陸軍工兵から施設科へ(6) 歩兵の中の鍬兵(しゅうへい)のこと

荒木肇さんの最新刊

自衛隊警務隊逮捕術

…警務隊長は語る。「我々警務官は平素の暮らしの中で規律違反や、犯罪への対応をしているが、今やその平素が有事に近い。…相手にする犯罪者、犯行形態は多様である。そうした事態に立ち向かえる意欲と能力を持った人材がこれからますます必要になる」〈本文より〉







サイト内検索は、こちらからどうぞ




お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

ご挨拶

 

 トランプ氏はどうなるのでしょう。バイデン氏が大統領に正式になるのは来年のことでありましょうが、それまで何が起こるのか予断を許さないでしょう。わたしは、共和党も民主党も詳しくはありませんが、結局は他国の大統領のこと・・・あれこれ騒いでもどうにもならないと思うことがあります。

 

 以前、オバマ大統領が「有色人種初めての大統領」になったと大騒ぎをしました。山陰のある市などは、同じ名前だと大喜びをしているような報道を見た記憶もあります。それで、オバマ民主党政権は何をしたでしょうか。それも他国の都合、どうこう思わぬではありませんが、何よりわが国はどうするのか。どうしてゆくのかが大切ですね。

 

 コロナ禍も第3波かと心配されています。気がゆるむ頃なのでしょう。感染者が増えているのが心配です。

 

 

陸自の施設作業小隊

 

 陸自の普通科(歩兵)連隊の訓練展示などを見に行くと、小さなシャベルカーやクローラーをつけた車輌が走る。災害派遣の現場で土砂を排除したり、穴を掘ったりもしている。あれは施設科ではないのかと不思議に思うのは、なかなかの自衛隊通だ。なぜなら普通科は歩兵である。隊員がふだんかぶる識別帽というキャップにも、INFANTORY REGIMENTと誇らしげに書かれている。

 

 施設科ならENGINNERであり、普通科連隊には所属するはずもない。だが、よく考えれば、施設科という専門家に任せずにもすむ簡単な土工作業はあるはずだ。施設科、工兵部隊の主任務は、架橋や大規模な陣地構築である。それこそささやかな機関銃用の簡単な掩体造りや短い鉄条網張りなどは歩兵がする方が望ましい。連隊長にとっても、直に指揮できる施設作業部隊をもつことは便利なのだろう。

 

 陸自普通科連隊には必ず本部管理中隊(隊員はホンカン中隊と略す)という中隊がある。他のナンバー中隊とは異なり、戦うことより支援をする中隊といっていい。通信小隊、衛生小隊、輸送小隊、情報小隊、そして施設作業小隊という編制になっている。こうした仕組みがいかにも歩兵らしい。通信科、衛生科、輸送科、施設科などの専門職種の機能までもしっかりもっているのだ。いかにも歩兵らしい自己完結性があるところが興味深い。

 

明治陸軍の鍬兵(しゅうへい)

 

 明治の陸軍の歩兵聯隊にも鍬兵といわれた施設作業隊がいた。小銃ばかりが兵器だったが、当時の歩兵聯隊は3個大隊、各大隊は4個中隊で構成され合計12個中隊だった。1700名あまりが平時の定員である。

 

 このうち、上等卒(まだ兵ではない)が長になる鍬兵という集団がおよそ100名ばかりいた。各中隊の編制表の中に鍬兵という8名が載っている。長は上等卒、1・2等卒が7名とある。装備については上等卒が手斧(ておの)、手鋸(ハンド・ソー)、螺錐(らすい・回転ドリル)を携帯する。

 

第1と第5鍬卒は伐木斧(ばつぼくふ・大型斧)と螺錐、第2と第6同は円頭匙鍬(えんとうししゅう・スコップ、のちに円匙=えんぴといわれるようになる)、綱、鎹(かすがい)、第3と第7同は?嘴鍬(あししゅう・カラスのくちばしのような形状の鍬)、綱、鎹を背嚢につける。軍服の上に膝下までおおう長い前掛けをかけて行進する。

 

 どうやらこれは英仏両軍の制度を真似たもののようだ。英語ではSAPPER、辞書を引くと工兵、土木作業兵とある。あるいはフランス軍ではSAPEUR、これも辞書には工兵、あるいは土工兵と書いてある。ただし、1887(明治20)年の軍制改革でこの鍬兵は存在が消えた。これを前線で、聯隊長が集めて使えば、8人×12であり合計96人にものぼる。

 

上等卒のこと

 

 昔から兵卒という。ただし、建軍の初めの頃、卒の階級は2種類しかなかった。1等卒と2等卒である。卒という言葉の元の意味は「下級の兵士」であって、戦国時代から「軍兵士卒(ぐんぴょう・しそつ)」などという言葉があり、「士」すなわち指揮官の下にいる兵のことをいった。

 

 上等卒が初めて出てくるのは、1876(明治9)年12月6日の陸軍省達で「陸軍武官官等表」の改訂として出された中である。歩兵科と騎兵科にだけ置かれた。翌77年には「歩騎兵編制表」改正で、編制上の定員として初めて規定される。

 

 備考欄によれば、歩兵の場合、各中隊に上等卒9人、一等卒36人、二等卒115人となっている。上等卒8人は分隊長の職務に従事し、あと1人は鍬兵長となるとある。給与も給与概則(1878年)によれば鎮台歩兵上等卒は、日額7銭8厘(りん)とあり、一等卒の日額5銭に対して、およそ6割増しとなっている。

 

 さらに詳しく見ると、一等卒の内訳は銃卒(今の小銃手)32、鍬卒2、喇叭卒2となる。二等卒は銃卒104、鍬卒5、喇叭卒6で、上等卒9とで合計一個中隊160とある。

 

 上等卒が「兵」となるのは1885(明治18)年のことである。歩兵・騎兵・砲兵上等卒は七月から上等兵と呼び変えることという。つづいて工兵と輜重兵にもその改正が及んだ。同時に軍楽隊に「楽手補(がくしゅほ)」を置いて、これを上等兵と同等としたという。

 

 今回はあまり知られていない鍬兵のことを書いた。

 

 

 

(以下次号)

 

 

(あらき・はじめ)

 

 

 

 

(令和二年(2020年)11月18日配信)

 



著者略歴

荒木 肇(あらき・はじめ)
1951年東京生まれ。横浜国立大学教育学部卒業、同大学院修士課程修了。 専攻は日本近代教育史。日露戦後の社会と教育改革、大正期の学校教育と陸海軍教育、主に陸軍と学校、社会との関係の研究を行なう。横浜市の小学校で勤務するかたわら、横浜市情報処理教育センター研究員、同小学校理科研究会役員、同研修センター委嘱役員等を歴任。1993年退職。生涯学習研究センター常任理事、聖ヶ丘教育福祉専門学校講師(教育原理)などをつとめる。1999年4月から川崎市立学校に勤務。2000年から横浜市主任児童委員にも委嘱される。2001年には陸上幕僚長感謝状を受ける。 年間を通して、自衛隊部隊、機関、学校などで講演、講話を行なっている。

著書に『教育改革Q&A(共著)』(パテント社)、『静かに語れ歴史教育』『日本人はどのようにして軍隊をつくったのか─安全保障と技術の近代史』(出窓社)、『現代(いま)がわかる−学習版現代用語の基礎知識(共著)』(自由国民社)、『自衛隊という学校』『続自衛隊という学校』『子どもに嫌われる先生』『指揮官は語る』『自衛隊就職ガイド』『学校で教えない自衛隊』『学校で教えない日本陸軍と自衛隊』『あなたの習った日本史はもう古い!─昭和と平成の教科書読み比べ』『東日本大震災と自衛隊─自衛隊は、なぜ頑張れたか?』『脚気と軍隊『日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想』『自衛隊警務隊逮捕術』((並木書房)がある。







サイト内検索は、こちらからどうぞ




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

陸軍工兵から施設科へ(1) 工兵の仕事は「建設と破壊」
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(1) 工兵の仕事は「建設と破壊」」―(2020年(令和二年)10月14日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(2) 明治の初めはフランス式工兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(2) 明治の初めはフランス式工兵」―(2020年(令和二年)10月21日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(3) 陸軍士官学校に工兵科
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(3) 陸軍士官学校に工兵科―(2020年(令和二年)10月28日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(4) 市ヶ谷台に士官学校が生まれる
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(4) 市ヶ谷台に士官学校が生まれる―(2020年(令和二年)11月4日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(5) 士官生徒の時代
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(5) 士官生徒の時代―(2020年(令和二年)11月11日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(7) 師団の中に工兵大隊がおかれる
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(7) 師団の中に工兵大隊がおかれる―(2020年(令和二年)11月25日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(8) 若者はどうやって工兵になったか?
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(8) 若者はどうやって工兵になったか?―(2020年(令和二年)12月2日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(9) 徴兵制度(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(9) 徴兵制度(2)―(2020年(令和二年)12月9日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(10) 徴兵制度(3)徴兵年限
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(10) 徴兵制度(3) 徴兵年限―(2020年(令和二年)12月16日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(11) 日露戦争の工兵の戦い(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(11) 日露戦争の工兵の戦い(1)―(2020年(令和二年)12月23日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(12) 日露戦争の工兵の戦い(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(12) 日露戦争の工兵の戦い(2)―(2021年(令和三年)1月6日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(13) 旅順要塞の激闘(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(13) 旅順要塞の激闘(1)―(2021年(令和三年)1月13日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(14) 旅順要塞の激闘(2)第1回総攻撃
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(14) 旅順要塞の激闘(2)第1回総攻撃―(2021年(令和三年)1月20日配信)です。
陸軍工兵から施設科へ(15) 旅順要塞への第1回総攻撃の結果
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「陸軍工兵から施設科へ(15) 旅順要塞への第1回総攻撃の結果―(2021年(令和三年)1月27日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像―(2021年(令和三年)2月3日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(2)―昭和33年防衛庁記録―(2021年(令和三年)2月10日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(3)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(2)―昭和35(1960)年防衛庁記録―(2021年(令和三年)2月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(4) 防衛2法と第2次防衛計画―昭和36(1961)年防衛庁記録―
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(4) 防衛2法と第2次防衛計画―昭和36(1961)年防衛庁記録―(2021年(令和三年)2月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(5) 3次防の時代(1)―昭和42年映像―
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(5) 3次防の時代(1)―昭和42年映像―(2021年(令和三年)3月3日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(6) 3次防の時代−(2)空中機動力の時代
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(6) 3次防の時代−(2)空中機動力の時代―(2021年(令和三年)3月10日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(7) 3次防の終了−(3)反自衛隊の動き ─昭和46年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(7) 3次防の終了−(3)反自衛隊の動き ─昭和46年映像―(2021年(令和三年)3月17日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(8) 4次防の始まり─昭和48年─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(8) 4次防の始まり─昭和48年─(2021年(令和三年)3月24日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(9) ソ連の脅威─昭和51年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(9) ソ連の脅威─昭和51年映像─(2021年(令和三年)3月31日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(10) 基盤的防衛力育成の時代─昭和52年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(10) 基盤的防衛力育成の時代─昭和52年映像─(2021年(令和三年)4月7日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(11) 防衛論議高まる ─昭和53年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(11) 防衛論議高まる ─昭和53年映像─(2021年(令和三年)4月14日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(12) 和と国家の独立の確保 ─昭和55年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(12) 防衛論議高まる ─昭和53年映像─(2021年(令和三年)4月21日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(13) 極東ソ連軍の脅威─昭和56年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(13)極東ソ連軍の脅威─昭和56年映像─(2021年(令和三年)4月28日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(14) 56中業(中期業務計画)の進展 ─昭和57・58年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(14)56中業(中期業務計画)の進展 ─昭和57・58年映像─(2021年(令和三年)5月12日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(15) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(15) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(1)(2021年(令和三年)5月19日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(16) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(16) 番外篇「特別掃海艇隊の記録」(2)(2021年(令和三年)5月26日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(17)自衛隊30年の歩み
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(17) 自衛隊30年の歩み ─昭和59年映像─ (2021年(令和三年)6月2日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」 (2021年(令和三年)6月9日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」(コピー)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(18) ソ連戦車を撃ち止めろ!対戦車誘導弾「重MAT」 (2021年(令和三年)6月9日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(19) 防衛医科大学校と防衛大学校
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(19) 防衛医科大学校と防衛大学校─昭和62年映像─ (2021年(令和三年)6月16日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(20) 冷戦崩壊間近の防衛計画─昭和63年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(20) 冷戦崩壊間近の防衛計画─昭和63年映像─ (2021年(令和三年)6月23日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(21) エア・ランド・バトルの計画─平成元年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(21) エア・ランド・バトルの計画─平成元年映像─ (2021年(令和三年)6月30日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(22) ソ連の脅威の削除とイラク軍のクウェート侵攻─平成2年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(22) ソ連の脅威の削除とイラク軍のクウェート侵攻─平成2年映像─ (2021年(令和三年)7月7日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(23) 湾岸戦争の衝撃─平成3年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(23) 湾岸戦争の衝撃─平成3年映像─ (2021年(令和三年)7月14日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(24) カンボディアへ施設大隊の派遣─平成4年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(24) カンボディアへ施設大隊の派遣─平成4年映像─ (2021年(令和三年)7月21日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(25) 海外派遣ますますの進展─平成5年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(25) 海外派遣ますますの進展─平成5年映像─ (2021年(令和三年)7月28日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(26) ルワンダ派遣と阪神・淡路大震災(1)─平成6年映像─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(26) ルワンダ派遣と阪神・淡路大震災(1)─平成6年映像─ (2021年(令和三年)8月4日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(27) ルワンダ派遣と機関銃 ─平成6年映像(2)─
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(27) ルワンダ派遣と機関銃 ─平成6年映像(2)─ (2021年(令和三年)8月4日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(28) 新防衛計画―平成の大軍縮(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(28) 新防衛計画―平成の大軍縮(1) (2021年(令和三年)8月18日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(29) 新防衛計画―平成の大軍縮・海上自衛隊(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(29) 新防衛計画―平成の大軍縮・海上自衛隊(2) (2021年(令和三年)8月25日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(30) 新防衛計画―海上自衛隊の地方隊ほか(3)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(30) 新防衛計画―海上自衛隊の地方隊ほか(3) (2021年(令和三年)9月1日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(31) 新防衛計画―航空自衛隊の組織と編成(4)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(31) 新防衛計画―航空自衛隊の組織と編成(4) (2021年(令和三年)9月8日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(32) 新防衛計画―航空自衛隊の教育集団ほか(5)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(32) 新防衛計画―航空自衛隊の教育集団ほか(5) (2021年(令和三年)9月15日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(33) 中期防衛力整備計画と海外活動へ 1996(平成8)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(33)  中期防衛力整備計画と海外活動へ 1996(平成8)年の映像紹介 (2021年(令和三年)9月22日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(34) 周辺事態法とガイドライン  1997(平成9)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(34)  周辺事態法とガイドライン  1997(平成9)年の映像紹介 (2021年(令和三年)9月29日配信)です。
特別紹介 防衛省の秘蔵映像(35) 日米同盟の堅持  1998(平成10)年の映像紹介
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 「特別紹介 防衛省の秘蔵映像(35)  日米同盟の堅持  1998(平成10)年の映像紹介 (2021年(令和三年)10月6日配信)です。