自衛隊警務官(40)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(40) 情報を取る機関と日系人

荒木肇さんの最新刊

日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想

「きわめて人間臭い、戦場の実相の一部が目の当たりに浮かぶような気がしました」(元自衛官)
「兵器装備というのは、予想戦場、兵士の知的水準、兵站補給、技術工業水準、その他もろもろの要素が絡み合って開発される・・・といった常識がとてもよく理解できました」(経済人)
日本の技術者はどんな兵器を開発し、兵士たちはどんな訓練を受け、戦ったのか?
先人への感謝と日本現代史に熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。




サイト内検索は、こちらからどうぞ




お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

はじめに

 

 いよいよ自民党総裁選挙です。お三人の候補者がいます。産経新聞のまとめを読みました。菅さん、手堅い印象です。安倍政権の継続性を感じます。テレワークを推進し、企業が地方に移転できるようにする。岸田さん、最新のデジタル技術を地方に実装し、リモート教育やリモート診療などを進める。最後に石破さんです。「国任せ」ではなく「地方任せ」にする。責任も地方でもってもらう。

 

 気になったのは外交・安全保障の分野です。菅さんは日米同盟を基軸にアジア諸国と付き合う。中国に対し主張すべきところは主張する。岸田さんも、基本的な価値観を共有する国と協力し、核軍縮などの地球規模の課題でルール作りを先導する。そうして石破さんは次のようにいいます。米中が協力する世の中にするのが日本の役割。対等な日米同盟をつくる。

 

 石破さん、ちょっと待ってください。米中の対立がいま現在起きているのに、尖閣にも中国が手を伸ばしてきているのに、米中の協力関係の仲立ちをする・・・。よく分かりません。対等な日米同盟にするとは、安全保障上、どうするのか。ちょっと夢心地の現実味のない話としかおもえませんが。

 

 そうして、どこまで正確かは分かりませんが、世論調査では石破さんがなかなかの人気だそうです。こうして考えると、そういう夢見心地の国際関係を信じている人が多いのがわが国社会の実態かも知れません。

 

特別寄稿へのお礼

 

 土本泰三さま、秘話の数々、まことにありがとうございました。まさに現地で体験者と接触した方にしか知られないお話の数々でした。ドイツ軍捕虜の実態、それと比べて規律正しかった日本兵捕虜。興味深いお話をありがとうございました。

 

 

敵性語追放運動

 

 さて、戦後の定説の1つに日本軍は「敵を知らなかった」、あるいは「敵を知ろうとしなかった」というものがあった。敵性語追放などといって、世間で英米語やフランス語などを使うことを禁止した。芸能人の名前なども欧米風のものを日本語に変えさせたなどというものである。

 

 プロ野球も職業野球といい、ストライクを「よし!」、ボールを「だめ!」。アウトは「ひけ!」などと言ったらしい。ショート・ストップは遊撃手、ベースは塁、ピッチャーは投手などというと、いまも野球の報道では使われている。

 

 自動車のハンドルは「転把(てんぱ)」、アクセル・ペダルは「噴射踐板(ふんしゃ・せんばん)」と言い換えて・・・と自虐的な笑いをとった漫才もあった。しかし、これはどれほど本気だったのか。戦後、いわれるほど徹底していたのだろうか。軍隊など、特に技術系部隊などでは、それらを使うことはとても非現実的なものだったに違いない。

 

 

 搭乗員待機所などというより外来語のピストの方が使われていたらしい。整備工具のドライバーも螺回し(らまわし)などより、ドライバーの方が言いやすいし、聞きやすかっただろう。つまり、あの敵性語追放運動は社会の気分をあおるためのものであり、生真面目に実行を強制したと言えるものではなかった。

 

 たとえば、陸軍の生活を描いた戦時中の新聞連載小説『陸軍』(火野葦平・1943年)に内務班の様子が描かれている。ゲームとして外来語を使うと罰金を取るという。「辛み入り汁かけ飯」がカレーライスの言い換えであり、郵便ポストは「三十二年式上方投入下方抽出式郵便箱」という。これらをつい言い間違えて、外来語を使い罰金だらけになったという笑い話にこしらえている。

 

この程度のことであり、憲兵が町を歩いて敵性語の看板などを摘発して歩いたとか、アメリカ映画を観て感想を言う人を逮捕したとか、みな戦後のでっちあげだったといっていい。

 

南西太平洋連合軍翻訳尋問部隊(ATIS)

 

 真珠湾が奇襲された。ついに日本が牙をむいたのだ。それまでも米軍情報部では、日本軍の実力についてさまざまに評価していた。日本人は近眼が多く、パイロットのほとんどは夜間や薄暮の飛行はできないという定説があった。米軍退役・予備将校による義勇空軍の戦果は過大に報告され、日本軍の航空機にも学ぶところはないとされた。

 

 それが意外な力を見せた。赤子の手をひねるように撃墜できると思っていたゼロ(零式艦上戦闘機)に新鋭機P40も落とされた。英国海軍の戦艦2隻も海軍攻撃機に雷撃で沈められてしまった。マレー半島では英軍の陣地が日本戦車に蹂躙された。「日本軍を知れ!」、「弱点を探せ!」ということになった。

 

 今回の稿もまた、山本氏の文春新書『日本兵捕虜は何をしゃべったか』に多くを依っていこう。

 

 ところが、オーストラリアでは早くも1941(昭和16)年初めにはシドニーに日本語学校が軍によって設立されていた。日本の軍事情報を日本からの帰還者から聞きだして集めようというのである。その役目を果たす隊員を養成するのがねらいだった。開戦からほぼ1年前のことだった。日本語を理解できる情報将校が豪州軍には少な過ぎたのである。

 

 しかし、これがうまく行かない。そのうちに開戦となり、日本軍はオーストラリアに迫ってきたのだった。1942(昭和17)年1月に空軍がまず捕虜を扱う部門をつくった。本格化するのはマッカーサーが幕僚たちと一緒にフィリッピンから逃げてきてからである。

 

マッカーサーは南西太平洋連合軍司令部をつくる。米・英・加(カナダ)・ニュージーランド・オーストラリアの各国軍がその隷下に入った。オーストラリア軍は文書翻訳部門をつくった。同年8月にはメルボルンに連合軍尋問センターが開かれる。

 

10月にはATIS、連合軍翻訳尋問部隊が編成された。大きく関わったのは、敗戦後の日本に君臨したGHQの謀略部門のチャールズ・ウィロビー大佐(のち少将)である。
ウィロビーとマッカーサーは8人の日本人2世を採用し、重く用いることをした。

 

日系二世の苦境
 

 

 開戦後、日系人がアメリカで不当に逮捕されたり、収容所に入れられたりしたことについては詳しく知られている。もともと「排日」の気分は第1次世界大戦後にアメリカの施策にも現われてきていた。1922(大正11)年には、日本人移民はアメリカの国籍を取れなくなった。さらに翌々年には移民そのものも禁止されることになった。

 

 1940(昭和15)年の数字で、アメリカ本土にいる日系人は12万7000人、ハワイには15万人が暮らしていた。そのおよそ三分の二が2世だった。18万人である。この2世の中には高い教育も受けていたが、社会の中ではひどい差別があった。黒人にも道は開かれていなかったが、日系人も似たようなものだった。

 

 開戦時には実は、約5000人の日系軍人が米軍に在籍していたが、彼らはただちに武装を奪われ、捕虜あるいは敵性外国人のような扱いを受けた。しかも西海岸出身の彼らの家族は仕事も住居を奪われ、砂漠地帯の収容所にも送られてしまったのだ。

 

 この2世たちにも区分があった。日本本土で3年以上の教育を受けて、10代でアメリカに帰ってきた者を「帰米(きべい)」あるいは「帰米2世」といった。アメリカ軍はこの人たちをもっとも警戒した。幼いころに日本で「皇民教育」を色濃く受けてきていると思われていたのである。

 

 

 

(以下次号)

 

 

(あらき・はじめ)

 

 

 

 

(令和二年(2020年)9月16日配信)

 



著者略歴

荒木 肇(あらき・はじめ)
1951年東京生まれ。横浜国立大学教育学部卒業、同大学院修士課程修了。 専攻は日本近代教育史。日露戦後の社会と教育改革、大正期の学校教育と陸海軍教育、主に陸軍と学校、社会との関係の研究を行なう。横浜市の小学校で勤務するかたわら、横浜市情報処理教育センター研究員、同小学校理科研究会役員、同研修センター委嘱役員等を歴任。1993年退職。生涯学習研究センター常任理事、聖ヶ丘教育福祉専門学校講師(教育原理)などをつとめる。1999年4月から川崎市立学校に勤務。2000年から横浜市主任児童委員にも委嘱される。2001年には陸上幕僚長感謝状を受ける。 年間を通して、自衛隊部隊、機関、学校などで講演、講話を行なっている。

著書に『教育改革Q&A(共著)』(パテント社)、『静かに語れ歴史教育』『日本人はどのようにして軍隊をつくったのか─安全保障と技術の近代史』(出窓社)、『現代(いま)がわかる−学習版現代用語の基礎知識(共著)』(自由国民社)、『自衛隊という学校』『続自衛隊という学校』『子どもに嫌われる先生』『指揮官は語る』『自衛隊就職ガイド』『学校で教えない自衛隊』『学校で教えない日本陸軍と自衛隊』『あなたの習った日本史はもう古い!─昭和と平成の教科書読み比べ』『東日本大震災と自衛隊─自衛隊は、なぜ頑張れたか?』『脚気と軍隊『日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想』『自衛隊警務隊逮捕術(近刊)』((並木書房)がある。





サイト内検索は、こちらからどうぞ




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

自衛隊警務官(1)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(1)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(1)」―(2019年(令和元年)12月11日配信)です。
自衛隊警務官(2)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(2) 勅令憲兵と軍令憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(2)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(2) 勅令憲兵と軍令憲兵」―(2019年(令和元年)12月18日配信)です。
自衛隊警務官(3)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(3) 遅れた憲兵の登場
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(3)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(3) 遅れた憲兵の登場」―(2019年(令和元年)12月25日配信)です。
自衛隊警務官(4)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(4) ポリスと近衛兵の対立
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(4)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(4) ポリスと近衛兵の対立」―(2020年(令和二年)1月8日配信)です。
自衛隊警務官(5)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(5) 近衛兵について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(5)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(5) 近衛兵について」―(2020年(令和二年)1月15日配信)です。
自衛隊警務官(6)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(6) 徴兵制と近衛兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(6)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(6) 徴兵制と近衛兵」―(2020年(令和二年)1月22日配信)です。
自衛隊警務官(7)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(7) 近衛兵の離職と川路(かわじ)大警視
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(7)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(7) 近衛兵の離職と川路(かわじ)大警視」―(2020年(令和二年)1月29日配信)です。
自衛隊警務官(8)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(8) 西南戦争と戦後の跡始末
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(8)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(8) 西南戦争と戦後の跡始末」―(2020年(令和二年)2月5日配信)です。
自衛隊警務官(9)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(9) 憲兵ついに創設される
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(9)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(9) 憲兵ついに創設される」―(2020年(令和二年)2月12日配信)です。
自衛隊警務官(10)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(10) 軍紀について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(10)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(10) 軍紀について」―(2020年(令和二年)2月19日配信)です。
自衛隊警務官(11)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(11) 憲兵の服制について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(11)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(11) 憲兵の服制について」―(2020年(令和二年)2月26日配信)です。
自衛隊警務官(12)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(12) カーキ色と憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(12)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(12) カーキ色と憲兵」―(2020年(令和二年)3月4日配信)です。
自衛隊警務官(13)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(13) 俘虜(捕虜)となる資格
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(13)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(13) 俘虜(捕虜)となる資格」―(2020年(令和二年)3月11日配信)です。
自衛隊警務官(14)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(14) 交戦資格というもの
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(14)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(14) 交戦資格というもの」―(2020年(令和二年)3月18日配信)です。
自衛隊警務官(15)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(15) 日清戦争と憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(15)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(15) 交戦資格というもの」―(2020年(令和二年)3月25日配信)です。
自衛隊警務官(16)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(16) 戦場の憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(16)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(16) 戦場の憲兵」―(2020年(令和二年)4月1日配信)です。
自衛隊警務官(17)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(17) 日露戦争の憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(17)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(17) 日露戦争の憲兵」―(2020年(令和二年)4月8日配信)です。
自衛隊警務官(18)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(18) 日露戦争の憲兵(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(18)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(18) 日露戦争の憲兵(2)」―(2020年(令和二年)4月15日配信)です。
自衛隊警務官(19)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(19) 日露戦争の国際人道法
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(19)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(19) 日露戦争の国際人道法」―(2020年(令和二年)4月22日配信)です。
自衛隊警務官(20)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(20) 宣戦布告について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(20)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(20) 宣戦布告について」―(2020年(令和二年)4月29日配信)です。
自衛隊警務官(21)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(21) 開戦通告とは
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(21)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(21) 開戦通告とは」―(2020年(令和二年)5月6日配信)です。
自衛隊警務官(22)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(22) 国際法上の非難はなきや
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(22)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(22) 国際法上の非難はなきや」―(2020年(令和二年)5月13日配信)です。
自衛隊警務官(23)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(23) 戦闘開始、打方始め!
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(23)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(23 ) 戦闘開始、打方始め!」―(2020年(令和二年)5月20日配信)です。
自衛隊警務官(24)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(24) 仁川港内の戦闘
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(24)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(24 ) 仁川港内の戦闘」―(2020年(令和二年)5月27日配信)です。
自衛隊警務官(25)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(25) 旅順港内への夜襲
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(25)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(25 ) 旅順港内への夜襲」―(2020年(令和二年)6月3日配信)です。
自衛隊警務官(26)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(26) 夜襲成功!
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(26)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(26 ) 夜襲成功!」―(2020年(令和二年)6月10日配信)です。
自衛隊警務官(27)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(27) 夜襲の後に──駆逐艦乗りの気風
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(27)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(27 ) 夜襲成功!」―(2020年(令和二年)6月17日配信)です。
自衛隊警務官(28)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(28) 旅順口閉塞(へいそく)隊員の話
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(28)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(28 ) 旅順口閉塞(へいそく)隊員の話」―(2020年(令和二年)6月24日配信)です。
自衛隊警務官(29)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(29) 旅順口閉塞(へいそく)隊員の行方
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(29)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(29 ) 旅順口閉塞(へいそく)隊員の行方」―(2020年(令和二年)7月1日配信)です。
自衛隊警務官(30)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(30) 陸戦ではどうやって捕虜になるか(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(30)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(30 ) 陸戦ではどうやって捕虜になるか(1)」―(2020年(令和二年)7月8日配信)です。
自衛隊警務官(31)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(31) 陸戦ではどうやって捕虜になるか(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(31)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(31 ) 陸戦ではどうやって捕虜になるか(2)」―(2020年(令和二年)7月15日配信)です。
自衛隊警務官(32)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(32) 日露戦争での捕虜の発生
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(32)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(32 ) 日露戦争での捕虜の発生」―(2020年(令和二年)7月22日配信)です。
自衛隊警務官(33)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(33) 森林太郎(鴎外)の貢献
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(33)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(33 ) 森林太郎(鴎外)の貢献」―(2020年(令和二年)7月29日配信)です。
自衛隊警務官(34)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(34) 赤十字社員・衛生部員の送還
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(34)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(34 ) 赤十字社員・衛生部員の送還」―(2020年(令和二年)8月5日配信)です。
自衛隊警務官(35)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(35) 宣誓解放とは何か?
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(35)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(35 ) 宣誓解放とは何か?」―(2020年(令和二年)8月12日配信)です。
自衛隊警務官(36)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(36) 宣誓解放について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(36─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(36 ) 宣誓解放について」―(2020年(令和二年)8月19日配信)です。
自衛隊警務官(37)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(37) 捕虜収容所での暮らし
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(37)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(37 ) 捕虜収容所での暮らし」―(2020年(令和二年)8月26日配信)です。
自衛隊警務官(38)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(38) 日本軍の捕虜はどう待遇されたか?
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(38)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(38 ) 捕虜収容所での暮らし」―(2020年(令和二年)9月2日配信)です。
自衛隊警務官(39)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(39) なんでもしゃべった日本兵捕虜
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(39)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(39 ) なんでもしゃべった日本兵捕虜」―(2020年(令和二年)9月9日配信)です。
自衛隊警務官(41)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(41) 日本語に堪能な語学将校たち
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(40)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(41 ) 日本語に堪能な語学将校たち」―(2020年(令和二年)9月23日配信)です。