特別紹介 防衛省の秘蔵映像(13) 極東ソ連軍の脅威─昭和56年映像─

荒木肇さんの最新刊

自衛隊警務隊逮捕術

…警務隊長は語る。「我々警務官は平素の暮らしの中で規律違反や、犯罪への対応をしているが、今やその平素が有事に近い。…相手にする犯罪者、犯行形態は多様である。そうした事態に立ち向かえる意欲と能力を持った人材がこれからますます必要になる」〈本文より〉







サイト内検索は、こちらからどうぞ




お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

昭和55年映像の紹介
https://www.youtube.com/watch?v=_WI9udbLsOA

 

 

昭和56年映像の紹介
https://www.youtube.com/watch?v=_MF8zGUFn_Y

 

 

はじめに

 

 防衛大学校OBのO様、まことに有り難いお便り、温かいお言葉をいただき恐縮至極です。さっそくM元陸将にお話ししたら、同じ国際関係論を専攻されたとか。今後とも、こつこつと励んで参りますので、何かありましたらご教示をお願いいたします。

 

 

機甲師団までの歩み

 

 わが陸自には9個の師団のうちで唯一の機甲師団があります。北海道千歳市に司令部をもつ第7師団です。昔の陸軍では旭川に駐屯したのが第7師団でしたが、現在の旭川には第2師団が北鎮(北方の鎮護)師団としてその威容を見せています。

 

 この年、昭和56(1981)年には第7師団が機甲師団となりました。戦車3個連隊に1個装甲普通科連隊が基幹部隊です。少し時間をさかのぼって、この師団が誕生するまでの経緯をふり返ってみます。

 

 管区隊といわれた師団の前身が4個から6個に増えたのは1954(昭和29)年のことでした。また、このとき新しい編成単位として混成団が生まれます。合計で6個管区隊と4個混成団が発足しました。

 

 翌55(昭和30)年には第7、第8の混成団と西部方面総監部(熊本市健軍)の編成が完結。第7混成団は北部方面隊へ、第8混成団は西部方面隊へ編入されます。そして翌56年には第9混成団、58年には第10混成団が編成されました。

 

 しかし、混成団はその隷下には1個普通科(歩兵)連隊しか持たず、どうみても管区隊(のちの師団)との戦力格差は明らかでした。このことは当然、陸自中央部では十分承知しており、混成団はこの後、すべて機械化されて機動部隊にする予定だったのです。管区隊の警備正面の最重要正面に投入する構想をもっていました。

 

 

 ところが、ここに予算の壁がありました。機械化混成団とは、誰も歩く人はいないということです。歩兵は装甲兵員輸送車に乗り、自走砲も含んだ機械化砲兵、戦車、機械化施設部隊(工兵)をはじめとして、通信、衛生、武器、偵察、補給すべての部隊が自動車搭乗ということです。これがどれほど金と人を必要とするか、すぐにお分かりでしょう。結局、北部方面隊の第7混成団のみが機械化されることになりました。

 

13個師団体制が発足

 

 1962(昭和37)年、陸軍らしい「師団」の名称が復活します。第1から第6までの各管区隊はその番号のまま師団に、第7から第10までの混成団はやはり同番号の師団に改称改編されました。また、第11から第13までの師団が新編されます。すべて懐かしいです。

 

 この各師団は編成単位数の違いで、甲乙の2種に分けられました。普通科(歩兵)連隊4個を基幹とする甲、同じく3個を基幹とする乙師団です。その他の職種(兵科)部隊も、この普通科連隊の個数に合わせて、甲師団は4個、乙師団は3個単位になっています。たとえば、甲師団の特科(砲兵連隊)は4個大隊、乙師団のそれは3個大隊となりました。施設大隊も4個中隊と3個中隊となっています。

 

 このとき、第7師団だけは部内では「丙」師団といわれたようで、甲乙の両師団とは少し異なった編制になっていました。それは後で詳しく述べます。

 

歩兵(普通科)連隊の改編

 

 いまも詳しい方はご存じでしょうが、陸自の歩兵連隊には大隊がありません。ふつう、歩兵の編制は分隊(下士官が指揮する)、小隊(初級将校が指揮官)、中隊(大尉同)、大隊(少佐・もしくは中佐同)、そして大佐(1等陸佐)が指揮する連隊となります。それが陸自では、連隊内にあった連隊−大隊−中隊といった構成(指揮結節という)が連隊−中隊に縮小されているのです。中隊長も多くが3佐(少佐)です。いまも歩兵大隊があるのは空挺団の普通科群(連隊相当)だけでしょう。

 

 当時の解説記事を見ると、機動化・流動化した現代戦では、指揮結節を簡略化して事態により迅速に対応できるようにしたと説明しています。連隊長(有事には連隊戦闘団長)の意図、指示がダイレクトに第一線の中隊に届くからということです。しかし、それまでの12個歩兵中隊が4個になってしまいました。もちろん、重迫撃砲隊、装備も向上し、火力は増したといえるでしょうが、人員的には寂しい連隊になったものです。

 

 師団特科連隊も減りました。中隊6門の3個中隊で1個大隊だったものが、4門中隊で1個大隊となったのです。管区隊と新しい師団の違いは大きいものでした。この他にも管区隊と混成団の「航空隊」は、師団化となって「飛行隊」に改称されて、方面航空隊にまとめられました。

 

当初、4個普通科連隊基幹の甲師団は第1(東京)、第4(福岡)、第11(札幌・真駒内)師団だけでしたが、1970(昭和45)年に3個普通科連隊が新編されて第3(兵庫県伊丹)、第6(山形東根)、第13(広島海田市)も甲師団になります。さらに1981(昭和56)年、この年に第7師団の隷下だった第24普通科連隊が第8師団(北熊本)に配属が変わります。そこで第8師団も甲師団。ここで甲師団8個、乙師団4個、機甲師団の合計13個師団となりました。このまま、残りも甲師団化かと思われましたが、そのようにはなりません。

 

機甲第7師団生まれる

 

 第7師団には3個の戦車連隊があります。映像にはその看板の交換が見られます。それまでの第7戦車大隊が第71戦車連隊になりました。また、北部方面直轄だった第1戦車団の第2、第3戦車群が、それぞれ第72、第73戦車連隊に改編されます。各連隊は4個中隊で各中隊は4個小隊18輌(本部2輌含む)ですから合計72輌、これに本部所属戦車や戦車回収車などもあるので戦闘車両だけで230輌余りにもなりました。

 

 これと入れ替わりに第23、第24普通科連隊が師団を離れました。第23は廃止、第24は前に書いたように九州の第8師団へ移り、残ったのは第11連隊でした。この連隊は普通科4個中隊を同6個中隊に増強、これまでの3個連隊の中にあった重迫撃砲隊を集めて連隊重迫中隊を新編します。

 

 注目すべきは、後方支援連隊ができたことです。輸送、補給、衛生といった各隊、武器大隊といった後方部門の部隊を集めて連隊にしました。特科連隊もすべてが自走化されます。高射大隊も独立して高射特科連隊となり、のちには自走高射機関砲4個中隊、短SAM2個中隊からなる強力さです。ただし、師団特科には、他の北海道師団(第2、第5、第11)にある多連装ロケット中隊がありません。

 

 時代は、「ソ連が攻めてくるか、こないかではない。いつ来るかが問題なのだ」という気分でした。

 

ブルーウェイブ・ネービーへ

 

 映像には日本海で米海軍と協力しての対潜水艦戦闘の訓練が映っています。この時代、ソ連の原子力潜水艦の脅威がたいへん大きかったのです。大陸間弾道弾を搭載した原子力潜水艦は国家の心臓部に銃を突きつけるようのものでした。

 

同時にいわゆる攻撃型原潜(マスコミの造語ですが、攻撃しない潜水艦がいるかどうか・笑)も空母を攻撃力の中心したアメリカ海軍にとっては危険なものです。その発射する艦対艦ミサイルも防ぐのが難しい。そこで、日米海軍は協力して潜水艦への対処に熱心だったのです。

 

 80年代の海自を一言でいえばと専門家は口を揃えます。「ブルーウォーター・ネービーへの脱皮」です。それまでの沿岸警備を主とするものから、プレゼンス(存在誇示)の機能を太平洋海域にも伸ばし、通商ルートの保護を目指したと言えます。

 

 そうなれば、陸上からのエア・カバー(航空戦力の掩護)の外でも作戦できる艦隊の整備が必要です。また、太平洋沿岸諸国の海軍との協同行動が前提とされます。この年の前年には、「日米防衛協力のための指針」が合意されました。その中には、平時においての協力態勢の強化、共同作戦への傾斜が見てとれます。中部太平洋においての「環太平洋演習」での米・カナダ・ニュージーランド・オーストラリア各国海軍との様子も映っています。

 

80年代の32隻

 

 80年代に保有する予定、あるいは保有している対潜水艦用水上艦艇は4つに分類されるといわれます。

 

まず第1のタイプは、対潜水艦ヘリ3機を搭載する大型護衛艦4隻です。「はるな・ひえい・しらね・くらま」です。4個護衛隊群に1隻ずつ配備されます。5インチ砲2門、アスロック・ランチャーに加えて、対空ミサイルであるシー・スパロー1基と近接防御用のバルカン・ファランクス機銃(CIWS)2基を装備しています。これは自艦防空能力の向上も目指しているわけです。

 

次に第2のタイプは、俗にDDG(ガイデッド・ミサイルのG)といわれる対空ミサイル・ターターを主装備とする3900トン型の護衛艦です。「たちかぜ」、「あさかぜ」、「さわかぜ」などがそれにあたります。合計3隻が建造され、前世代の「あまつかぜ」と合わせて各護衛隊群に1隻ずつです。これは個艦だけではなく、群全体の防空の支援をする目的をもっています。

 

つづいて第3のタイプは、2950トン型のいわゆる「汎用(はんよう)護衛艦」とされたものです。対空能力、対水上打撃力、対潜水艦能力をバランスよくもつ、あわせて個艦防御能力もあるといった万能選手。1個護衛隊群に5隻ずつ配備する予定でした。もちろん、対潜ヘリを1機ずつ搭載します。

 

対潜攻撃用にはアスロック、防空にはシー・スパロー・ミサイル、水上打撃力は艦対艦ミサイル・ハープーンを装備します。ハープーンは米海軍でも装備し始めた新装備で、射程は最大110キロメートル、最終段階ではアクティブ・ホーミング・レーダーで敵艦を捉えてから突入するものです。

 

1982(昭和57)年から87(昭和62)年までに12隻が就役します。「はつゆき」がクラスのネームシップで、機関はオール・ガスタービンで30ノット(約時速56キロメートル)を出し、対潜水艦ヘリ1機を搭載しました。1985(昭和60)年に竣工した7番艦「はるゆき」までは艦橋構造物に軽量のアルミ合金を使います。艦の重心を下げることにも有効でした。

 

フォークランド紛争の教訓

 

1982(昭和57)年4月、アルゼンチンが一方的にマルビナス諸島の領有を主張し、武力を行使し英国軍守備隊を降服させます。これをフォークランド紛争といいます。領土問題で一歩も譲らず、開戦を決めた英国の首相サッチャー女史は「鉄の女」と言われました。戦闘そのものは圧倒的に英国の優勢でしたが悲劇がありました。

 

英国海軍駆逐艦がフランス製空対艦ミサイルの命中で大火災を起こします。このため、56年度計画艦「やまゆき」からアルミ合金に替えて、鋼材が使われることになりました。

 

こうして、護衛艦8隻、対潜水艦ヘリコプター8機で、1個護衛隊群を構成することからこの編成を「海自昭和の八八艦隊」と言われます。はるか昔、戦艦8隻、巡洋戦艦8隻を「ハチハチ艦隊」と言いましたが、それをもじったマスコミの造語でした。

 

最後に地方隊所属の護衛艦にも新型が出ます。このタイプはDE(デストロイヤー・エスコート)といわれました。70年代には「ちくご」型級の沿岸タイプの護衛艦が建造されます。「ちくご」型は3次防で、合計11隻が建造されました。アスロックや対潜水艦探知能力をもちながら、砲熕(ほうこう)兵装は76ミリ連装速射砲と後部に40ミリ連装機銃のみといった寂しさでした。最終艦は1977(昭和52)年竣工「のしろ」です。

 

56年に竣工したのは「いしかり」、58、59年と続けて竣工したのは、「ゆうばり」と「ゆうべつ」でした。いずれもユニークな艦でしたが、「いしかり」は単艦、「ゆうばり」型は2隻のみです。

 

80年代の地方隊の立役者は「あぶくま」型でした。1986(昭和61)年度から建造が始まります。基準排水量は2000トンながら、ガスタービンと巡航用のディーゼル機関をもって27ノット(時速約50キロ)を出し、76ミリの単装速射砲、近接防御機銃をもち、ハープーン4連装発射機を2基、アスロック発射機も備え、3連装対潜用魚雷発射管を2基もつという重武装です。

 

 

 

 

(あらき・はじめ)

 

 

 

 

(令和三年(2021年)4月28日配信)

 



著者略歴

荒木 肇(あらき・はじめ)
1951年東京生まれ。横浜国立大学教育学部卒業、同大学院修士課程修了。 専攻は日本近代教育史。日露戦後の社会と教育改革、大正期の学校教育と陸海軍教育、主に陸軍と学校、社会との関係の研究を行なう。横浜市の小学校で勤務するかたわら、横浜市情報処理教育センター研究員、同小学校理科研究会役員、同研修センター委嘱役員等を歴任。1993年退職。生涯学習研究センター常任理事、聖ヶ丘教育福祉専門学校講師(教育原理)などをつとめる。1999年4月から川崎市立学校に勤務。2000年から横浜市主任児童委員にも委嘱される。2001年には陸上幕僚長感謝状を受ける。 年間を通して、自衛隊部隊、機関、学校などで講演、講話を行なっている。

著書に『教育改革Q&A(共著)』(パテント社)、『静かに語れ歴史教育』『日本人はどのようにして軍隊をつくったのか─安全保障と技術の近代史』(出窓社)、『現代(いま)がわかる−学習版現代用語の基礎知識(共著)』(自由国民社)、『自衛隊という学校』『続自衛隊という学校』『子どもに嫌われる先生』『指揮官は語る』『自衛隊就職ガイド』『学校で教えない自衛隊』『学校で教えない日本陸軍と自衛隊』『あなたの習った日本史はもう古い!─昭和と平成の教科書読み比べ』『東日本大震災と自衛隊─自衛隊は、なぜ頑張れたか?』『脚気と軍隊『日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想』『自衛隊警務隊逮捕術』((並木書房)がある。







サイト内検索は、こちらからどうぞ




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

陸軍工兵から施設科へ(1) 工兵の仕事は「建設と破壊」
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(1) 工兵の仕事は「建設と破壊」」―(2020年(令和二年)10月14日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(2) 明治の初めはフランス式工兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(2) 明治の初めはフランス式工兵」―(2020年(令和二年)10月21日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(3) 陸軍士官学校に工兵科
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(3) 陸軍士官学校に工兵科―(2020年(令和二年)10月28日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(4) 市ヶ谷台に士官学校が生まれる
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(4) 市ヶ谷台に士官学校が生まれる―(2020年(令和二年)11月4日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(5) 士官生徒の時代
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(5) 士官生徒の時代―(2020年(令和二年)11月11日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(6) 歩兵の中の鍬兵(しゅうへい)のこと
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(6) 歩兵の中の鍬兵(しゅうへい)のこと―(2020年(令和二年)11月18日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(7) 師団の中に工兵大隊がおかれる
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(7) 師団の中に工兵大隊がおかれる―(2020年(令和二年)11月25日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(8) 若者はどうやって工兵になったか?
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(8) 若者はどうやって工兵になったか?―(2020年(令和二年)12月2日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(9) 徴兵制度(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(9) 徴兵制度(2)―(2020年(令和二年)12月9日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(10) 徴兵制度(3)徴兵年限
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(10) 徴兵制度(3) 徴兵年限―(2020年(令和二年)12月16日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(11) 日露戦争の工兵の戦い(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(11) 日露戦争の工兵の戦い(1)―(2020年(令和二年)12月23日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(12) 日露戦争の工兵の戦い(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(12) 日露戦争の工兵の戦い(2)―(2021年(令和三年)1月6日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(13) 旅順要塞の激闘(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(13) 旅順要塞の激闘(1)―(2021年(令和三年)1月13日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(14) 旅順要塞の激闘(2)第1回総攻撃
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(14) 旅順要塞の激闘(2)第1回総攻撃―(2021年(令和三年)1月20日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(15) 旅順要塞への第1回総攻撃の結果
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(15) 旅順要塞への第1回総攻撃の結果―(2021年(令和三年)1月27日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像―(2021年(令和三年)2月3日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(2)―昭和33年防衛庁記録―(2021年(令和三年)2月10日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(3)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(2)―昭和35(1960)年防衛庁記録―(2021年(令和三年)2月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(4) 防衛2法と第2次防衛計画―昭和36(1961)年防衛庁記録―
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(4) 防衛2法と第2次防衛計画―昭和36(1961)年防衛庁記録―(2021年(令和三年)2月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(5) 3次防の時代(1)―昭和42年映像―
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(5) 3次防の時代(1)―昭和42年映像―(2021年(令和三年)3月3日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(6) 3次防の時代−(2)空中機動力の時代
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(6) 3次防の時代−(2)空中機動力の時代―(2021年(令和三年)3月10日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(7) 3次防の終了−(3)反自衛隊の動き ─昭和46年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(7) 3次防の終了−(3)反自衛隊の動き ─昭和46年映像―(2021年(令和三年)3月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(8) 4次防の始まり─昭和48年─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(8) 4次防の始まり─昭和48年─(2021年(令和三年)3月24日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(9) ソ連の脅威─昭和51年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(9) ソ連の脅威─昭和51年映像─(2021年(令和三年)3月31日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(10) 基盤的防衛力育成の時代─昭和52年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(10) 基盤的防衛力育成の時代─昭和52年映像─(2021年(令和三年)4月7日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(11) 防衛論議高まる ─昭和53年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(11) 防衛論議高まる ─昭和53年映像─(2021年(令和三年)4月14日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(12) 和と国家の独立の確保 ─昭和55年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(12) 防衛論議高まる ─昭和53年映像─(2021年(令和三年)4月21日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(14) 56中業(中期業務計画)の進展 ─昭和57・58年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(14)56中業(中期業務計画)の進展 ─昭和57・58年映像─(2021年(令和三年)5月12日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(15) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(15) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(1)(2021年(令和三年)5月19日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(16) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(16) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(2)(2021年(令和三年)5月26日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(17)自衛隊30年の歩み
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(17) 自衛隊30年の歩み ─昭和59年映像─ (2021年(令和三年)6月2日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」 (2021年(令和三年)6月9日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」(コピー)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」 (2021年(令和三年)6月9日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(19) 防衛医科大学校と防衛大学校
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(19) 防衛医科大学校と防衛大学校─昭和62年映像─ (2021年(令和三年)6月16日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(20) 冷戦崩壊間近の防衛計画─昭和63年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(20) 冷戦崩壊間近の防衛計画─昭和63年映像─ (2021年(令和三年)6月23日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(21) エア・ランド・バトルの計画─平成元年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(21) エア・ランド・バトルの計画─平成元年映像─ (2021年(令和三年)6月30日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(22) ソ連の脅威の削除とイラク軍のクウェート侵攻─平成2年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(22) ソ連の脅威の削除とイラク軍のクウェート侵攻─平成2年映像─ (2021年(令和三年)7月7日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(23) 湾岸戦争の衝撃─平成3年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(23) 湾岸戦争の衝撃─平成3年映像─ (2021年(令和三年)7月14日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(24) カンボディアへ施設大隊の派遣─平成4年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(24) カンボディアへ施設大隊の派遣─平成4年映像─ (2021年(令和三年)7月21日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(25) 海外派遣ますますの進展─平成5年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(25) 海外派遣ますますの進展─平成5年映像─ (2021年(令和三年)7月28日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(26) ルワンダ派遣と阪神・淡路大震災(1)─平成6年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(26) ルワンダ派遣と阪神・淡路大震災(1)─平成6年映像─ (2021年(令和三年)8月4日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(27) ルワンダ派遣と機関銃 ─平成6年映像(2)─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(27) ルワンダ派遣と機関銃 ─平成6年映像(2)─ (2021年(令和三年)8月4日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(28) 新防衛計画―平成の大軍縮(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(28) 新防衛計画―平成の大軍縮(1) (2021年(令和三年)8月18日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(29) 新防衛計画―平成の大軍縮・海上自衛隊(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(29) 新防衛計画―平成の大軍縮・海上自衛隊(2) (2021年(令和三年)8月25日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(30) 新防衛計画―海上自衛隊の地方隊ほか(3)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(30) 新防衛計画―海上自衛隊の地方隊ほか(3) (2021年(令和三年)9月1日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(31) 新防衛計画―航空自衛隊の組織と編成(4)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(31) 新防衛計画―航空自衛隊の組織と編成(4) (2021年(令和三年)9月8日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(32) 新防衛計画―航空自衛隊の教育集団ほか(5)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(32) 新防衛計画―航空自衛隊の教育集団ほか(5) (2021年(令和三年)9月15日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(33) 中期防衛力整備計画と海外活動へ 1996(平成8)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(33)  中期防衛力整備計画と海外活動へ 1996(平成8)年の映像紹介 (2021年(令和三年)9月22日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(34) 周辺事態法とガイドライン  1997(平成9)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(34)  周辺事態法とガイドライン  1997(平成9)年の映像紹介 (2021年(令和三年)9月29日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(35) 日米同盟の堅持  1998(平成10)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(35)  日米同盟の堅持  1998(平成10)年の映像紹介 (2021年(令和三年)10月6日配信)です。