特別紹介 防衛省の秘蔵映像(20) 冷戦崩壊間近の防衛計画─昭和63年映像─

荒木肇さんの最新刊

自衛隊警務隊逮捕術

…警務隊長は語る。「我々警務官は平素の暮らしの中で規律違反や、犯罪への対応をしているが、今やその平素が有事に近い。…相手にする犯罪者、犯行形態は多様である。そうした事態に立ち向かえる意欲と能力を持った人材がこれからますます必要になる」〈本文より〉







サイト内検索は、こちらからどうぞ




お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

昭和63(1988)年の映像紹介
https://www.youtube.com/watch?v=WPYztNS72Sk

 

 

はじめに

 

 いよいよ昭和が終わりに近づいてきました。昭和天皇陛下は波乱万丈の運命を生き抜いてこられていたのです。第1次世界大戦が終わり、軍縮・平和への希求が世界中で高まっていた時代に青年であられ、関東大震災の悲劇をご覧になりました。1926年に先帝陛下の跡に即位された後、波乱の戦前、戦中、そして未曾有の敗戦。奇跡的な復興。

 

 わたしが陛下を身近に感じたのは、1964(昭和39)年の第18回オリンピック大会のときでした。陛下の開会宣言は初めて聞く肉声で、「第18回オリンピアードの・・・」というお言葉に訳もなく感動しました。

 

 昭和の御代は翌年に終わるのですが、この年はどんな風だったのでしょうか。

 

 まず、内閣総理大臣は竹下登(たけした・のぼる)氏でした。氏は1924(大正13)年に島根県に生まれ、県会議員から1958(昭和33)年に衆院議員、要職を登りつめた方です。お若い方にはタレントのDAIGOさんのオジイチャンで知られているのではありませんか。消費税導入や「ふるさと創生」などの施策で有名です。防衛関係では、やはり対米関係の重視、レーガン大統領とも会談しています。

 

 社会全体では、依然としてソ連の脅威がいわれていました。しかし、景気の上昇傾向はあまり変わらず、私立大学の初年度納入金が平均100万円となりました。県庁所在地の最高路線価を国税庁が発表。なんと前年比、23.8%も上昇していました。慶応義塾大学はアメリカのニューヨーク州に海外駐在日本人の子供を対象にしたニューヨーク学院を設けます。わが国の高校の海外進出は初めてでした。

 

 世界最長の海底青函トンネル、瀬戸大橋が開通しました。青函連絡船は、これで80年の歴史を閉じ、宇部と高松を結んだ宇高連絡船も廃止されます。和食が健康に良いとされ、ファミレスにも和食のメニューが出るようになりました。禁煙への指向も高まります。中華街では薬膳料理を出す店が注目されました。健康に良いとうたわれた食品の中に、ヒ素や鉛が含まれていたことも判明。

 

 二世代同居より、「スープの冷めない距離」の別居が言われるようになりました。もともとは1948(昭和23)年に英国のシェルドン氏が作った言葉らしいのですが、わが国では「味噌汁の冷めない距離」になるということから東京都老人総合研究所が実験しました。結果は約2キロメートルということになりました。高齢化社会の進行が見えて来たのでしょう(「昭和家庭史年表」のコラムより)。

 

 横浜で国際博覧会が開かれました。いまの「みなと・みらい地区」です。そこに野外の道路としては初めて「動く歩道」がお目見えします。リニアモーターカーの展示などもあり、たいへん賑やかなものでした。

 

 羽田空港の国内線利用者が3200万人になりました。アメリカへ旅行するときに査証(ビザ)が不要になります。観光・商用目的の旅行者が増えて、行政事務の簡略化がアメリカから申し出られました。

 

 子供たちの間の流行ではローラースケートが目立ちます。アイドルグループ「光GENJI」の影響でした。

 

後方支援連隊の誕生と第7師団の増強

 

 そうした中でも、ソ連の脅威は依然としてつづき、国際関係も不安定。複数方面で紛争が起きる可能性があるとされ、米軍の来援が遅れることへの対応がいわれます。継戦能力の向上がいわれました。映像にも北鎮(ほくちん)師団といわれた第2師団(旭川)が一部改編され、初めての後方支援連隊が編成される様子が映っています。

 

 それまで師団には管区隊のころから輸送隊、衛生隊、武器隊、補給隊の職種(兵科)ごとのロジスティック(兵站)を主に担当する部隊がありました。輸送隊は輸送科、衛生隊も衛生科、武器隊は武器科、そして補給隊は需品科職種の部隊でした。それを一まとめにして、兵站を一体化して指揮するということから、後方支援連隊ができたのです。

 

 第7師団にも動きが出ました。3個の戦車連隊(第71・72・73)は4個中隊だったものが5個中隊編成に拡大されます。他の師団(第2・第5・第11)のすべてが、各1個普通科連隊が装甲車化されてゆきました。

 

 そうして、少し後の話になりますが、1991(平成3)年には本州以南の戦車大隊を縮小し、北海道へそれらを移す「戦車の北転事業」が行なわれます。

 

ジェット練習機T4の進空

 

 

 防衛庁は1981(昭和56)年4月に、これまでのT1、T33A練習機に代わる次期中等練習機(MTX)の提案要求を行ないました。9月には川崎重工が、三菱、富士重工の提案を押さえて採用されます。それに川崎、三菱、富士重、新明和、日本飛行機からも設計者が加わり、チームを編成し、生産も分担されることになりました。

 

 1984(昭和59)年4月から1号機の試作が始まり、合計6機の試作が行なわれ、1号機は翌年7月末に空を飛びました。12月には岐阜基地の航空実験団に納入され、後に加わった3機とともに、88(昭和63)年3月末まで実用試験を行ないます。

 

 6月28日に飛んだ量産型1号機は、晴れて浜松基地の第1航空団に配属されました。第1航空団では10月1日付で臨時T4教育飛行隊を編成し、年度内に10機が納入され、翌年には第31、その翌年に第32飛行隊を編成します。

 

 技術的には世界最先端といって問題なかったようです。純国産のF3-IHI-30ターボファンエンジンは推力1600キログラム、新複合材、損傷許容設計、デジタル・データバス、リング・レーザージャイロ姿勢方位基礎装置、機上酸素発生装置など、練習機としてはなかなか贅沢な仕様です。

 

 T4の導入とともに、T1で行なっていた第2初級操縦課程と、T33Aで行なっていた基本操縦課程を1つの機種でこなせるようになりました。つまり訓練生の飛行時間を短くすることができたのです。あわせてT2への移行がT33と比べて楽になったという指摘もあります。T2による戦闘操縦基礎課程の時間が減ったと言われます。

 

 主翼、胴体下にはハードポイントが5箇所も設けられ、ガンポッドや、標的曳航装置、ECMディスペンサーなども搭載できました。最大速度はマッハ0.9、航続距離約1300キロメートル。いまも曲技飛行チーム「ブルーインパルス」の使用機として目にしやすい傑作機でしょう。

 

基地防空隊と移動監視隊

 

 空自の装備品には陸自と共通のものが少なくありません。とくに基地防空隊の地対空ミサイルは同じものを使っています。それは師団・旅団の高射特科大隊に装備される81式短距離地対空誘導弾です。ふつう陸自では「短SAM(サム)」と呼んでいます。SAMというのは、Surface(地表)to Air Missile の略称です。

 

 現在、陸自には地対空ミサイルは射程の長い順に、中サム、短サム、近サム、Pサムと4種類があります。中サムは03(2003年制式)、短サムにはこの81(1981前同)と11(2011年前同)、近サムは93(1993前同)、Pサムは91(1991前同)のことをいいます。PはPortable(ポータブル・携帯)のことです。

 

 したがって、この88年の映像には、81式地対空誘導弾しか登場しません。この他に1963(昭和38)年から導入されているアメリカ製のホーク・ミサイルがありますが、この後継が03式中サムです。

 

 航空自衛隊は基地を防御するシステムを持たねばなりません。敵の航空攻撃を受けたら基地の機能は失われ、戦えなくなってしまいます。地域の師団の高射特科(砲兵)大隊から支援を受けたくても、もともと陸自高射は師団防空を任務とする。そこで自前の防空能力をもつ必要がありました。

 

 81式は純国産です。レーダーで目標を捜索します。すべての方位を見るためにレーダーを回転させます。航空目標を発見すると、射撃統制装置(FCSと略します)が敵味方を識別します。味方ならばそれを通報する電波を出し、敵は沈黙。敵と識別すると、レーダーは追尾を続け、射撃統制装置は脅威(危険)度を判断し、複数目標なら順位をつけて迎撃目標を判断します。

 

 ミサイルは赤外線パッシブ・ホーミング形式による空中ロックオン方式です。そのため指揮所(FCS)では、ミサイルを撃ってしまえば、他の目標に対応することが可能になります。つまり撃ちっぱなしです。超低空で侵入してくる敵が、機動性が高く、同時攻撃をすることが常識化した防空の現場では、命中まで1発ずつ面倒は見ていられないのは当然です。

 

 対空ミサイルは1つのシステムです。まず、レーダーを搭載したFCS車1台があります。車輌はいわゆるサントンハン(陸自の標準型の6輪トラック)。そうしてミサイルは2連装ランチャーを載せた2台です。合計3台で1個小隊となります。操作人員は4名です。

 

 ミサイル本体の長さは2.7メートル、直径16センチ、重量約100キログラムです。射高は3000メートル、射程は7000メートル、速度はマッハ2.4になります。採用時には国会で議論もされました。機動性がないとか、赤外線ホーミングでは目標が雲の中に入ったり、太陽を背にしたりしたときには目標を見失う、あるいはECM(かく乱用の電子妨害)に弱いといった欠点が指摘されたのです。現在では、アクティブ・レーダー方式に切り替わっています(64年度から本格的開発が始まりました)。

 

90年代の国際環境と自衛隊

 

 冷戦は突然の終わりを見せました。1987(昭和62)年にはゴルバチョフがソ連の指導者に就任、いわゆるペレストロイカ(再編・立て直し)政策を推進します。88年にはアフガニスタンからソ連軍が撤退。89(平成1)年には中国で天安門事件が起こり、90年には東西ドイツが合体、91年には連邦は解体されました。そうして湾岸戦争です。

 

 国内の政治状況でも社会党が政権に参加し、村山富市首相が自衛隊を容認します。自衛隊が国際連合平和維持活動、いわゆるPKOへの参加なども起こりました。かつては誰も考えていなかった状況が起きたのです。このような情勢の中で、1990年代の自衛隊の装備には、どのような特性が要求されたのでしょうか。

 

 しかし、兵器や装備品の生産は、過去のつながりから自由にはなれません。冷戦期、対ソ連軍からの持ちこしている装備や、新しい状況に対応しようとする装備がありました。言いかえれば、日本の領土上で、あるいはその近くで従来型の戦争を行なう装備と、日本から遠く離れた地域で、停戦監視や難民救援、治安維持などの活動を行なうための装備です。

 

 対ソ連軍でいえば、90式戦車とそれらに関連する施設器材、この63年版に出る次期支援戦闘機(FS-X)、E767空中警戒管制機、海自では「こんごう」型のイージス護衛艦などが挙げられるでしょう。海外派遣用では軽装甲機動車、高機動車、装輪装甲車などでしょうか。

 

今後の映像も期待できます。

 

 

 

 

(あらき・はじめ)

 

 

 

 

(令和三年(2021年)6月23日配信)

 



著者略歴

荒木 肇(あらき・はじめ)
1951年東京生まれ。横浜国立大学教育学部卒業、同大学院修士課程修了。 専攻は日本近代教育史。日露戦後の社会と教育改革、大正期の学校教育と陸海軍教育、主に陸軍と学校、社会との関係の研究を行なう。横浜市の小学校で勤務するかたわら、横浜市情報処理教育センター研究員、同小学校理科研究会役員、同研修センター委嘱役員等を歴任。1993年退職。生涯学習研究センター常任理事、聖ヶ丘教育福祉専門学校講師(教育原理)などをつとめる。1999年4月から川崎市立学校に勤務。2000年から横浜市主任児童委員にも委嘱される。2001年には陸上幕僚長感謝状を受ける。 年間を通して、自衛隊部隊、機関、学校などで講演、講話を行なっている。

著書に『教育改革Q&A(共著)』(パテント社)、『静かに語れ歴史教育』『日本人はどのようにして軍隊をつくったのか─安全保障と技術の近代史』(出窓社)、『現代(いま)がわかる−学習版現代用語の基礎知識(共著)』(自由国民社)、『自衛隊という学校』『続自衛隊という学校』『子どもに嫌われる先生』『指揮官は語る』『自衛隊就職ガイド』『学校で教えない自衛隊』『学校で教えない日本陸軍と自衛隊』『あなたの習った日本史はもう古い!─昭和と平成の教科書読み比べ』『東日本大震災と自衛隊─自衛隊は、なぜ頑張れたか?』『脚気と軍隊『日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想』『自衛隊警務隊逮捕術』((並木書房)がある。







サイト内検索は、こちらからどうぞ




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

陸軍工兵から施設科へ(1) 工兵の仕事は「建設と破壊」
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(1) 工兵の仕事は「建設と破壊」」―(2020年(令和二年)10月14日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(2) 明治の初めはフランス式工兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(2) 明治の初めはフランス式工兵」―(2020年(令和二年)10月21日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(3) 陸軍士官学校に工兵科
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(3) 陸軍士官学校に工兵科―(2020年(令和二年)10月28日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(4) 市ヶ谷台に士官学校が生まれる
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(4) 市ヶ谷台に士官学校が生まれる―(2020年(令和二年)11月4日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(5) 士官生徒の時代
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(5) 士官生徒の時代―(2020年(令和二年)11月11日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(6) 歩兵の中の鍬兵(しゅうへい)のこと
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(6) 歩兵の中の鍬兵(しゅうへい)のこと―(2020年(令和二年)11月18日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(7) 師団の中に工兵大隊がおかれる
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(7) 師団の中に工兵大隊がおかれる―(2020年(令和二年)11月25日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(8) 若者はどうやって工兵になったか?
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(8) 若者はどうやって工兵になったか?―(2020年(令和二年)12月2日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(9) 徴兵制度(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(9) 徴兵制度(2)―(2020年(令和二年)12月9日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(10) 徴兵制度(3)徴兵年限
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(10) 徴兵制度(3) 徴兵年限―(2020年(令和二年)12月16日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(11) 日露戦争の工兵の戦い(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(11) 日露戦争の工兵の戦い(1)―(2020年(令和二年)12月23日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(12) 日露戦争の工兵の戦い(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(12) 日露戦争の工兵の戦い(2)―(2021年(令和三年)1月6日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(13) 旅順要塞の激闘(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(13) 旅順要塞の激闘(1)―(2021年(令和三年)1月13日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(14) 旅順要塞の激闘(2)第1回総攻撃
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(14) 旅順要塞の激闘(2)第1回総攻撃―(2021年(令和三年)1月20日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(15) 旅順要塞への第1回総攻撃の結果
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(15) 旅順要塞への第1回総攻撃の結果―(2021年(令和三年)1月27日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像―(2021年(令和三年)2月3日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(2)―昭和33年防衛庁記録―(2021年(令和三年)2月10日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(3)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(2)―昭和35(1960)年防衛庁記録―(2021年(令和三年)2月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(4) 防衛2法と第2次防衛計画―昭和36(1961)年防衛庁記録―
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(4) 防衛2法と第2次防衛計画―昭和36(1961)年防衛庁記録―(2021年(令和三年)2月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(5) 3次防の時代(1)―昭和42年映像―
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(5) 3次防の時代(1)―昭和42年映像―(2021年(令和三年)3月3日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(6) 3次防の時代−(2)空中機動力の時代
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(6) 3次防の時代−(2)空中機動力の時代―(2021年(令和三年)3月10日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(7) 3次防の終了−(3)反自衛隊の動き ─昭和46年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(7) 3次防の終了−(3)反自衛隊の動き ─昭和46年映像―(2021年(令和三年)3月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(8) 4次防の始まり─昭和48年─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(8) 4次防の始まり─昭和48年─(2021年(令和三年)3月24日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(9) ソ連の脅威─昭和51年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(9) ソ連の脅威─昭和51年映像─(2021年(令和三年)3月31日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(10) 基盤的防衛力育成の時代─昭和52年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(10) 基盤的防衛力育成の時代─昭和52年映像─(2021年(令和三年)4月7日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(11) 防衛論議高まる ─昭和53年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(11) 防衛論議高まる ─昭和53年映像─(2021年(令和三年)4月14日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(12) 和と国家の独立の確保 ─昭和55年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(12) 防衛論議高まる ─昭和53年映像─(2021年(令和三年)4月21日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(13) 極東ソ連軍の脅威─昭和56年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(13)極東ソ連軍の脅威─昭和56年映像─(2021年(令和三年)4月28日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(14) 56中業(中期業務計画)の進展 ─昭和57・58年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(14)56中業(中期業務計画)の進展 ─昭和57・58年映像─(2021年(令和三年)5月12日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(15) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(15) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(1)(2021年(令和三年)5月19日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(16) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(16) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(2)(2021年(令和三年)5月26日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(17)自衛隊30年の歩み
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(17) 自衛隊30年の歩み ─昭和59年映像─ (2021年(令和三年)6月2日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」 (2021年(令和三年)6月9日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」(コピー)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」 (2021年(令和三年)6月9日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(19) 防衛医科大学校と防衛大学校
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(19) 防衛医科大学校と防衛大学校─昭和62年映像─ (2021年(令和三年)6月16日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(21) エア・ランド・バトルの計画─平成元年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(21) エア・ランド・バトルの計画─平成元年映像─ (2021年(令和三年)6月30日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(22) ソ連の脅威の削除とイラク軍のクウェート侵攻─平成2年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(22) ソ連の脅威の削除とイラク軍のクウェート侵攻─平成2年映像─ (2021年(令和三年)7月7日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(23) 湾岸戦争の衝撃─平成3年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(23) 湾岸戦争の衝撃─平成3年映像─ (2021年(令和三年)7月14日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(24) カンボディアへ施設大隊の派遣─平成4年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(24) カンボディアへ施設大隊の派遣─平成4年映像─ (2021年(令和三年)7月21日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(25) 海外派遣ますますの進展─平成5年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(25) 海外派遣ますますの進展─平成5年映像─ (2021年(令和三年)7月28日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(26) ルワンダ派遣と阪神・淡路大震災(1)─平成6年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(26) ルワンダ派遣と阪神・淡路大震災(1)─平成6年映像─ (2021年(令和三年)8月4日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(27) ルワンダ派遣と機関銃 ─平成6年映像(2)─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(27) ルワンダ派遣と機関銃 ─平成6年映像(2)─ (2021年(令和三年)8月4日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(28) 新防衛計画―平成の大軍縮(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(28) 新防衛計画―平成の大軍縮(1) (2021年(令和三年)8月18日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(29) 新防衛計画―平成の大軍縮・海上自衛隊(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(29) 新防衛計画―平成の大軍縮・海上自衛隊(2) (2021年(令和三年)8月25日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(30) 新防衛計画―海上自衛隊の地方隊ほか(3)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(30) 新防衛計画―海上自衛隊の地方隊ほか(3) (2021年(令和三年)9月1日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(31) 新防衛計画―航空自衛隊の組織と編成(4)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(31) 新防衛計画―航空自衛隊の組織と編成(4) (2021年(令和三年)9月8日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(32) 新防衛計画―航空自衛隊の教育集団ほか(5)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(32) 新防衛計画―航空自衛隊の教育集団ほか(5) (2021年(令和三年)9月15日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(33) 中期防衛力整備計画と海外活動へ 1996(平成8)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(33)  中期防衛力整備計画と海外活動へ 1996(平成8)年の映像紹介 (2021年(令和三年)9月22日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(34) 周辺事態法とガイドライン  1997(平成9)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(34)  周辺事態法とガイドライン  1997(平成9)年の映像紹介 (2021年(令和三年)9月29日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(35) 日米同盟の堅持  1998(平成10)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(35)  日米同盟の堅持  1998(平成10)年の映像紹介 (2021年(令和三年)10月6日配信)です。