陸軍工兵から施設科へ(18) 臨時軍用気球研究会の発足

荒木肇さんの最新刊

自衛隊警務隊逮捕術

…警務隊長は語る。「我々警務官は平素の暮らしの中で規律違反や、犯罪への対応をしているが、今やその平素が有事に近い。…相手にする犯罪者、犯行形態は多様である。そうした事態に立ち向かえる意欲と能力を持った人材がこれからますます必要になる」〈本文より〉







サイト内検索は、こちらからどうぞ




お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

ご挨拶

 

 またまた今度はオミクロン株の大流行。皆さまも警戒されておられることでしょう。それにしても諸説が入り乱れています。わたしの友人の感染症専門家によれば、今月末には感染者数もピークを迎え、2月には急激な下降を示すとか。おそらく政府のとる蔓延防止措置なども予定通り、中旬には解除されるのではないかと言います。とにかく、経済のことも考えなくてはなりません。早く、ウィズ・コロナという世の中にしたいものです。

 

 初期の航空界の動きも面白く、工兵からちょっと話題がずれることもあるかとも思いますが、ご勘弁ください。「飛行機乗りにはお嫁にやれぬ 今日の花嫁 明日は後家」などと埼玉県所沢(現在の入間基地)のあたりでは歌われていたとか。いまは誰もが気軽に空の旅を楽しめますが、100年ほども前は飛行機は危険きわまりないものでした。

 

日露戦後の検証

 

 佐山二郎氏の『日本の軍用気球』によりますと、日露戦争では旅順要塞攻略戦に気球が使われました。港内の観察にはたいへん有効だったそうです。その時代、自由に飛行する武装した航空機は、お互いにありませんでした。「制空権」という言葉もなかった頃です。

 

ロシア軍も気球をあげて、わが方の行動を監視しました。その気球を砲兵隊が撃ったそうですが、距離は1万2000メートル、高度600メートルだったといいますから、当時の野砲ではとても届かなかったのです。

 

 東京中野にあった電信教導大隊の中に気球班が置かれたのは1905(明治38)年10月のことでした。工兵大尉が長となって、研究を始め、毎年5名の工兵将校が全国から集められ研修に励みました。以下、佐山氏のご著作から多くを教えられたものです。

 

 砲兵隊との協力も、千葉県下志津にあった野戦砲兵射撃学校、横須賀の野戦重砲兵射撃学校の教官たちが実用化に向けて熱心に取り組みます。のちに3度も砲兵監になる山室宗武砲兵大尉、東京湾要塞司令官や砲工学校長になる弘岡好忠砲兵中尉、野戦重砲兵第1聯隊長や津軽要塞司令官になる広野太吉砲兵中尉などの「砲兵科の気球屋」といわれるほどのメンバーだったそうです。やはり、敵状偵察、弾着観測などにとてつもなく有用だと判断されたからでしょう。

 

臨時軍用気球研究会

 

 明治42(1909)年6月、研究会条例が出されます。つづいて官制が7月に勅令が発布されます。これは年頭から陸軍大臣が軍務局長長岡外史(ながおか・がいし)少将に航空機の研究を命じ、軍事課長の田中義一歩兵大佐も賛成した結果でした。

 

長岡少将(8月に中将に昇任)は海外の新知識にも関心が高く、とくに航空について熱心だったのです。1916(大正5)年には予備役になりますが、帝国飛行協会副会長としてわが国の航空界に大きな貢献をしました。自分が死んだら、遺骨を東京湾の上から撒いてくれと遺言されたことでも有名です。1933(昭和8)年没。

 

 会長は長岡少将、この会の委員は陸・海軍と民間研究者も集めたものでした。帝国大学からは田中館愛橘(たなかだて・あいきつ)理学博士、井口、横田の両工学博士が参加します。また、中央気象台長だった中村精男理学博士も選ばれています。

 

陸軍側のメンバーは井上仁郎工兵大佐(軍務局工兵課長、のち中将)、有川鷹一工兵少佐(のち気球隊長、航空学校長、中将)、徳永熊雄工兵少佐、日野熊蔵歩兵大尉でした。それに御用掛(ごようかかり)として徳川好敏工兵中尉が選ばれました。徳川中尉は翌年、大尉進級と同時に正規の委員になりました。

 

 海軍側からも有能な人々が選ばれています。山屋他人(やまや・たにん)大佐、この人はのちに聯合艦隊司令長官、大将に進みました。現皇后陛下の曽祖父にあたられます。ほかに相原四郎大尉といった兵科将校ばかりではなく、小浜機関大尉、奈良原三次造兵中技士(のちの造兵中尉)などといった多彩な顔ぶれでした。

 

 陸海軍合同組織ですが、顔ぶれをまとめると、陸軍側は砲兵・工兵の将校が多く、海軍は技術や機関関係者もいるというものです。もともと音頭を取ったのが陸軍ということもあり、予算も陸軍側が出しました。これがのちになって、海軍に不満をもたせることになります。

 

所沢の飛行場

 

飛行場も探すことになりました。いろいろあった挙句に、当時の埼玉県入間郡所沢町の北にある松井村の茶畑を買い上げることにします。23万8000坪です。約79万平方メートル、東京ドーム何個分という言い方を借りれば、17個分弱。飛行場にはやはり小さいです。予算があまり回してもらえなかったことが分かります。また、こういう軍用地買収には情報が漏れると、「地上げ屋」の暗躍がありました。選定をする軍人たちは目立たぬように服装を変えて下見などに訪れたという話が残っています。

 

 ここは今では陸軍航空発祥の地ということから、航空記念公園や航空発祥記念館などが建っています。

 

徳川大尉はフランスへ、日野大尉はドイツへ

 

名称は「軍用気球研究会」でしたが、気球の研究と並行して飛行機の設計・開発もしていました。もともと、奈良原海軍中技士も日野熊蔵歩兵大尉もどちらも飛行機の設計をしていた人ですから研究会の視野には当然、自国製の飛行機の採用があったのです。しかし、2人の設計した飛行機は、両方ともどうしても離陸しない。委員会は海外からの機体の輸入を決めました。

 

 1910(明治43)年4月、徳川大尉はフランスに、日野大尉はドイツに出発します。与えられた訓令は、次のようなものでした。

 

「アントアネット一層(単葉のこと)型1個、およびファルマン式二層(複葉のこと)型1個を選び、操縦法を習得した後、余裕があって操縦法を習えたらブレリオおよびグラーデ一層型およびライト二層型各1個を購入せよ」

 

 徳川大尉はアントアネット型を買いませんでした。代わりにブレリオ機にしたのです。それはアントアネット社に、同社の水冷50馬力エンジンではなく英国のウーズレー社の発動機を装備して欲しいといったところが、アントアネット社は承知しませんでした。そこで空冷回転式のブレリオにしたそうです。

 

 徳川大尉はアンリー・ファルマン機の操縦訓練を受けました。「同乗飛行は約1時間、単独飛行は3回で合計15分だけでした。機体、発動機の分解、結合や取り扱いなどは何も教えられず、見学もできませんでした。ただ発動機のレバーの操作と各舵の操縦だけができるというのだったから、当時の教育がどんなにお粗末だったか分かるでしょう」と後進にはよく話していたようです。

 

 ブレリオ機にいたっては単座(1人乗り)の地上滑走練習機で地上滑走の操縦法と発動機の取り扱いを覚えただけだったといいます。(この内容は航空情報臨時増刊『回想の日本陸軍機』1962年)

 

 次回はいよいよ初飛行の実際とその後について調べましょう。

 

 

 

 

(つづく)

 

 

 

(あらき・はじめ)

 

 

 

 

(令和四年(2022年)1月26日配信)

 



著者略歴

荒木 肇(あらき・はじめ)
1951年東京生まれ。横浜国立大学教育学部卒業、同大学院修士課程修了。 専攻は日本近代教育史。日露戦後の社会と教育改革、大正期の学校教育と陸海軍教育、主に陸軍と学校、社会との関係の研究を行なう。横浜市の小学校で勤務するかたわら、横浜市情報処理教育センター研究員、同小学校理科研究会役員、同研修センター委嘱役員等を歴任。1993年退職。生涯学習研究センター常任理事、聖ヶ丘教育福祉専門学校講師(教育原理)などをつとめる。1999年4月から川崎市立学校に勤務。2000年から横浜市主任児童委員にも委嘱される。2001年には陸上幕僚長感謝状を受ける。 年間を通して、自衛隊部隊、機関、学校などで講演、講話を行なっている。

著書に『教育改革Q&A(共著)』(パテント社)、『静かに語れ歴史教育』『日本人はどのようにして軍隊をつくったのか─安全保障と技術の近代史』(出窓社)、『現代(いま)がわかる−学習版現代用語の基礎知識(共著)』(自由国民社)、『自衛隊という学校』『続自衛隊という学校』『子どもに嫌われる先生』『指揮官は語る』『自衛隊就職ガイド』『学校で教えない自衛隊』『学校で教えない日本陸軍と自衛隊』『あなたの習った日本史はもう古い!─昭和と平成の教科書読み比べ』『東日本大震災と自衛隊─自衛隊は、なぜ頑張れたか?』『脚気と軍隊『日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想』『自衛隊警務隊逮捕術』((並木書房)がある。







サイト内検索は、こちらからどうぞ




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

陸軍工兵から施設科へ(1) 工兵の仕事は「建設と破壊」
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(1) 工兵の仕事は「建設と破壊」」―(2020年(令和二年)10月14日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(2) 明治の初めはフランス式工兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(2) 明治の初めはフランス式工兵」―(2020年(令和二年)10月21日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(3) 陸軍士官学校に工兵科
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(3) 陸軍士官学校に工兵科―(2020年(令和二年)10月28日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(4) 市ヶ谷台に士官学校が生まれる
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(4) 市ヶ谷台に士官学校が生まれる―(2020年(令和二年)11月4日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(5) 士官生徒の時代
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(5) 士官生徒の時代―(2020年(令和二年)11月11日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(6) 歩兵の中の鍬兵(しゅうへい)のこと
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(6) 歩兵の中の鍬兵(しゅうへい)のこと―(2020年(令和二年)11月18日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(7) 師団の中に工兵大隊がおかれる
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(7) 師団の中に工兵大隊がおかれる―(2020年(令和二年)11月25日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(8) 若者はどうやって工兵になったか?
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(8) 若者はどうやって工兵になったか?―(2020年(令和二年)12月2日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(9) 徴兵制度(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(9) 徴兵制度(2)―(2020年(令和二年)12月9日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(10) 徴兵制度(3)徴兵年限
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(10) 徴兵制度(3) 徴兵年限―(2020年(令和二年)12月16日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(11) 日露戦争の工兵の戦い(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(11) 日露戦争の工兵の戦い(1)―(2020年(令和二年)12月23日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(12) 日露戦争の工兵の戦い(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(12) 日露戦争の工兵の戦い(2)―(2021年(令和三年)1月6日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(13) 旅順要塞の激闘(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(13) 旅順要塞の激闘(1)―(2021年(令和三年)1月13日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(14) 旅順要塞の激闘(2)第1回総攻撃
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(14) 旅順要塞の激闘(2)第1回総攻撃―(2021年(令和三年)1月20日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(15) 旅順要塞への第1回総攻撃の結果
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(15) 旅順要塞への第1回総攻撃の結果―(2021年(令和三年)1月27日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像―(2021年(令和三年)2月3日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(2)―昭和33年防衛庁記録―(2021年(令和三年)2月10日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(3)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(2)―昭和35(1960)年防衛庁記録―(2021年(令和三年)2月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(4) 防衛2法と第2次防衛計画―昭和36(1961)年防衛庁記録―
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(4) 防衛2法と第2次防衛計画―昭和36(1961)年防衛庁記録―(2021年(令和三年)2月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(5) 3次防の時代(1)―昭和42年映像―
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(5) 3次防の時代(1)―昭和42年映像―(2021年(令和三年)3月3日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(6) 3次防の時代−(2)空中機動力の時代
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(6) 3次防の時代−(2)空中機動力の時代―(2021年(令和三年)3月10日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(7) 3次防の終了−(3)反自衛隊の動き ─昭和46年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(7) 3次防の終了−(3)反自衛隊の動き ─昭和46年映像―(2021年(令和三年)3月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(8) 4次防の始まり─昭和48年─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(8) 4次防の始まり─昭和48年─(2021年(令和三年)3月24日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(9) ソ連の脅威─昭和51年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(9) ソ連の脅威─昭和51年映像─(2021年(令和三年)3月31日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(10) 基盤的防衛力育成の時代─昭和52年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(10) 基盤的防衛力育成の時代─昭和52年映像─(2021年(令和三年)4月7日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(11) 防衛論議高まる ─昭和53年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(11) 防衛論議高まる ─昭和53年映像─(2021年(令和三年)4月14日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(12) 和と国家の独立の確保 ─昭和55年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(12) 防衛論議高まる ─昭和53年映像─(2021年(令和三年)4月21日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(13) 極東ソ連軍の脅威─昭和56年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(13)極東ソ連軍の脅威─昭和56年映像─(2021年(令和三年)4月28日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(14) 56中業(中期業務計画)の進展 ─昭和57・58年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(14)56中業(中期業務計画)の進展 ─昭和57・58年映像─(2021年(令和三年)5月12日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(15) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(15) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(1)(2021年(令和三年)5月19日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(16) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(16) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(2)(2021年(令和三年)5月26日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(17)自衛隊30年の歩み
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(17) 自衛隊30年の歩み ─昭和59年映像─ (2021年(令和三年)6月2日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」 (2021年(令和三年)6月9日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」(コピー)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」 (2021年(令和三年)6月9日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(19) 防衛医科大学校と防衛大学校
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(19) 防衛医科大学校と防衛大学校─昭和62年映像─ (2021年(令和三年)6月16日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(20) 冷戦崩壊間近の防衛計画─昭和63年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(20) 冷戦崩壊間近の防衛計画─昭和63年映像─ (2021年(令和三年)6月23日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(21) エア・ランド・バトルの計画─平成元年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(21) エア・ランド・バトルの計画─平成元年映像─ (2021年(令和三年)6月30日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(22) ソ連の脅威の削除とイラク軍のクウェート侵攻─平成2年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(22) ソ連の脅威の削除とイラク軍のクウェート侵攻─平成2年映像─ (2021年(令和三年)7月7日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(23) 湾岸戦争の衝撃─平成3年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(23) 湾岸戦争の衝撃─平成3年映像─ (2021年(令和三年)7月14日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(24) カンボディアへ施設大隊の派遣─平成4年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(24) カンボディアへ施設大隊の派遣─平成4年映像─ (2021年(令和三年)7月21日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(25) 海外派遣ますますの進展─平成5年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(25) 海外派遣ますますの進展─平成5年映像─ (2021年(令和三年)7月28日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(26) ルワンダ派遣と阪神・淡路大震災(1)─平成6年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(26) ルワンダ派遣と阪神・淡路大震災(1)─平成6年映像─ (2021年(令和三年)8月4日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(27) ルワンダ派遣と機関銃 ─平成6年映像(2)─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(27) ルワンダ派遣と機関銃 ─平成6年映像(2)─ (2021年(令和三年)8月4日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(28) 新防衛計画―平成の大軍縮(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(28) 新防衛計画―平成の大軍縮(1) (2021年(令和三年)8月18日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(29) 新防衛計画―平成の大軍縮・海上自衛隊(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(29) 新防衛計画―平成の大軍縮・海上自衛隊(2) (2021年(令和三年)8月25日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(30) 新防衛計画―海上自衛隊の地方隊ほか(3)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(30) 新防衛計画―海上自衛隊の地方隊ほか(3) (2021年(令和三年)9月1日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(31) 新防衛計画―航空自衛隊の組織と編成(4)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(31) 新防衛計画―航空自衛隊の組織と編成(4) (2021年(令和三年)9月8日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(32) 新防衛計画―航空自衛隊の教育集団ほか(5)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(32) 新防衛計画―航空自衛隊の教育集団ほか(5) (2021年(令和三年)9月15日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(33) 中期防衛力整備計画と海外活動へ 1996(平成8)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(33)  中期防衛力整備計画と海外活動へ 1996(平成8)年の映像紹介 (2021年(令和三年)9月22日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(34) 周辺事態法とガイドライン  1997(平成9)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(34)  周辺事態法とガイドライン  1997(平成9)年の映像紹介 (2021年(令和三年)9月29日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(35) 日米同盟の堅持  1998(平成10)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(35)  日米同盟の堅持  1998(平成10)年の映像紹介 (2021年(令和三年)10月6日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(36) ついに不審船事案──海上警備行動発令  1999(平成11)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(36)  ついに不審船事案──海上警備行動発令  1999(平成11)年の映像紹介 (2021年(令和三年)10月13日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(37) 周辺事態や日米協力とはいうものの 2000(平成12)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(37)  周辺事態や日米協力とはいうものの 2000(平成12)年の映像紹介  (2021年(令和三年)10月20日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(38) 9.11同時テロの年 2001(平成13)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(38)  9.11同時テロの年 2001(平成13)年の映像紹介  (2021年(令和三年)10月27日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(39) ついに統合運用の時代に 2002(平成14)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(39)  ついに統合運用の時代に 2002(平成14)年の映像紹介  (2021年(令和三年)11月3日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(40) BMD防衛の構想の始まり 2003(平成15)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(40) BMD防衛の構想の始まり 2003(平成15)年の映像紹介 (2021年(令和三年)11月10日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(41) イラク復興支援・中期防衛力整備計画
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(41) イラク復興支援・中期防衛力整備計画  2004(平成16)年の映像紹介 (2021年(令和三年)11月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(42) いささかだれ気味(?)の広報動画  2005(平成17)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(42) いささかだれ気味(?)の広報動画  2005(平成17)年の映像紹介 (2021年(令和三年)11月24日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(43) 米軍再編と北の核実験 2006(平成18)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(43) 米軍再編と北の核実験 2006(平成18)年の映像紹介 (2021年(令和三年)12月1日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(44) ヒトロク(16)大綱の時代
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介防衛省の秘蔵映像(44)  ヒトロク(16)大綱の時代 2007(平成19)年の映像紹介  (2021年(令和三年)12月8日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(45) 「真の信頼を得るために」 2008(平成20)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介防衛省の秘蔵映像(45)  「真の信頼を得るために」 2008(平成20)年の映像紹介  (2021年(令和三年)12月15日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(46) 「動的防衛力」の提唱 2009(平成21)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介防衛省の秘蔵映像(46) 「動的防衛力」の提唱 2009(平成21)年の映像紹介  (2021年(令和三年)12月22日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(47) 防衛省秘蔵映像から見えること 2009(平成21)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介防衛省の秘蔵映像(47) 防衛省秘蔵映像から見えること 2009(平成21)年の映像紹介 (2021年(令和三年)12月29日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(16) 交通兵旅団の誕生──気球隊から航空隊へ
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(16) 交通兵旅団の誕生──気球隊から航空隊へ (令和四年(2022年)1月12日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(17) 気球から航空機へ
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(17) 気球から航空機へ (令和四年(2022年)1月19日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(19) 代々木で空に浮かぶ前に
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(19) 代々木で空に浮かぶ前に (令和四年(2022年)2月2日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(20) 陸軍の気球の発展
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(20) 陸軍の気球の発展 (令和四年(2022年)2月9日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(21) 自由気球の話
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(21) 自由気球の話 (令和四年(2022年)2月16日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(22) 初めての着陸
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(22) 初めての着陸 (令和四年(2022年)2月23日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(23) 敵の鉄道打ち壊し
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(23) 敵の鉄道打ち壊し (令和四年(2022年)3月2日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(24) 広軌と狭軌の話
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(24) 広軌と狭軌の話 (令和四年(2022年)3月9日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(25) 鉄道網の進展
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(25) 鉄道網の進展 (令和四年(2022年)3月16日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(26) 東海道線優先へ
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(26) 東海道線優先へ (令和四年(2022年)3月23日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(27) 日清戦争へ備えて
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(27) 日清戦争へ備えて (令和四年(2022年)3月30日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(28) 日露戦争へ
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(28) 日露戦争へ (令和四年(2022年)4月6日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(29) 山陽鉄道の全通
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(29) 山陽鉄道の全通 (令和四年(2022年)4月13日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(30) 超特急「つばめ」
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(30) 超特急「つばめ」 (令和四年(2022年)4月20日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(31) 蒸気機関車で全行程を
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(31) 蒸気機関車で全行程を (令和四年(2022年)4月27日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(32) 走れ超特急!
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(32) 走れ超特急! (令和四年(2022年)5月11日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(33) 昭和初めの減俸事件
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(33) 昭和初めの減俸事件 (令和四年(2022年)5月18日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(34) 昭和初めの日々
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(34)  昭和初めの日々 (令和四年(2022年)5月25日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(35) 丹那トンネルの建設
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(35) 丹那トンネルの建設 (令和四年(2022年)6月1日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(36) 丹那トンネル掘削の難航
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(36) 丹那トンネル掘削の難航 (令和四年(2022年)6月8日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(37) トンネル崩落
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(37) トンネル崩落 (令和四年(2022年)6月15日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(38) 難航する救助坑の掘削
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(38) 難航する救助坑の掘削 (令和四年(2022年)6月22日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(39) 生存者救助と工事続行
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(39) 生存者救助と工事続行 (令和四年(2022年)6月29日配信)です。