陸軍工兵から施設科へ(31) 蒸気機関車で全行程を

荒木肇さんの最新刊

自衛隊警務隊逮捕術

…警務隊長は語る。「我々警務官は平素の暮らしの中で規律違反や、犯罪への対応をしているが、今やその平素が有事に近い。…相手にする犯罪者、犯行形態は多様である。そうした事態に立ち向かえる意欲と能力を持った人材がこれからますます必要になる」〈本文より〉







サイト内検索は、こちらからどうぞ




お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

はじめに

 

 いよいよ大型連休です。わたしも26日から学校の仕事のお休みをいただき、5月2日も休暇を取りました。10連休です。わたしのような非常勤職員ならではの我儘ですが、ゆったり過ごそうと思っています。

 

 それにしてもコロナ禍で3度目のGW、政府はふつうに過ごして欲しいとのことですが、国内旅行も人気を取り戻しつつあります。どうか、少しでも経済的な状況が好転しますよう願ってやみません。

 

 今日は蒸気機関車が鉄路上からなくなっておよそ半世紀近くなりました。おかげで一部の好事家の方々以外は、案外、その仕組みをご存じないかと考えます。そこで、鷹司平通(たかつかさ・としみち、五摂家近衛家の流れ、1923〜66年)氏のご解説を紹介しようと思います。

 

 氏は日本交通公社に入り、交通博物館にも関わられた鉄道マニアの方で、昭和天皇陛下の皇女、和宮内親王殿下の配偶者でもあられました。

 

 事故死を遂げられましたが、「朝日新聞社のりものシリーズ・世界の鉄道62年」の「基礎の知識」で書かれたものです。

 

 

機関車のしくみ

 

 まずボイラです。その中には5.8立方メートルもの水が入ります。ボイラが長くて、太いほど強力な機関車です。ここで水から蒸気を作ります。その蒸気を蒸気機関に導いて蒸気の膨脹を利用してピストンを前後に往復運動させます。それをクランクで回転運動にして動輪を回して走りました。

 

 運転室の前には長いボイラがあり、その後部、下には石炭が燃える火室(かしつ)といわれる空間があります。その下部は火格子(ひごうし)といわれる部分で、その下には燃えカスが落ちる灰箱が付いています。火格子の面積は2.53平方メートルもありました。

 

 火室にはアーチ管といわれる水管が通っていて、これは火室の中の伝熱をよくする工夫です。このアーチ管には、燃焼したガスの通路を長くして、より燃焼効率を上げるためアーチ煉瓦が積んであります。火格子の上に機関助士は絶え間なく石炭をくべ続けます。しかも、火格子のすべてに万遍なく平均に投炭しなくてはなりません。たいへんな重労働であり、熟練を必要とする技術でもありました。

 

 火室の先は燃焼室といわれるスペースです。ここで燃えた石炭は700℃から1000℃のガスになっています。このガスが煙管(えんかん)の中を前方に向けて流れてゆきます。昔、子供の頃には万世橋(まんせいばし)の交通博物館の大きなフロアに実物のC57型蒸気機関車のカットモデルがあって、大小の煙管を見ることができました。

 

 大煙管は直径140ミリ、長さ5500ミリで18本、小煙管は直径57ミリで長さは同じで、本数も同じく18本がありました。機関区に帰った機関車はこの中にたまった煤(すす)をきれいに取らねばなりません。これも当時、「庫内手」といわれた乗務員予備軍の若者たちを苦しめた仕事でした。

 

 C51型機関車は運転重量が約68トン、炭水車の重量は約44トンもありました(石炭は8トン、水17トン積載)。テンダー(炭水車)も含めた全長は約20メートル、動輪の直径は当時の狭軌の機関車では最大の1750ミリです。この大きさは、以後も旅客用蒸気機関車の標準になります。東京駅大手町の地下にある動輪の広場には、いまもC62の動輪が保存されています。

 

 静態保存されたC515号機は1962(昭和37)年から東京都青梅市の鉄道公園にありましたが、2007(平成19)年に埼玉県さいたま市大宮区の鉄道博物館に展示してあります。

 

 外観を見ると、ボイラの上には2つの丸いこぶが付いています。前が蒸気溜で後ろの方にあるのが砂箱です。そこには動輪が空転するのを防ぐために、レールの上に撒く砂が入っています。3つに分かれた砂を流すためのホースを見ることができます。

 

 水で囲まれた燃焼室、火室、煙管のおかげで水は蒸気になり、前のこぶに溜められます。この中には加減弁がつき、機関士が加減弁ハンドルを運転室内で引くと蒸気は乾燥管の中に送られます。この乾燥管は前へのびてゆき、温熱管寄せで過熱管に分かれました。温熱管は大煙管の中を往復し、また過熱管よせで集まり、給気管につらなってゆきます。

 

 なんでこんな面倒なことと思いますが、ボイラで生まれた蒸気はいわゆる飽和蒸気です。やかんの口から吹き出す蒸気(透明)がすぐに湯気になってしまう(目に見える)のは、飽和蒸気はちょっと冷えるとすぐに水滴にもどってしまうからです。そこでさらに圧力と熱を加えて過熱蒸気に変えてしまいます。この蒸気圧は13キログラム/平方センチで、過熱蒸気の温度は400℃くらいでしょうか。

 

 給気管からシリンダーに入る蒸気は、ピストン弁でピストンの前後に交互に送りこまれ、シリンダーの中で膨脹し、ピストンを押します。押し切った蒸気は排気管へ出て、吐出管から勢いよく噴出して、ボイラの前後から煙室にたまった燃焼ガスといっしょに煙突から吹き出します。ガスは完全燃焼していれば色はありません。だから煙突から出る煙は実は蒸気なのです。これが白い煙に見えるのです。

 

給水時間を短縮せよ

 

 だいたい蒸気機関車の航続距離というか、安全、安心な走行距離は50キロメートルくらいと言われます。だから給水塔があり、給炭台が用意され、灰も捨てられるようなピットがある機関区はだいたいそんな距離にあったようです。

 

 東海道線は当時、国府津までは電化されていましたが、難題なのが箱根越えでした。線路はいまも御殿場線となっていますが、箱根の山を左手に見ながら酒匂(さかわ)平野を北上します。兄弟の仇打ちで有名な曾我の梅林、松田町を越えると今度は上り坂です。神奈川県の外れになる山北駅には大きな機関庫がありました。

 

 超特急の担当機関区は沼津に白羽の矢が立ちました。機関車は沼津機関区が受け持ち、乗務員は沼津より東京の間は沼津機関区、沼津から西は名古屋機関区の乗務員が担当します。沼津機関庫では9名の機関手と7名の機関助手が選ばれました。この機関手の先任は当時28歳で、連続7時間の投炭記録をもつ人でした。18トンもの石炭をシャベルで火室にくべ続けたのです。

 

 結城運転課長の構想では、東京と大阪間は無停車・ノンストップでした。途中の給水はなんと走りながら給水管ですくうというのです。平坦で直線が続く、静岡と草薙(くさなぎ)の間に2000メートルの水槽を造って、給水管を垂れ下ろして水をすくおうという計画でした。

 

 後押しの補助機関車の連結も解放も走りながら行ないます。側線で待機していた機関車は超特急列車が本線を走り抜けると同時にスタートする。追いかけていってただちに連結するといった離れ業を行なうことになっていました。この訓練はいまも広大なスペースがうかがわれる横浜市の新鶴見駅の構内で行なわれたようです。

 

 ところが下り国府津駅、上り列車は沼津駅で、それぞれ30秒停車の間に連結と解放は行なわれるように決定します。また、走行中の水をすくう方法も取りやめとなり、専用の水槽車を新たに造って機関車の次に連結するようになりました。こうして水槽容量が20立方メートル(C52型と同型)の大型テンダーに改良し、30トンの水を積む水槽車を連結します。この水槽車はのちに、「ミキ20」と言われました。「水のミ、積載量が最大なのでキ」のミキです。次回はいよいよ超特急の誕生です。

 

 

 

 

 

(つづく)

 

 

 

(あらき・はじめ)

 

 

 

 

(令和四年(2022年)4月27日配信)

 



著者略歴

荒木 肇(あらき・はじめ)
1951年東京生まれ。横浜国立大学教育学部卒業、同大学院修士課程修了。 専攻は日本近代教育史。日露戦後の社会と教育改革、大正期の学校教育と陸海軍教育、主に陸軍と学校、社会との関係の研究を行なう。横浜市の小学校で勤務するかたわら、横浜市情報処理教育センター研究員、同小学校理科研究会役員、同研修センター委嘱役員等を歴任。1993年退職。生涯学習研究センター常任理事、聖ヶ丘教育福祉専門学校講師(教育原理)などをつとめる。1999年4月から川崎市立学校に勤務。2000年から横浜市主任児童委員にも委嘱される。2001年には陸上幕僚長感謝状を受ける。 年間を通して、自衛隊部隊、機関、学校などで講演、講話を行なっている。

著書に『教育改革Q&A(共著)』(パテント社)、『静かに語れ歴史教育』『日本人はどのようにして軍隊をつくったのか─安全保障と技術の近代史』(出窓社)、『現代(いま)がわかる−学習版現代用語の基礎知識(共著)』(自由国民社)、『自衛隊という学校』『続自衛隊という学校』『子どもに嫌われる先生』『指揮官は語る』『自衛隊就職ガイド』『学校で教えない自衛隊』『学校で教えない日本陸軍と自衛隊』『あなたの習った日本史はもう古い!─昭和と平成の教科書読み比べ』『東日本大震災と自衛隊─自衛隊は、なぜ頑張れたか?』『脚気と軍隊『日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想』『自衛隊警務隊逮捕術』((並木書房)がある。







サイト内検索は、こちらからどうぞ




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

陸軍工兵から施設科へ(1) 工兵の仕事は「建設と破壊」
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(1) 工兵の仕事は「建設と破壊」」―(2020年(令和二年)10月14日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(2) 明治の初めはフランス式工兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(2) 明治の初めはフランス式工兵」―(2020年(令和二年)10月21日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(3) 陸軍士官学校に工兵科
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(3) 陸軍士官学校に工兵科―(2020年(令和二年)10月28日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(4) 市ヶ谷台に士官学校が生まれる
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(4) 市ヶ谷台に士官学校が生まれる―(2020年(令和二年)11月4日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(5) 士官生徒の時代
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(5) 士官生徒の時代―(2020年(令和二年)11月11日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(6) 歩兵の中の鍬兵(しゅうへい)のこと
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(6) 歩兵の中の鍬兵(しゅうへい)のこと―(2020年(令和二年)11月18日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(7) 師団の中に工兵大隊がおかれる
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(7) 師団の中に工兵大隊がおかれる―(2020年(令和二年)11月25日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(8) 若者はどうやって工兵になったか?
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(8) 若者はどうやって工兵になったか?―(2020年(令和二年)12月2日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(9) 徴兵制度(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(9) 徴兵制度(2)―(2020年(令和二年)12月9日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(10) 徴兵制度(3)徴兵年限
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(10) 徴兵制度(3) 徴兵年限―(2020年(令和二年)12月16日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(11) 日露戦争の工兵の戦い(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(11) 日露戦争の工兵の戦い(1)―(2020年(令和二年)12月23日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(12) 日露戦争の工兵の戦い(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(12) 日露戦争の工兵の戦い(2)―(2021年(令和三年)1月6日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(13) 旅順要塞の激闘(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(13) 旅順要塞の激闘(1)―(2021年(令和三年)1月13日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(14) 旅順要塞の激闘(2)第1回総攻撃
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(14) 旅順要塞の激闘(2)第1回総攻撃―(2021年(令和三年)1月20日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(15) 旅順要塞への第1回総攻撃の結果
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(15) 旅順要塞への第1回総攻撃の結果―(2021年(令和三年)1月27日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像―(2021年(令和三年)2月3日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(2)―昭和33年防衛庁記録―(2021年(令和三年)2月10日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(3)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(2)―昭和35(1960)年防衛庁記録―(2021年(令和三年)2月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(4) 防衛2法と第2次防衛計画―昭和36(1961)年防衛庁記録―
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(4) 防衛2法と第2次防衛計画―昭和36(1961)年防衛庁記録―(2021年(令和三年)2月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(5) 3次防の時代(1)―昭和42年映像―
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(5) 3次防の時代(1)―昭和42年映像―(2021年(令和三年)3月3日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(6) 3次防の時代−(2)空中機動力の時代
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(6) 3次防の時代−(2)空中機動力の時代―(2021年(令和三年)3月10日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(7) 3次防の終了−(3)反自衛隊の動き ─昭和46年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(7) 3次防の終了−(3)反自衛隊の動き ─昭和46年映像―(2021年(令和三年)3月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(8) 4次防の始まり─昭和48年─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(8) 4次防の始まり─昭和48年─(2021年(令和三年)3月24日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(9) ソ連の脅威─昭和51年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(9) ソ連の脅威─昭和51年映像─(2021年(令和三年)3月31日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(10) 基盤的防衛力育成の時代─昭和52年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(10) 基盤的防衛力育成の時代─昭和52年映像─(2021年(令和三年)4月7日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(11) 防衛論議高まる ─昭和53年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(11) 防衛論議高まる ─昭和53年映像─(2021年(令和三年)4月14日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(12) 和と国家の独立の確保 ─昭和55年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(12) 防衛論議高まる ─昭和53年映像─(2021年(令和三年)4月21日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(13) 極東ソ連軍の脅威─昭和56年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(13)極東ソ連軍の脅威─昭和56年映像─(2021年(令和三年)4月28日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(14) 56中業(中期業務計画)の進展 ─昭和57・58年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(14)56中業(中期業務計画)の進展 ─昭和57・58年映像─(2021年(令和三年)5月12日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(15) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(15) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(1)(2021年(令和三年)5月19日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(16) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(16) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(2)(2021年(令和三年)5月26日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(17)自衛隊30年の歩み
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(17) 自衛隊30年の歩み ─昭和59年映像─ (2021年(令和三年)6月2日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」 (2021年(令和三年)6月9日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」(コピー)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」 (2021年(令和三年)6月9日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(19) 防衛医科大学校と防衛大学校
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(19) 防衛医科大学校と防衛大学校─昭和62年映像─ (2021年(令和三年)6月16日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(20) 冷戦崩壊間近の防衛計画─昭和63年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(20) 冷戦崩壊間近の防衛計画─昭和63年映像─ (2021年(令和三年)6月23日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(21) エア・ランド・バトルの計画─平成元年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(21) エア・ランド・バトルの計画─平成元年映像─ (2021年(令和三年)6月30日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(22) ソ連の脅威の削除とイラク軍のクウェート侵攻─平成2年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(22) ソ連の脅威の削除とイラク軍のクウェート侵攻─平成2年映像─ (2021年(令和三年)7月7日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(23) 湾岸戦争の衝撃─平成3年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(23) 湾岸戦争の衝撃─平成3年映像─ (2021年(令和三年)7月14日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(24) カンボディアへ施設大隊の派遣─平成4年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(24) カンボディアへ施設大隊の派遣─平成4年映像─ (2021年(令和三年)7月21日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(25) 海外派遣ますますの進展─平成5年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(25) 海外派遣ますますの進展─平成5年映像─ (2021年(令和三年)7月28日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(26) ルワンダ派遣と阪神・淡路大震災(1)─平成6年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(26) ルワンダ派遣と阪神・淡路大震災(1)─平成6年映像─ (2021年(令和三年)8月4日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(27) ルワンダ派遣と機関銃 ─平成6年映像(2)─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(27) ルワンダ派遣と機関銃 ─平成6年映像(2)─ (2021年(令和三年)8月4日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(28) 新防衛計画―平成の大軍縮(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(28) 新防衛計画―平成の大軍縮(1) (2021年(令和三年)8月18日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(29) 新防衛計画―平成の大軍縮・海上自衛隊(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(29) 新防衛計画―平成の大軍縮・海上自衛隊(2) (2021年(令和三年)8月25日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(30) 新防衛計画―海上自衛隊の地方隊ほか(3)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(30) 新防衛計画―海上自衛隊の地方隊ほか(3) (2021年(令和三年)9月1日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(31) 新防衛計画―航空自衛隊の組織と編成(4)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(31) 新防衛計画―航空自衛隊の組織と編成(4) (2021年(令和三年)9月8日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(32) 新防衛計画―航空自衛隊の教育集団ほか(5)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(32) 新防衛計画―航空自衛隊の教育集団ほか(5) (2021年(令和三年)9月15日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(33) 中期防衛力整備計画と海外活動へ 1996(平成8)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(33)  中期防衛力整備計画と海外活動へ 1996(平成8)年の映像紹介 (2021年(令和三年)9月22日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(34) 周辺事態法とガイドライン  1997(平成9)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(34)  周辺事態法とガイドライン  1997(平成9)年の映像紹介 (2021年(令和三年)9月29日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(35) 日米同盟の堅持  1998(平成10)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(35)  日米同盟の堅持  1998(平成10)年の映像紹介 (2021年(令和三年)10月6日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(36) ついに不審船事案──海上警備行動発令  1999(平成11)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(36)  ついに不審船事案──海上警備行動発令  1999(平成11)年の映像紹介 (2021年(令和三年)10月13日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(37) 周辺事態や日米協力とはいうものの 2000(平成12)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(37)  周辺事態や日米協力とはいうものの 2000(平成12)年の映像紹介  (2021年(令和三年)10月20日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(38) 9.11同時テロの年 2001(平成13)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(38)  9.11同時テロの年 2001(平成13)年の映像紹介  (2021年(令和三年)10月27日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(39) ついに統合運用の時代に 2002(平成14)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(39)  ついに統合運用の時代に 2002(平成14)年の映像紹介  (2021年(令和三年)11月3日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(40) BMD防衛の構想の始まり 2003(平成15)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(40) BMD防衛の構想の始まり 2003(平成15)年の映像紹介 (2021年(令和三年)11月10日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(41) イラク復興支援・中期防衛力整備計画
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(41) イラク復興支援・中期防衛力整備計画  2004(平成16)年の映像紹介 (2021年(令和三年)11月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(42) いささかだれ気味(?)の広報動画  2005(平成17)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(42) いささかだれ気味(?)の広報動画  2005(平成17)年の映像紹介 (2021年(令和三年)11月24日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(43) 米軍再編と北の核実験 2006(平成18)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(43) 米軍再編と北の核実験 2006(平成18)年の映像紹介 (2021年(令和三年)12月1日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(44) ヒトロク(16)大綱の時代
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介防衛省の秘蔵映像(44)  ヒトロク(16)大綱の時代 2007(平成19)年の映像紹介  (2021年(令和三年)12月8日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(45) 「真の信頼を得るために」 2008(平成20)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介防衛省の秘蔵映像(45)  「真の信頼を得るために」 2008(平成20)年の映像紹介  (2021年(令和三年)12月15日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(46) 「動的防衛力」の提唱 2009(平成21)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介防衛省の秘蔵映像(46) 「動的防衛力」の提唱 2009(平成21)年の映像紹介  (2021年(令和三年)12月22日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(47) 防衛省秘蔵映像から見えること 2009(平成21)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介防衛省の秘蔵映像(47) 防衛省秘蔵映像から見えること 2009(平成21)年の映像紹介 (2021年(令和三年)12月29日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(16) 交通兵旅団の誕生──気球隊から航空隊へ
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(16) 交通兵旅団の誕生──気球隊から航空隊へ (令和四年(2022年)1月12日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(17) 気球から航空機へ
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(17) 気球から航空機へ (令和四年(2022年)1月19日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(18) 臨時軍用気球研究会の発足
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(18) 臨時軍用気球研究会の発足 (令和四年(2022年)1月26日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(19) 代々木で空に浮かぶ前に
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(19) 代々木で空に浮かぶ前に (令和四年(2022年)2月2日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(20) 陸軍の気球の発展
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(20) 陸軍の気球の発展 (令和四年(2022年)2月9日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(21) 自由気球の話
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(21) 自由気球の話 (令和四年(2022年)2月16日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(22) 初めての着陸
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(22) 初めての着陸 (令和四年(2022年)2月23日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(23) 敵の鉄道打ち壊し
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(23) 敵の鉄道打ち壊し (令和四年(2022年)3月2日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(24) 広軌と狭軌の話
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(24) 広軌と狭軌の話 (令和四年(2022年)3月9日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(25) 鉄道網の進展
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(25) 鉄道網の進展 (令和四年(2022年)3月16日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(26) 東海道線優先へ
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(26) 東海道線優先へ (令和四年(2022年)3月23日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(27) 日清戦争へ備えて
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(27) 日清戦争へ備えて (令和四年(2022年)3月30日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(28) 日露戦争へ
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(28) 日露戦争へ (令和四年(2022年)4月6日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(29) 山陽鉄道の全通
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(29) 山陽鉄道の全通 (令和四年(2022年)4月13日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(30) 超特急「つばめ」
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(30) 超特急「つばめ」 (令和四年(2022年)4月20日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(32) 走れ超特急!
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(32) 走れ超特急! (令和四年(2022年)5月11日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(33) 昭和初めの減俸事件
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(33) 昭和初めの減俸事件 (令和四年(2022年)5月18日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(34) 昭和初めの日々
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(34)  昭和初めの日々 (令和四年(2022年)5月25日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(35) 丹那トンネルの建設
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(35) 丹那トンネルの建設 (令和四年(2022年)6月1日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(36) 丹那トンネル掘削の難航
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(36) 丹那トンネル掘削の難航 (令和四年(2022年)6月8日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(37) トンネル崩落
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(37) トンネル崩落 (令和四年(2022年)6月15日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(38) 難航する救助坑の掘削
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(38) 難航する救助坑の掘削 (令和四年(2022年)6月22日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(39) 生存者救助と工事続行
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(39) 生存者救助と工事続行 (令和四年(2022年)6月29日配信)です。