陸軍工兵から施設科へ(7) 師団の中に工兵大隊がおかれる

荒木肇さんの最新刊

自衛隊警務隊逮捕術

…警務隊長は語る。「我々警務官は平素の暮らしの中で規律違反や、犯罪への対応をしているが、今やその平素が有事に近い。…相手にする犯罪者、犯行形態は多様である。そうした事態に立ち向かえる意欲と能力を持った人材がこれからますます必要になる」〈本文より〉







サイト内検索は、こちらからどうぞ




お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

はじめに

 

 陸軍という組織について、長い読者の方々は当然ご存じのことと思います。何をいまさらと思われる方もいるかも知れませんが、今の陸上自衛隊でも、この明治半ばの陸軍が創りだした仕組みを踏襲し、引き継いでいることを興味深いと思われませんか。

 

 陸軍は、大きく分けて4つのグループに分かれます。まず、武装し、訓練し、戦う集団である狭い意味での「軍隊」です。この軍隊は、平時では大きい順に、軍−師団−旅団−聯隊(れんたい)−大隊−中隊などとなります。これに戦時になると、動員された軍隊では中隊の下に小隊や分隊という組織が加わります。だから8月によくある反戦・反軍をテーマにしたドラマなどで、平時の軍隊なのに「小隊長」がいたり、「分隊長」がいたら、それは間違いです。

 

いまの自衛隊では、「軍」という言葉を使えないので「部隊」と言っています。

 

 

 陸自では方面隊−師団−旅団−団−連隊―大隊−中隊−小隊−分隊なので、そっくりと言っていいでしょう。気がつかれた方がいると思います。陸自には小隊や分隊があります。つまり、陸自はいつでも戦闘態勢にあるのです。自衛隊ですから、不時の事故・事件にも対応できるように、いつでも行動できるようになっているからです。

 

 次に官衙(かんが)です。軍政をあずかる陸軍省、軍令をになう参謀本部、被服廠や造兵廠、また地域の中で活動する聯隊区司令部など、あるいは平時の要塞司令部などいわゆる陸軍の中の役所のことをいいます。

 

いまの自衛隊でも、防衛省や統合幕僚本部、そうして3幕(さんばく)といわれる陸海空の各幕僚監部があります。制服を着た自衛官と背広の勤務者がいるのも同じです。地方にはやはり広報や、退職隊員のための就職援護などを行なう地方協力本部があります。また、物品などの管理にあたる補給処(ほきゅうしょ)があるのも同じ。

 

 軍隊は巨大な教育組織ですから学校もありました。これは2つに分けられます。1つはふつうの人間を教育し、軍人にする補充学校、陸軍士官学校や下士官を育てる教導団などです。もう1つは、軍人を入校させ、さらに資質を向上させる実施学校があります。野砲兵学校や歩兵学校、工兵学校など、主に兵科ごとにありました。入校する下士官以上を学生といい、決められた教育課程に沿って一定時期に教育を受けました。

 

 陸上自衛隊には防衛大学校(陸海空がいっしょになっていますが)や高等工科学校(高等学校と連携した中学校卒業者が入学します)といった昔でいえば補充を担当する学校があります。また、兵科にあたる職種ごとに学校があるのも同じです。たいていが職種の名前、たとえば化学学校(埼玉県さいたま市)、高射学校(千葉県千葉市)、需品学校(千葉県松戸市)などがあります。また、複数の職種の教育を行う地名を冠した学校、富士学校(静岡県駿東郡小山町)は普通科(歩兵)、特科(砲兵)、機甲科(戦車・偵察)の職種学校です。東京都小平市にある会計、語学、調査、人事管理、警務などの教育のメッカ、小平学校もあるのです。

 

 最後は特務機関といいます。これは戦後史の陸軍を悪くいうときの定番、陰謀や工作、諜報行動などをする特務機関とは違うのです。ここでいう特務機関は軍隊・官衙・学校以外の組織をいいます。元帥府(げんすいふ・天皇の諮問に応じる陸海軍元帥の集まるところ)、軍事参議院(天皇の諮問機関、戦時の軍司令官要員の軍事参議官が集まる)、侍従武官府、東宮(とうぐう)武官府、外国駐在員などです。陸軍将校生徒試験委員などもこの特務機関になります。士官学校などの入学試験の担当です。

 

 前書きが長くなりましたが、こうしたことが理解できて初めて師団の創られた意味がお分かりになるでしょう。

 

鎮台から師団へ

 

 鎮台というのは、軍隊の司令部、軍隊の指揮をする機関というより役所のようなイメージだったといっていい。補給廠や軍事裁判所、軍病院、徴兵署といった機能を備えていた。指揮官は司令長官といい、陸軍少将が補任されている。西南戦争(1877年)では、この鎮台から「旅団」が臨時に編成されて戦場に向かったのである。

 

「旅」というのは動くという意味があるそうだ。鎮台の鎮が「しずめる・とどまる・とどめる」という意味があることから対比して移動する軍隊の意味だったのだろう。さらにいえば、聯隊などの上部構造として団という言葉が選ばれた。「かたまる・1つになる」という意味である。

 

 思い出すと、日華事変(昭和12年以降の日中武力衝突の名称、正確には変遷がある)のときの中華民国軍(蒋介石の軍隊)でも、同じ漢字文化圏だからよく似ている。ただし、日本がレジメントを聯隊と訳したが、中国では団としたことだ。ほかにもわが国の師団は師、旅団は旅、聯隊が団、大隊は営、中隊は連、小隊は排(はい)、分隊は班というのが支那軍の構成だった。ちなみに昔は団を「團」とした。意味はやはり集まる、1つになるという意味になる。

 

 いまの自衛隊では、師団は昔と変わらない諸職種連合の大組織だが、旅団はその小型版、団は隷下に連隊や大隊をまとめる将補(しょうほ・外国軍の少将にあたる)を指揮官とする部隊である。第1特科団は昔風にいえば、野砲兵旅団にあたるし、第1空挺団は普通科大隊、特科大隊、施設中隊、通信中隊、落下傘整備中隊などをもっている。なお、いまの普通科(歩兵)で大隊編制をとっているのは空挺歩兵だけのはずだ。一般の普通科連隊には中隊を直に連隊長が掌握することになっている。

 

 さて、師団の話である。1885(明治18)年にプロシャ陸軍参謀少佐メッケルが来日した。陸軍大学校の教官としてである。日本ではモーゼルワインが飲めるかと聞き、大丈夫だと聞いて、来日を快諾したという伝説がある。翌86年には、「臨時陸軍制度審査委員会」が開かれ、児玉源太郎大佐(日露戦争の満洲軍総参謀長)が委員長となって、軍政の改革に乗りだした。その第1番が鎮台から師団への改編だった。

 

師団のなかみ

 

 鎮台はそれまでは、有事には2個歩兵聯隊で旅団を編成し、鎮台司令長官を旅団長にすることになっていた。また2個旅団で1個師団を編成する。その師団長には1878(明治11)年から置かれていた東部、中部、西部の各監軍部長(中将)をあてることを予定していた。これが総兵力5万人余りになっていた1885(明治18)年頃には、鎮台司令長官が師団長に、監軍部長が師団2〜3個を指揮する「軍団長」にあてられるようになってきていた。

 

 

 メッケルはこの計画を見て意見を述べた。このような小規模な兵力で軍団をつくることはない、鎮台を戦時に師団にするのではなく、平時から野戦に向いた師団を最大単位にすればいいと言うのである。師団の上に軍団を設けずに、師団長は最高指揮官の天皇陛下に直隷(ちょくれい)すればいいとのことだ。それを補佐するのが参謀本部長だいう仕組みを提案したのである。

 

 1888(明治21)年には監軍部は解散され、鎮台司令長官は師団長と名前が改められた。ここに全国に6個師団が生まれたのである。各師団は歩兵2個旅団(歩兵聯隊4個)、砲兵1個聯隊、騎兵、工兵、輜重兵各1個大隊が付いていた。

 

 明治21年に制定された「陸軍常備団体配備表」によれば、近衛と第1から第6までの6個師団、12個歩兵旅団、24個歩兵聯隊がある。備考欄には、要塞砲兵、警備隊、憲兵隊、屯田兵の配備は別に定める、歩兵第5聯隊(青森)の1個大隊は北海道函館に分屯する、各特科隊(騎兵・工兵・輜重兵)は師団番号と同じ、衛戍地(えいじゅち)は各師団司令部と同じ、ただし工兵第4大隊のみは京都府伏見(ふしみ)に置かれるとある。

 

 工兵は必須の訓練として架橋がある。東京の第1工兵大隊、近衛工兵大隊は荒川のそばに衛戍した。仙台(第2)、名古屋(第3)、広島(第5)、熊本(第6)もそれぞれに大河がそばにある。大阪師団の第4工兵大隊だけは、京都近郊の伏見にいたのだった。

 

 1889(明治22)年には徴兵令を改正し、予備役・後備役の制度も新たに改正し、戦時には平時の3倍以上の人員を集められるようにした。

 

明治23年の師団定員令

 

 1個師団の平時人員を明らかにする「定員令」がある。師団は総人員数9199名で軍馬の数が1172頭である。

 

 歩兵聯隊は人1721、馬14頭。したがって旅団司令部と合わせて、旅団は3449名と馬は33頭である。砲兵聯隊は野砲大隊2個、山砲大隊が1個で人員722名と馬匹は輓馬(ばんば・砲車を牽引する)、駄馬(だば・山砲を分解して背に載せる、ほか荷物を運ぶ)の合計が311頭になった。騎兵大隊は3個中隊で人員512名、馬は462頭、工兵大隊は3個中隊で408人と馬匹19頭である。輜重兵大隊は2個中隊、人が622人、馬は298頭だった。

 

 もちろん、これが戦時になれば「動員」がかかり、約2万人の野戦師団になる。

 

 次回はいよいよ日清戦争の工兵について調べてみよう。

 

 

 

(以下次号)

 

 

(あらき・はじめ)

 

 

 

 

(令和二年(2020年)11月25日配信)

 



著者略歴

荒木 肇(あらき・はじめ)
1951年東京生まれ。横浜国立大学教育学部卒業、同大学院修士課程修了。 専攻は日本近代教育史。日露戦後の社会と教育改革、大正期の学校教育と陸海軍教育、主に陸軍と学校、社会との関係の研究を行なう。横浜市の小学校で勤務するかたわら、横浜市情報処理教育センター研究員、同小学校理科研究会役員、同研修センター委嘱役員等を歴任。1993年退職。生涯学習研究センター常任理事、聖ヶ丘教育福祉専門学校講師(教育原理)などをつとめる。1999年4月から川崎市立学校に勤務。2000年から横浜市主任児童委員にも委嘱される。2001年には陸上幕僚長感謝状を受ける。 年間を通して、自衛隊部隊、機関、学校などで講演、講話を行なっている。

著書に『教育改革Q&A(共著)』(パテント社)、『静かに語れ歴史教育』『日本人はどのようにして軍隊をつくったのか─安全保障と技術の近代史』(出窓社)、『現代(いま)がわかる−学習版現代用語の基礎知識(共著)』(自由国民社)、『自衛隊という学校』『続自衛隊という学校』『子どもに嫌われる先生』『指揮官は語る』『自衛隊就職ガイド』『学校で教えない自衛隊』『学校で教えない日本陸軍と自衛隊』『あなたの習った日本史はもう古い!─昭和と平成の教科書読み比べ』『東日本大震災と自衛隊─自衛隊は、なぜ頑張れたか?』『脚気と軍隊『日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想』『自衛隊警務隊逮捕術』((並木書房)がある。







サイト内検索は、こちらからどうぞ




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

陸軍工兵から施設科へ(1) 工兵の仕事は「建設と破壊」
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(1) 工兵の仕事は「建設と破壊」」―(2020年(令和二年)10月14日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(2) 明治の初めはフランス式工兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(2) 明治の初めはフランス式工兵」―(2020年(令和二年)10月21日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(3) 陸軍士官学校に工兵科
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(3) 陸軍士官学校に工兵科―(2020年(令和二年)10月28日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(4) 市ヶ谷台に士官学校が生まれる
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(4) 市ヶ谷台に士官学校が生まれる―(2020年(令和二年)11月4日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(5) 士官生徒の時代
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(5) 士官生徒の時代―(2020年(令和二年)11月11日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(6) 歩兵の中の鍬兵(しゅうへい)のこと
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(6) 歩兵の中の鍬兵(しゅうへい)のこと―(2020年(令和二年)11月18日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(8) 若者はどうやって工兵になったか?
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(8) 若者はどうやって工兵になったか?―(2020年(令和二年)12月2日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(9) 徴兵制度(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(9) 徴兵制度(2)―(2020年(令和二年)12月9日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(10) 徴兵制度(3)徴兵年限
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(10) 徴兵制度(3) 徴兵年限―(2020年(令和二年)12月16日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(11) 日露戦争の工兵の戦い(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(11) 日露戦争の工兵の戦い(1)―(2020年(令和二年)12月23日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(12) 日露戦争の工兵の戦い(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(12) 日露戦争の工兵の戦い(2)―(2021年(令和三年)1月6日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(13) 旅順要塞の激闘(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(13) 旅順要塞の激闘(1)―(2021年(令和三年)1月13日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(14) 旅順要塞の激闘(2)第1回総攻撃
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(14) 旅順要塞の激闘(2)第1回総攻撃―(2021年(令和三年)1月20日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(15) 旅順要塞への第1回総攻撃の結果
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(15) 旅順要塞への第1回総攻撃の結果―(2021年(令和三年)1月27日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像―(2021年(令和三年)2月3日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(2)―昭和33年防衛庁記録―(2021年(令和三年)2月10日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(3)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(2)―昭和35(1960)年防衛庁記録―(2021年(令和三年)2月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(4) 防衛2法と第2次防衛計画―昭和36(1961)年防衛庁記録―
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(4) 防衛2法と第2次防衛計画―昭和36(1961)年防衛庁記録―(2021年(令和三年)2月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(5) 3次防の時代(1)―昭和42年映像―
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(5) 3次防の時代(1)―昭和42年映像―(2021年(令和三年)3月3日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(6) 3次防の時代−(2)空中機動力の時代
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(6) 3次防の時代−(2)空中機動力の時代―(2021年(令和三年)3月10日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(7) 3次防の終了−(3)反自衛隊の動き ─昭和46年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(7) 3次防の終了−(3)反自衛隊の動き ─昭和46年映像―(2021年(令和三年)3月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(8) 4次防の始まり─昭和48年─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(8) 4次防の始まり─昭和48年─(2021年(令和三年)3月24日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(9) ソ連の脅威─昭和51年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(9) ソ連の脅威─昭和51年映像─(2021年(令和三年)3月31日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(10) 基盤的防衛力育成の時代─昭和52年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(10) 基盤的防衛力育成の時代─昭和52年映像─(2021年(令和三年)4月7日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(11) 防衛論議高まる ─昭和53年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(11) 防衛論議高まる ─昭和53年映像─(2021年(令和三年)4月14日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(12) 和と国家の独立の確保 ─昭和55年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(12) 防衛論議高まる ─昭和53年映像─(2021年(令和三年)4月21日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(13) 極東ソ連軍の脅威─昭和56年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(13)極東ソ連軍の脅威─昭和56年映像─(2021年(令和三年)4月28日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(14) 56中業(中期業務計画)の進展 ─昭和57・58年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(14)56中業(中期業務計画)の進展 ─昭和57・58年映像─(2021年(令和三年)5月12日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(15) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(15) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(1)(2021年(令和三年)5月19日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(16) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(16) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(2)(2021年(令和三年)5月26日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(17)自衛隊30年の歩み
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(17) 自衛隊30年の歩み ─昭和59年映像─ (2021年(令和三年)6月2日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」 (2021年(令和三年)6月9日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」(コピー)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」 (2021年(令和三年)6月9日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(19) 防衛医科大学校と防衛大学校
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(19) 防衛医科大学校と防衛大学校─昭和62年映像─ (2021年(令和三年)6月16日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(20) 冷戦崩壊間近の防衛計画─昭和63年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(20) 冷戦崩壊間近の防衛計画─昭和63年映像─ (2021年(令和三年)6月23日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(21) エア・ランド・バトルの計画─平成元年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(21) エア・ランド・バトルの計画─平成元年映像─ (2021年(令和三年)6月30日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(22) ソ連の脅威の削除とイラク軍のクウェート侵攻─平成2年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(22) ソ連の脅威の削除とイラク軍のクウェート侵攻─平成2年映像─ (2021年(令和三年)7月7日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(23) 湾岸戦争の衝撃─平成3年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(23) 湾岸戦争の衝撃─平成3年映像─ (2021年(令和三年)7月14日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(24) カンボディアへ施設大隊の派遣─平成4年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(24) カンボディアへ施設大隊の派遣─平成4年映像─ (2021年(令和三年)7月21日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(25) 海外派遣ますますの進展─平成5年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(25) 海外派遣ますますの進展─平成5年映像─ (2021年(令和三年)7月28日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(26) ルワンダ派遣と阪神・淡路大震災(1)─平成6年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(26) ルワンダ派遣と阪神・淡路大震災(1)─平成6年映像─ (2021年(令和三年)8月4日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(27) ルワンダ派遣と機関銃 ─平成6年映像(2)─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(27) ルワンダ派遣と機関銃 ─平成6年映像(2)─ (2021年(令和三年)8月4日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(28) 新防衛計画―平成の大軍縮(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(28) 新防衛計画―平成の大軍縮(1) (2021年(令和三年)8月18日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(29) 新防衛計画―平成の大軍縮・海上自衛隊(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(29) 新防衛計画―平成の大軍縮・海上自衛隊(2) (2021年(令和三年)8月25日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(30) 新防衛計画―海上自衛隊の地方隊ほか(3)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(30) 新防衛計画―海上自衛隊の地方隊ほか(3) (2021年(令和三年)9月1日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(31) 新防衛計画―航空自衛隊の組織と編成(4)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(31) 新防衛計画―航空自衛隊の組織と編成(4) (2021年(令和三年)9月8日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(32) 新防衛計画―航空自衛隊の教育集団ほか(5)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(32) 新防衛計画―航空自衛隊の教育集団ほか(5) (2021年(令和三年)9月15日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(33) 中期防衛力整備計画と海外活動へ 1996(平成8)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(33)  中期防衛力整備計画と海外活動へ 1996(平成8)年の映像紹介 (2021年(令和三年)9月22日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(34) 周辺事態法とガイドライン  1997(平成9)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(34)  周辺事態法とガイドライン  1997(平成9)年の映像紹介 (2021年(令和三年)9月29日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(35) 日米同盟の堅持  1998(平成10)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(35)  日米同盟の堅持  1998(平成10)年の映像紹介 (2021年(令和三年)10月6日配信)です。