陸軍工兵から施設科へ(27) 日清戦争へ備えて

荒木肇さんの最新刊

自衛隊警務隊逮捕術

…警務隊長は語る。「我々警務官は平素の暮らしの中で規律違反や、犯罪への対応をしているが、今やその平素が有事に近い。…相手にする犯罪者、犯行形態は多様である。そうした事態に立ち向かえる意欲と能力を持った人材がこれからますます必要になる」〈本文より〉







サイト内検索は、こちらからどうぞ




お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

はじめに

 

 ウクライナへのロシア軍侵攻から1カ月が過ぎました。戦況は多くの予想をこえてロシア軍の意外な弱体ぶりが明らかになっています。報道される多くの映像を見る限り、ロシア軍車輌が分散せずに集まって先頭車輌が撃破されたり、ヘリコプターが撃墜されたりしています。

 

 一説によると、ロシア軍は兵士たちに海外に通じる通信器材を持たせていない、それに対してウクライナ市民は手元のスマホなどから海外に自由に発信しているからだそうです。意外なことにロシア軍は実は「張子の虎」だったのではないかとも思われます。ソ連崩壊後の軍縮や、徴兵への忌避などがカウンターブローのように大陸軍を無力化してきたのでしょうか。

 

 

 いずれにせよ「専制主義対民主主義」の戦いをいうNATO自由主義陣営とロシア陣営の烈しい情報戦があることは確実です。わたしたちは、それこそ情報リテラシーを鍛えながら正しい判断力を持ちたいものです。

 

 

鉄道は東北へも

 

 東北への道を開いたのは日本鉄道でした。この明治14(1881)年に発足した私有鉄道はもともと、秩禄(ちつろく)処分をされて公債をもつ「華士族」の救済のための組織でした。従来の家禄を奪われ、何とか収入を確保したい華族や士族が金を出し合って将来性がある鉄道に投資する、そういった会社です。

 

 政府が東西両京を結ぶ路線を建設する間に、日本鉄道は着々と本州の北端、青森に向けて鉄道を伸ばしてゆきました。日本鉄道というその名の通り、この会社は壮大な鉄道路線の建設計画を立てていました。東京から高崎(群馬県)、同じく青森までと、高崎から中山道を通って京都まで、中山道コースから分かれて新潟を抜けて出羽(現在の秋田県)まで、九州でも、いまは門司となった豊前大里(ぶぜんだいり)から長崎まで、その途中で分岐して熊本までというものです。

 

 

 上野と高崎の間の約100キロメートルの営業開始は明治17(1884)年5月のことでした。続いて7月には前橋(群馬県庁所在地)までの約8キロを開通させています。そうして翌年3月には、赤羽と品川間(今の山手線と埼京線)の20.8キロを開通させました。品川駅では官設鉄道と線路を結び、新橋と赤羽間には1日3往復の直通列車を走らせます。所要時間は1時間15分だそうです。中山道の各駅から横浜へ向かう人には大変便利になったものでしょう。

 

 東北方面に向かう栃木県へは大宮(現さいたま市)から宇都宮(うつのみや・栃木県庁所在地)の路線開業は明治18(1885)年7月。翌年6月には利根川を橋を使って渡り、全通します。

 

 日本鉄道は会社設立の認可にあたって政府と取り決めをしていました。それは、「非常の事変や兵乱があるときには、会社は政府の命令に応じて鉄道を政府が自由に使える義務をもつ」ということです。当時はまだ鎮台が各地にあった時代で、「兵乱」という言葉がまだ重みをもっていたのでしょう。実際、教科書にも書かれる明治17年の「秩父(ちちぶ)事件」では、特別列車が鎮圧用の兵力を乗せて熊谷(埼玉県)まで運転されました。

 

青森までの延伸

 

 白河(福島県)から仙台(宮城県)、仙台から盛岡(岩手県)、盛岡から青森(青森県)への各路線が明治19(1886)年から始められます。この中でもっとももめたのが盛岡から青森までのルートです。

 

陸軍は三戸(さんのへ・青森県南東部岩手県境)から百石(ももいし・青森県東部、太平洋に臨む)、野辺地(のへじ・下北半島の基部、港町)を通って青森へ向かう計画路線の安全を危ぶみました。有事では侵攻軍の軍艦による艦砲射撃を受け、敵軍が上陸することで占拠されれば利用もされてしまうという、当時としてはまったく現実性のある心配です。

 

陸軍がかわって提案したのは、現在の花輪線や奥羽線コースでした。盛岡から田頭(でんどう・岩手県北西部、現八幡平市)、大館(おおだて・秋田県北東部)、弘前(ひろさき・青森県南西部、弘前平野)を通って青森へ行く内陸路線です。

 

しかし、この陸軍が提案したルートは山間部が多く、トンネルや鉄橋を多く必要としました。経費の増大がネックとなって、もとの日本鉄道がつくった今の東北本線の路線通りに建設が認可されます。

 

こうして上野と青森の間が全通するのは、明治24(1891)年9月のことでした。1日1往復の直通列車が運転されました。全長は732キロメートル。下り列車の所要時間は26時間15分、上りが26時間40分だったようです。その30年前の幕末の頃なら3週間近くの日時を要したことでしょう。1日10里(約40キロメートル)を歩いても18日余りがかかりました。

 

日清戦争に備えて

 

 明治の鉄道は人を運び、物も運び、それに文明も運びました。学校と軍隊は、新しい文明開化の象徴でした。時計によって管理されて、夏と冬では昼間や夜の長さが違うといった自然と折り合った暮らしは旧いものになりました。人々の生活も近代的なものに変わってきました。

 

 なかでも軍隊は、服装も、食物も、生活習慣や思考方法まで西欧式近代を取り入れます。兵役を終わった若者は故郷に帰ってからも予備役になり、軍隊と縁は切れませんでした。戦時になると、召集令状が役場からやってきて、若者たちは最寄りの汽車の駅から旅立ちました。

 

 日清戦争(1894〜95年)を陸軍は近衛師団と6個師団で迎えました。主力となる歩兵聯隊は合計で28個、ほかに野砲兵聯隊7個、騎兵、工兵、輜重兵各大隊はそれぞれ7個です。近衛と第1師団の6個歩兵聯隊は東京にあり、ほかは全国各地の衛戍地(えいじゅち)にありました。野砲兵聯隊と騎・工・輜重兵大隊は師団司令部所在地にいます。

 

 東京以外にある22個歩兵聯隊は動員(戦時編制になること)がかかれば、召集令状によって集まってくる兵員と軍馬を受け入れることになりました。そこから最寄りの鉄道の駅から汽車に乗り、渡海するための集結地に向かいます。たとえば、第1師団第15歩兵聯隊は衛戍地高崎から日本鉄道で品川に向かいました。

 

第2師団は青森から歩兵第5聯隊が、仙台から第4、第17歩兵聯隊が鉄道を使い、新潟県新発田(しばた)の歩兵第16聯隊だけは直江津まで行軍して鉄道に乗り込みました。名古屋の第3師団は愛知県豊橋の歩兵第18聯隊が東海道線に乗ります。金沢の第7歩兵聯隊は福井県敦賀まで他兵科の部隊と行軍し、敦賀駅から列車に乗り込みました。第6、第19歩兵聯隊は名古屋駅から列車の旅を始めます。

 

熊本の第6師団も第13、第23歩兵聯隊が他兵科部隊とともに私鉄九州鉄道線で門司に向かいます。小倉の歩兵第14聯隊、福岡の歩兵第24聯隊も鉄道や港に近い位置にありました。

 

日清戦争と鉄道

 

 広島の外港だった宇品港、陸軍船舶が集まり大陸へ人員・物資を送りだした有名な港です。ここと山陽鉄道を結んだのが宇品線でした。また、陸軍は東京市内の青山練兵場から新宿への線路の建設を私鉄甲武(こうぶ)鉄道に委嘱します。青山には臨時停車場が置かれ、そこから列車が出ました。この停車場は各地から集まる軍隊をいったん受け入れ、ここから品川へ送りだす役目でした。

 

 現在も東京都品川区大崎では山手線と湘南新宿線が分かれます。もともと山手線の線路が日本鉄道線だったのですが、これでは品川駅でスイッチバックになってしまいます。これまでは前にあって牽引してきた機関車をターンテーブルで向きを変えて、後尾だった貨車・客車に連結する、そんな手間がかかりました。そこで新しく東海道線の品川―大森の間の大井で東海道線に直結する短絡線を造ります。

 

 『日清戦役統計』から見ると、興味深い数字が並びました。近衛師団は青山停車場から広島まで569.69マイル(約910キロメートル)を走行時間33時間17分、停車時間10時間54分で合計44時間11分。第2師団は青森から広島まで約1630メートルを78時間56分。第3師団の名古屋−宇品間は約540キロメートル、17時間28分。第4師団の京都−広島間の約380キロメートルを19時間26分。第6師団の熊本−門司の間、約200キロメートルを7時間53分。

 

 平均速度はいずれも走行時では毎時20キロ以上、30キロ未満という当時としては、なかなかの速度でした。青森から停車時間も入れて3日と3時間余りで広島まで着くことができたのです。

 

 戦役中で人員14万2900人、馬匹2万5502頭が運ばれました。

 

 

(つづく)

 

 

 

(あらき・はじめ)

 

 

 

 

(令和四年(2022年)3月30日配信)

 



著者略歴

荒木 肇(あらき・はじめ)
1951年東京生まれ。横浜国立大学教育学部卒業、同大学院修士課程修了。 専攻は日本近代教育史。日露戦後の社会と教育改革、大正期の学校教育と陸海軍教育、主に陸軍と学校、社会との関係の研究を行なう。横浜市の小学校で勤務するかたわら、横浜市情報処理教育センター研究員、同小学校理科研究会役員、同研修センター委嘱役員等を歴任。1993年退職。生涯学習研究センター常任理事、聖ヶ丘教育福祉専門学校講師(教育原理)などをつとめる。1999年4月から川崎市立学校に勤務。2000年から横浜市主任児童委員にも委嘱される。2001年には陸上幕僚長感謝状を受ける。 年間を通して、自衛隊部隊、機関、学校などで講演、講話を行なっている。

著書に『教育改革Q&A(共著)』(パテント社)、『静かに語れ歴史教育』『日本人はどのようにして軍隊をつくったのか─安全保障と技術の近代史』(出窓社)、『現代(いま)がわかる−学習版現代用語の基礎知識(共著)』(自由国民社)、『自衛隊という学校』『続自衛隊という学校』『子どもに嫌われる先生』『指揮官は語る』『自衛隊就職ガイド』『学校で教えない自衛隊』『学校で教えない日本陸軍と自衛隊』『あなたの習った日本史はもう古い!─昭和と平成の教科書読み比べ』『東日本大震災と自衛隊─自衛隊は、なぜ頑張れたか?』『脚気と軍隊『日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想』『自衛隊警務隊逮捕術』((並木書房)がある。







サイト内検索は、こちらからどうぞ




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

陸軍工兵から施設科へ(1) 工兵の仕事は「建設と破壊」
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(1) 工兵の仕事は「建設と破壊」」―(2020年(令和二年)10月14日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(2) 明治の初めはフランス式工兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(2) 明治の初めはフランス式工兵」―(2020年(令和二年)10月21日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(3) 陸軍士官学校に工兵科
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(3) 陸軍士官学校に工兵科―(2020年(令和二年)10月28日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(4) 市ヶ谷台に士官学校が生まれる
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(4) 市ヶ谷台に士官学校が生まれる―(2020年(令和二年)11月4日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(5) 士官生徒の時代
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(5) 士官生徒の時代―(2020年(令和二年)11月11日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(6) 歩兵の中の鍬兵(しゅうへい)のこと
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(6) 歩兵の中の鍬兵(しゅうへい)のこと―(2020年(令和二年)11月18日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(7) 師団の中に工兵大隊がおかれる
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(7) 師団の中に工兵大隊がおかれる―(2020年(令和二年)11月25日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(8) 若者はどうやって工兵になったか?
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(8) 若者はどうやって工兵になったか?―(2020年(令和二年)12月2日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(9) 徴兵制度(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(9) 徴兵制度(2)―(2020年(令和二年)12月9日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(10) 徴兵制度(3)徴兵年限
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(10) 徴兵制度(3) 徴兵年限―(2020年(令和二年)12月16日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(11) 日露戦争の工兵の戦い(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(11) 日露戦争の工兵の戦い(1)―(2020年(令和二年)12月23日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(12) 日露戦争の工兵の戦い(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(12) 日露戦争の工兵の戦い(2)―(2021年(令和三年)1月6日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(13) 旅順要塞の激闘(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(13) 旅順要塞の激闘(1)―(2021年(令和三年)1月13日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(14) 旅順要塞の激闘(2)第1回総攻撃
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(14) 旅順要塞の激闘(2)第1回総攻撃―(2021年(令和三年)1月20日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(15) 旅順要塞への第1回総攻撃の結果
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(15) 旅順要塞への第1回総攻撃の結果―(2021年(令和三年)1月27日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像―(2021年(令和三年)2月3日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(2)―昭和33年防衛庁記録―(2021年(令和三年)2月10日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(3)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(2)―昭和35(1960)年防衛庁記録―(2021年(令和三年)2月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(4) 防衛2法と第2次防衛計画―昭和36(1961)年防衛庁記録―
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(4) 防衛2法と第2次防衛計画―昭和36(1961)年防衛庁記録―(2021年(令和三年)2月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(5) 3次防の時代(1)―昭和42年映像―
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(5) 3次防の時代(1)―昭和42年映像―(2021年(令和三年)3月3日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(6) 3次防の時代−(2)空中機動力の時代
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(6) 3次防の時代−(2)空中機動力の時代―(2021年(令和三年)3月10日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(7) 3次防の終了−(3)反自衛隊の動き ─昭和46年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(7) 3次防の終了−(3)反自衛隊の動き ─昭和46年映像―(2021年(令和三年)3月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(8) 4次防の始まり─昭和48年─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(8) 4次防の始まり─昭和48年─(2021年(令和三年)3月24日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(9) ソ連の脅威─昭和51年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(9) ソ連の脅威─昭和51年映像─(2021年(令和三年)3月31日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(10) 基盤的防衛力育成の時代─昭和52年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(10) 基盤的防衛力育成の時代─昭和52年映像─(2021年(令和三年)4月7日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(11) 防衛論議高まる ─昭和53年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(11) 防衛論議高まる ─昭和53年映像─(2021年(令和三年)4月14日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(12) 和と国家の独立の確保 ─昭和55年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(12) 防衛論議高まる ─昭和53年映像─(2021年(令和三年)4月21日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(13) 極東ソ連軍の脅威─昭和56年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(13)極東ソ連軍の脅威─昭和56年映像─(2021年(令和三年)4月28日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(14) 56中業(中期業務計画)の進展 ─昭和57・58年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(14)56中業(中期業務計画)の進展 ─昭和57・58年映像─(2021年(令和三年)5月12日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(15) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(15) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(1)(2021年(令和三年)5月19日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(16) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(16) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(2)(2021年(令和三年)5月26日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(17)自衛隊30年の歩み
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(17) 自衛隊30年の歩み ─昭和59年映像─ (2021年(令和三年)6月2日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」 (2021年(令和三年)6月9日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」(コピー)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」 (2021年(令和三年)6月9日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(19) 防衛医科大学校と防衛大学校
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(19) 防衛医科大学校と防衛大学校─昭和62年映像─ (2021年(令和三年)6月16日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(20) 冷戦崩壊間近の防衛計画─昭和63年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(20) 冷戦崩壊間近の防衛計画─昭和63年映像─ (2021年(令和三年)6月23日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(21) エア・ランド・バトルの計画─平成元年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(21) エア・ランド・バトルの計画─平成元年映像─ (2021年(令和三年)6月30日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(22) ソ連の脅威の削除とイラク軍のクウェート侵攻─平成2年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(22) ソ連の脅威の削除とイラク軍のクウェート侵攻─平成2年映像─ (2021年(令和三年)7月7日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(23) 湾岸戦争の衝撃─平成3年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(23) 湾岸戦争の衝撃─平成3年映像─ (2021年(令和三年)7月14日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(24) カンボディアへ施設大隊の派遣─平成4年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(24) カンボディアへ施設大隊の派遣─平成4年映像─ (2021年(令和三年)7月21日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(25) 海外派遣ますますの進展─平成5年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(25) 海外派遣ますますの進展─平成5年映像─ (2021年(令和三年)7月28日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(26) ルワンダ派遣と阪神・淡路大震災(1)─平成6年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(26) ルワンダ派遣と阪神・淡路大震災(1)─平成6年映像─ (2021年(令和三年)8月4日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(27) ルワンダ派遣と機関銃 ─平成6年映像(2)─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(27) ルワンダ派遣と機関銃 ─平成6年映像(2)─ (2021年(令和三年)8月4日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(28) 新防衛計画―平成の大軍縮(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(28) 新防衛計画―平成の大軍縮(1) (2021年(令和三年)8月18日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(29) 新防衛計画―平成の大軍縮・海上自衛隊(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(29) 新防衛計画―平成の大軍縮・海上自衛隊(2) (2021年(令和三年)8月25日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(30) 新防衛計画―海上自衛隊の地方隊ほか(3)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(30) 新防衛計画―海上自衛隊の地方隊ほか(3) (2021年(令和三年)9月1日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(31) 新防衛計画―航空自衛隊の組織と編成(4)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(31) 新防衛計画―航空自衛隊の組織と編成(4) (2021年(令和三年)9月8日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(32) 新防衛計画―航空自衛隊の教育集団ほか(5)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(32) 新防衛計画―航空自衛隊の教育集団ほか(5) (2021年(令和三年)9月15日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(33) 中期防衛力整備計画と海外活動へ 1996(平成8)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(33)  中期防衛力整備計画と海外活動へ 1996(平成8)年の映像紹介 (2021年(令和三年)9月22日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(34) 周辺事態法とガイドライン  1997(平成9)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(34)  周辺事態法とガイドライン  1997(平成9)年の映像紹介 (2021年(令和三年)9月29日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(35) 日米同盟の堅持  1998(平成10)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(35)  日米同盟の堅持  1998(平成10)年の映像紹介 (2021年(令和三年)10月6日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(36) ついに不審船事案──海上警備行動発令  1999(平成11)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(36)  ついに不審船事案──海上警備行動発令  1999(平成11)年の映像紹介 (2021年(令和三年)10月13日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(37) 周辺事態や日米協力とはいうものの 2000(平成12)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(37)  周辺事態や日米協力とはいうものの 2000(平成12)年の映像紹介  (2021年(令和三年)10月20日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(38) 9.11同時テロの年 2001(平成13)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(38)  9.11同時テロの年 2001(平成13)年の映像紹介  (2021年(令和三年)10月27日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(39) ついに統合運用の時代に 2002(平成14)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(39)  ついに統合運用の時代に 2002(平成14)年の映像紹介  (2021年(令和三年)11月3日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(40) BMD防衛の構想の始まり 2003(平成15)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(40) BMD防衛の構想の始まり 2003(平成15)年の映像紹介 (2021年(令和三年)11月10日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(41) イラク復興支援・中期防衛力整備計画
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(41) イラク復興支援・中期防衛力整備計画  2004(平成16)年の映像紹介 (2021年(令和三年)11月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(42) いささかだれ気味(?)の広報動画  2005(平成17)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(42) いささかだれ気味(?)の広報動画  2005(平成17)年の映像紹介 (2021年(令和三年)11月24日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(43) 米軍再編と北の核実験 2006(平成18)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(43) 米軍再編と北の核実験 2006(平成18)年の映像紹介 (2021年(令和三年)12月1日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(44) ヒトロク(16)大綱の時代
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介防衛省の秘蔵映像(44)  ヒトロク(16)大綱の時代 2007(平成19)年の映像紹介  (2021年(令和三年)12月8日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(45) 「真の信頼を得るために」 2008(平成20)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介防衛省の秘蔵映像(45)  「真の信頼を得るために」 2008(平成20)年の映像紹介  (2021年(令和三年)12月15日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(46) 「動的防衛力」の提唱 2009(平成21)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介防衛省の秘蔵映像(46) 「動的防衛力」の提唱 2009(平成21)年の映像紹介  (2021年(令和三年)12月22日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(47) 防衛省秘蔵映像から見えること 2009(平成21)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介防衛省の秘蔵映像(47) 防衛省秘蔵映像から見えること 2009(平成21)年の映像紹介 (2021年(令和三年)12月29日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(16) 交通兵旅団の誕生──気球隊から航空隊へ
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(16) 交通兵旅団の誕生──気球隊から航空隊へ (令和四年(2022年)1月12日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(17) 気球から航空機へ
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(17) 気球から航空機へ (令和四年(2022年)1月19日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(18) 臨時軍用気球研究会の発足
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(18) 臨時軍用気球研究会の発足 (令和四年(2022年)1月26日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(19) 代々木で空に浮かぶ前に
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(19) 代々木で空に浮かぶ前に (令和四年(2022年)2月2日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(20) 陸軍の気球の発展
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(20) 陸軍の気球の発展 (令和四年(2022年)2月9日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(21) 自由気球の話
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(21) 自由気球の話 (令和四年(2022年)2月16日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(22) 初めての着陸
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(22) 初めての着陸 (令和四年(2022年)2月23日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(23) 敵の鉄道打ち壊し
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(23) 敵の鉄道打ち壊し (令和四年(2022年)3月2日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(24) 広軌と狭軌の話
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(24) 広軌と狭軌の話 (令和四年(2022年)3月9日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(25) 鉄道網の進展
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(25) 鉄道網の進展 (令和四年(2022年)3月16日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(26) 東海道線優先へ
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(26) 東海道線優先へ (令和四年(2022年)3月23日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(28) 日露戦争へ
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(28) 日露戦争へ (令和四年(2022年)4月6日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(29) 山陽鉄道の全通
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(29) 山陽鉄道の全通 (令和四年(2022年)4月13日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(30) 超特急「つばめ」
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(30) 超特急「つばめ」 (令和四年(2022年)4月20日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(31) 蒸気機関車で全行程を
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(31) 蒸気機関車で全行程を (令和四年(2022年)4月27日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(32) 走れ超特急!
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(32) 走れ超特急! (令和四年(2022年)5月11日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(33) 昭和初めの減俸事件
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(33) 昭和初めの減俸事件 (令和四年(2022年)5月18日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(34) 昭和初めの日々
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(34)  昭和初めの日々 (令和四年(2022年)5月25日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(35) 丹那トンネルの建設
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(35) 丹那トンネルの建設 (令和四年(2022年)6月1日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(36) 丹那トンネル掘削の難航
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(36) 丹那トンネル掘削の難航 (令和四年(2022年)6月8日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(37) トンネル崩落
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(37) トンネル崩落 (令和四年(2022年)6月15日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(38) 難航する救助坑の掘削
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(38) 難航する救助坑の掘削 (令和四年(2022年)6月22日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(39) 生存者救助と工事続行
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(39) 生存者救助と工事続行 (令和四年(2022年)6月29日配信)です。