2023年)2月8日配信)です。