特別紹介 防衛省の秘蔵映像(21) エア・ランド・バトルの計画─平成元年映像─

荒木肇さんの最新刊

自衛隊警務隊逮捕術

…警務隊長は語る。「我々警務官は平素の暮らしの中で規律違反や、犯罪への対応をしているが、今やその平素が有事に近い。…相手にする犯罪者、犯行形態は多様である。そうした事態に立ち向かえる意欲と能力を持った人材がこれからますます必要になる」〈本文より〉







サイト内検索は、こちらからどうぞ




お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

1989(平成元)年の映像紹介
https://www.youtube.com/watch?v=e7kDD5iCqW8

 

 

はじめに

 

 北海道の演習場で、わが戦車と米軍歩兵が共同で演習を行なう様子が映ります。ナレーションは「空地同時攻撃」とさらりと言いますが、米軍の新しいドクトリンに基づいた戦い方でした。北海道に侵攻するソ連軍を、日米両軍が協力して海に追い落とす訓練です。

 

 空自には、アメリカから最新の地対空誘導弾パトリオットが導入されます。また、米国との協定で、新しい支援戦闘機の開発が決まりました。海上自衛隊も瀬戸内海と青森県の陸奥湾で掃海訓練をし、つまりソ連の原子力潜水艦へのデモンストレーション。

 

 この背景を考えつつ、映像を見てみましょう。

 

宇野短命内閣

 

 政権の主催者はリクルート献金問題で退いた竹下氏から宇野宗佑(うの・そうすけ)氏でした。ただし、短命内閣でたしか70日に満たない総理大臣です。宇野氏は滋賀県野洲郡守山町に1922(大正11)年に生まれます。実家は酒造業も営む旧家です。

 

 県立八幡商業学校(近江八幡市)、彦根高等商業(現滋賀大経済学部)から官立神戸商業大学(現神戸大学経済学部)に進み、文系学生の徴集猶予の停止から陸軍に入ります。経理部幹部候補生に採用され、満洲新京の関東軍経理学校を出て主計少尉に任官しました。敗戦でソ連軍に武装解除され、シベリヤに抑留されます。のちに、その体験談をつづった手記も発表しました。

 

 当時の典型的な進学コースの1つをたどっているところが興味深いです。中学ではなく商業学校に進む。そこから高等商業、商科大学へというレールにのっています。これが戦前の教育制度、いわゆるフォーク形になっているのです。

 

あくまでも原則ですが、商業に行けば高等商業、工業に進めば高等工業、農業であれば高等農林、師範学校からは高等師範。それぞれ、さらに進めば商科大学、工業大学、農業大学、文理科大学に進むとなっていました。中学から高校へ、そこから帝国大学各学部へという主流ではありません。

 

宇野さんは復員、帰還後、神戸大学に復学せず、中退してしまいます。そのため「学士号」をもたない総理などともいわれました。

 

 竹下内閣では外務大臣も務め、天安門事件(中国共産党が改革を望む国民を弾圧した事件)では制裁を発表する欧米諸国に反対し、「中国を孤立させない」という声明を出しました。のちに中国共産党の指導者江沢民(こう・たくみん)から感謝の言葉をもらったくらいです。

 

女性スキャンダルで失脚

 

 宇野さんの愛人契約問題には驚きました。サンデー毎日がすっぱ抜いたのです。神楽坂の美人芸者さんに「指3本(30万円か)」で関係を迫ったといいます。

 

ふつう、わが国のマスコミは現職総理の下ネタは扱わないという黙契があったそうです。それをサンデー毎日の編集長、鳥越俊太郎氏は敢然とそれを破りました。真相は不明ですが、わが国マスコミ各社は当初無視をしたようです。それがアメリカのワシントン・ポストなどの海外の新聞報道が大きな評判を呼んで、一気にわが国のマスコミも大騒ぎ。

 

宇野さんは文人の傾向があり、石原慎太郎氏とも親交が深かったようです。後継首班には海部俊樹(かいふ・としき)氏です。防衛庁長官は山崎拓(やまさき・たく)氏、政務次官は鈴木宗男氏(のちに新党大地を立ち上げた)でした。

 

この頃の自民党は逆風の真っただ中で、リクルート株の黒い金、消費税導入、オレンジ輸入の自由化などで批判され、参議院選挙ではとうとう過半数割れ。有名な社会党党首・土井たか子氏が「山は動いた」と叫んだマドンナ旋風も短い間だったとはいえ、画期的な出来事だったのです。社会党もまさか30年で、ここまで衰亡するとは思いませんでした。

 

FTX純国産ならず

 

 これまでの対地攻撃機(わが国では支援戦闘機という)F1の後継機選定は1982(昭和57)年に、56中期業務見積もりで62年度、つまり87年には24機を整備することが決まっていました。しかし、このスケジュールでは国内開発案が陽の目を見る可能性がありませんでした。そこで、F1戦闘機の耐用年数見直しが行なわれ、約4年の猶予が与えられます。

 

 1985(昭和60)年4月には「国内開発可能」という答申が技術研究本部からも出されます。この年10月に、対立候補は米国製のマクダネル・ダグラスF/A18ホーネット、ジェネラルダイナミクスF16ファイティングファルコン、それに英国のパナビア・トーネードの3機種が浮上しました。

 

 細かいいきさつは省きますが、結局、アメリカからの要求で、全部の40%をアメリカが開発した技術を使い、純国産とはなりませんでした。これが今も飛ぶF2支援戦闘機です。

 

地対空ミサイル、パトリオット配備

 

 現在も、わが国の対空防衛の要として配備されるパトリオット・ミサイルが登場します。米陸軍はそれまでのホークとナイキ・ハ―キュリーズの後継としてパトリオットを1965年に着手します。72年から開発が始まり、82年から生産が開始されました。

 

 空自はナイキJの後継として60年度予算に調達を決めます。1セットはフェーズド・アレイ型目標捜索/追尾/ミサイル誘導用レーダー1基と、迎撃管制ステーション1基、発電機1基、発射機1基で構成されています。1セット当たりで4連装発射機を最大で8基まで配置できて、合計40個の目標に対して同時追尾/攻撃が可能だそうです。

 

 ミサイル本体は全長5130ミリ、直径410ミリで、最大速度はマッハ5といわれます。レーダー誘導されて目標に近づくと、最終段階ではTVM方式に切り替わります。レーダーから発振されたビームが目標に反射したものを捕捉し、それをミサイルからレーダーに送り、レーダーから正確な誘導信号をミサイルに送ることになります。

 

 その命中率はたいへん高く、湾岸戦争(91年)ではイラクのスカッド弾道ミサイル迎撃で威力を発揮しました。

 

対ソ連、必勝のエア・ランド・バトル

 

 この年の陸上自衛隊演習では、北海道で行なわれた日本戦車と米軍歩兵が共同で行なったものが目立ちました。攻撃ヘリAH-1Sが飛んでいます。これは1987(昭和62)年に帯広で編成完結されたばかりの北部方面隊の第1対戦車ヘリコプター隊でしょう。機首下部には20ミリ3連装機関砲、短固定翼(胴体から突きだしたハードポイント)にTOW対戦車ミサイル8基、70ミリロケット弾ポッドを取りつけられます。

 

 ナレーションでは「空地同時戦闘」と言っていますが、これはアメリカ軍が対ソ連戦用に構想した、「エア・ランド・バトル」の直訳でしょう。アメリカ軍は広大なヨーロッパの戦場で長大な縦深態勢(じゅうしん・たいせい)をとって突進してくるソビエト連邦軍、ワルシャワ条約機構軍を、自由陣営の北大西洋条約機構軍で迎え撃とうとしていました。

 

 その事実認識は厳しく、「劣勢な兵力をもって戦い勝利する」というものでした。ソ連はこのころ、国家予算の15%以上を軍備に投じていました。国民の生活より核弾頭付きミサイルに、戦車、潜水艦、装甲車にという国です。自由主義陣営国家では考えられないほどの軍備への傾斜ぶりでした。

 

 そうしてアメリカ軍がたどり着いた結論とは、次のようなものでした。陸戦の王者は戦車である、機甲戦闘こそが現代戦の中心的役割を果たすというものです。次々と前進してくる東側陣営の部隊に対し、地理的な交戦地域を拡大して、戦域全部で統合された空地同時攻撃を大切にしました。戦闘梯隊を叩く、続いてくる敵第2梯隊との連絡を断つ、それぞれを次々と各個に撃破する。近接戦闘、縦深作戦、さらには後方作戦も同時に指揮するように指揮官に求めました。

 

 数的に優勢なワルシャワ条約機構軍に対して、質の面で優位に立とうと考えたのです。こうした戦い方をアメリカ軍は陸上自衛隊に伝えようとします。ちなみに米軍の装備は、当時はビッグ5といわれたものに代表されます。

 

 第1はM1エイブラムズ主力戦闘戦車、ブラッドレイ装甲戦闘車、対戦車ヘリコプター、MLRS(多連装ロケットシステム)、そして地対空誘導弾パトリオットです。この戦闘法とそのための装備品がいかに正しかったか、それは湾岸戦争で証明されました。

 

 

 

 

(あらき・はじめ)

 

 

 

 

(令和三年(2021年)6月30日配信)

 



著者略歴

荒木 肇(あらき・はじめ)
1951年東京生まれ。横浜国立大学教育学部卒業、同大学院修士課程修了。 専攻は日本近代教育史。日露戦後の社会と教育改革、大正期の学校教育と陸海軍教育、主に陸軍と学校、社会との関係の研究を行なう。横浜市の小学校で勤務するかたわら、横浜市情報処理教育センター研究員、同小学校理科研究会役員、同研修センター委嘱役員等を歴任。1993年退職。生涯学習研究センター常任理事、聖ヶ丘教育福祉専門学校講師(教育原理)などをつとめる。1999年4月から川崎市立学校に勤務。2000年から横浜市主任児童委員にも委嘱される。2001年には陸上幕僚長感謝状を受ける。 年間を通して、自衛隊部隊、機関、学校などで講演、講話を行なっている。

著書に『教育改革Q&A(共著)』(パテント社)、『静かに語れ歴史教育』『日本人はどのようにして軍隊をつくったのか─安全保障と技術の近代史』(出窓社)、『現代(いま)がわかる−学習版現代用語の基礎知識(共著)』(自由国民社)、『自衛隊という学校』『続自衛隊という学校』『子どもに嫌われる先生』『指揮官は語る』『自衛隊就職ガイド』『学校で教えない自衛隊』『学校で教えない日本陸軍と自衛隊』『あなたの習った日本史はもう古い!─昭和と平成の教科書読み比べ』『東日本大震災と自衛隊─自衛隊は、なぜ頑張れたか?』『脚気と軍隊『日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想』『自衛隊警務隊逮捕術』((並木書房)がある。







サイト内検索は、こちらからどうぞ




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

陸軍工兵から施設科へ(1) 工兵の仕事は「建設と破壊」
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(1) 工兵の仕事は「建設と破壊」」―(2020年(令和二年)10月14日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(2) 明治の初めはフランス式工兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(2) 明治の初めはフランス式工兵」―(2020年(令和二年)10月21日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(3) 陸軍士官学校に工兵科
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(3) 陸軍士官学校に工兵科―(2020年(令和二年)10月28日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(4) 市ヶ谷台に士官学校が生まれる
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(4) 市ヶ谷台に士官学校が生まれる―(2020年(令和二年)11月4日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(5) 士官生徒の時代
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(5) 士官生徒の時代―(2020年(令和二年)11月11日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(6) 歩兵の中の鍬兵(しゅうへい)のこと
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(6) 歩兵の中の鍬兵(しゅうへい)のこと―(2020年(令和二年)11月18日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(7) 師団の中に工兵大隊がおかれる
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(7) 師団の中に工兵大隊がおかれる―(2020年(令和二年)11月25日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(8) 若者はどうやって工兵になったか?
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(8) 若者はどうやって工兵になったか?―(2020年(令和二年)12月2日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(9) 徴兵制度(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(9) 徴兵制度(2)―(2020年(令和二年)12月9日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(10) 徴兵制度(3)徴兵年限
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(10) 徴兵制度(3) 徴兵年限―(2020年(令和二年)12月16日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(11) 日露戦争の工兵の戦い(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(11) 日露戦争の工兵の戦い(1)―(2020年(令和二年)12月23日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(12) 日露戦争の工兵の戦い(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(12) 日露戦争の工兵の戦い(2)―(2021年(令和三年)1月6日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(13) 旅順要塞の激闘(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(13) 旅順要塞の激闘(1)―(2021年(令和三年)1月13日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(14) 旅順要塞の激闘(2)第1回総攻撃
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(14) 旅順要塞の激闘(2)第1回総攻撃―(2021年(令和三年)1月20日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(15) 旅順要塞への第1回総攻撃の結果
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(15) 旅順要塞への第1回総攻撃の結果―(2021年(令和三年)1月27日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像―(2021年(令和三年)2月3日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(2)―昭和33年防衛庁記録―(2021年(令和三年)2月10日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(3)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(2)―昭和35(1960)年防衛庁記録―(2021年(令和三年)2月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(4) 防衛2法と第2次防衛計画―昭和36(1961)年防衛庁記録―
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(4) 防衛2法と第2次防衛計画―昭和36(1961)年防衛庁記録―(2021年(令和三年)2月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(5) 3次防の時代(1)―昭和42年映像―
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(5) 3次防の時代(1)―昭和42年映像―(2021年(令和三年)3月3日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(6) 3次防の時代−(2)空中機動力の時代
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(6) 3次防の時代−(2)空中機動力の時代―(2021年(令和三年)3月10日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(7) 3次防の終了−(3)反自衛隊の動き ─昭和46年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(7) 3次防の終了−(3)反自衛隊の動き ─昭和46年映像―(2021年(令和三年)3月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(8) 4次防の始まり─昭和48年─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(8) 4次防の始まり─昭和48年─(2021年(令和三年)3月24日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(9) ソ連の脅威─昭和51年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(9) ソ連の脅威─昭和51年映像─(2021年(令和三年)3月31日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(10) 基盤的防衛力育成の時代─昭和52年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(10) 基盤的防衛力育成の時代─昭和52年映像─(2021年(令和三年)4月7日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(11) 防衛論議高まる ─昭和53年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(11) 防衛論議高まる ─昭和53年映像─(2021年(令和三年)4月14日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(12) 和と国家の独立の確保 ─昭和55年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(12) 防衛論議高まる ─昭和53年映像─(2021年(令和三年)4月21日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(13) 極東ソ連軍の脅威─昭和56年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(13)極東ソ連軍の脅威─昭和56年映像─(2021年(令和三年)4月28日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(14) 56中業(中期業務計画)の進展 ─昭和57・58年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(14)56中業(中期業務計画)の進展 ─昭和57・58年映像─(2021年(令和三年)5月12日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(15) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(15) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(1)(2021年(令和三年)5月19日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(16) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(16) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(2)(2021年(令和三年)5月26日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(17)自衛隊30年の歩み
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(17) 自衛隊30年の歩み ─昭和59年映像─ (2021年(令和三年)6月2日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」 (2021年(令和三年)6月9日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」(コピー)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」 (2021年(令和三年)6月9日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(19) 防衛医科大学校と防衛大学校
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(19) 防衛医科大学校と防衛大学校─昭和62年映像─ (2021年(令和三年)6月16日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(20) 冷戦崩壊間近の防衛計画─昭和63年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(20) 冷戦崩壊間近の防衛計画─昭和63年映像─ (2021年(令和三年)6月23日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(22) ソ連の脅威の削除とイラク軍のクウェート侵攻─平成2年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(22) ソ連の脅威の削除とイラク軍のクウェート侵攻─平成2年映像─ (2021年(令和三年)7月7日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(23) 湾岸戦争の衝撃─平成3年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(23) 湾岸戦争の衝撃─平成3年映像─ (2021年(令和三年)7月14日配信)です。