自衛隊警務官(31)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(31) 陸戦ではどうやって捕虜になるか(2)

荒木肇さんの最新刊

自衛隊警務隊逮捕術

…警務隊長は語る。「我々警務官は平素の暮らしの中で規律違反や、犯罪への対応をしているが、今やその平素が有事に近い。…相手にする犯罪者、犯行形態は多様である。そうした事態に立ち向かえる意欲と能力を持った人材がこれからますます必要になる」〈本文より〉




サイト内検索は、こちらからどうぞ




お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

ご挨拶

 

 とんでもない災害になってしまいました。九州の皆さま、いかがお過ごしでしょうか。人吉や日田、球磨川流域の訪れたことのある地域の被害に心を痛めています。それにしても今年の梅雨は男性的です。こんなにも南風が強く吹き、落雷もともなう豪雨は、わたしの住む神奈川でも珍しいと思います。

 

 

 もう、すべて自分で自分の身を守るときがきた。そんなことも思います。

 

 

捕虜になるとき

 

 戦争映画や文学では、しばしば捕虜が出てくる。白いハンカチや布を振って遮蔽物から出てくる兵士、あるいは武器から手を離し、両手を挙げて立ち上がる兵士。しかし、映画の中には恐ろしい場面も珍しくない。

 

 

 1998(平成11)年に公開された「プライベート・ライアン」では、ノルマンディ海岸に上陸したアメリカ兵がいた。苦戦の末に崖の上のドイツ軍陣地にたどりつき、掩蓋陣地や塹壕にこもるドイツ兵と対決する。すると2人のドイツ兵が武器を捨てて両手を挙げた。

 

 正面にいた米兵はあっさりと2人を射殺してしまう。仲間に向かって、「ママ〜、手は洗ったよだと」。と笑いを交えて仲間と会話を交わしている。2006(平成18)年の話題作、「硫黄島からの手紙」にも降伏した2人の日本兵の監視を命じられた米兵が、分隊長が姿を消したとたん、あっさりと2人を撃ち殺すシーンがあった。

 

 当然、これは陸戦に関する法規の違反だが、混乱した戦場での出来事、おそらく何の問題もなかったのだろう。

 

 もちろん、運や偶然に恵まれて誤射や乱射の被害にも遭わず、無事に捕まることができた人もいた。『俘虜記』で有名な大岡昇平さんという作家である。彼はフィリッピン戦線で、仲間とはぐれ敗走中に人事不省に陥ってしまう。気がつくアメリカ兵に囲まれていたらしい。撃たれずに捕虜になれて幸運だった。彼によれば、自分はサレンダード(降伏者)ではなくキャプチュア(被捕獲者)だと米兵に胸を張ったという。

 

 

 したがって、捕虜になれるかどうかは周りの状況や、あくまでも相手側の感情や都合によることが分かる。相手が情報を取ろうと思っているとき、いかにも重要そうな存在に相手の目に映ることも大切だろう。たとえば階級が高ければ助かるチャンスは増えるだろう。

 

 その次の幸運はどうだろう。うまく憲兵に引き渡されれば命が助かるチャンスは増える。アメリカ映画「フューリー」(2014年)では、戦線後方の集結地であやうく殺されそうになったドイツ・武装親衛隊員(SS)が描かれた。主人公、ブラッドピットが扮する軍曹はナチス嫌い、連行されてくるSSに殴りかかろうとする。それを抑えたのはMP(憲兵)だった。周囲も「MPがいる。ヤバイ」という調子で自分たちを冷静に保たせている。

 

 その後の激戦で、軍曹は補充兵に捕虜を撃たせる。MPがいなければ、それが普通だったようだ。映画の中でも、それを非難するような描写はしていない。

 

日露戦争での投降

 

 佐藤庫八氏の『日露陸戦国際法論を読み解く』に日露戦中の実態がある。

 

 まず氏は説く。投降には2種類ある。部隊降伏と単独降伏である。部隊降伏は軍使の交渉で行なわれるが、野戦ではふつう単独降伏が多い。日本軍では、力尽きて投降した者と、自分の身の安全を図るために所属部隊から離れた者を区別しなかった。

 

 有賀博士は、次のように語っている。
「単独投降者のために、国際間の約束で、その様式を決めていないということは誠に遺憾である。もし決まった様式があったなら、誤解や不要な殺傷を避けられるだろうと信じる場合が多い。とはいうものの、軍隊が兵士たちに敵に投降する方法を積極的に教えるのは抵抗があるだろうということはもちろんである」

 

「将来は文明戦争の法規に、軍使及び衛生部員の標識を定めたように、投降時に一定の方法を定めるのが重要である」

 

 現在、各国でも投降の意思を示す方法・態度はさまざまである。白旗を揚げることであり、銃器をさかさまにして(銃口を下に向けて)持ったり、敵が接近してきたら銃器を投げたりする。

 

 奥大将の第1軍の齊藤大尉が事例を紹介している。同大尉が沙河対陣中に守備隊を指揮していたときのことであるという。ロシア兵1人が暗夜に投降してきた時のことである。日本軍歩哨の頬にキスをしようとしてきた。このキスの意味が分からず、歩哨は銃剣でロシア兵を刺突しようとした。ロシア兵は慌てて身体を避けると、右手で握手を求めてきた。ようやくロシア兵の意図を理解して、歩哨はロシア兵を将校のところに連行した。

 

 また日本軍の包囲下にあったロシア軍部隊は、何度も血路を開こうとしたが、いずれも失敗。日本軍は投降を勧告しようとしたが、敵兵のうち20〜30人が小屋に逃げ込んだ。日本兵はその小屋に火を点けた。様子をみようとしていると、1人の敵兵が手を挙げて出てきた。銃器を捨てて出てきて降伏しようとするのかと誤解した日本兵は射撃を中止し、近づいて捕獲しようとしたところ、手の中に隠した拳銃を撃ち、日本兵は負傷してしまった。このロシア兵はすぐに日本兵の射撃で倒れたが、調べてみると将校だった。

 

 その後、しばらくしてまた1人のロシア兵が出てきた。刀だけをもち、銃器はもっていない。日本兵はこれを射殺した。敵兵はみな肩章を外していて階級の見分けがつかなかった。将校なのか下士官・兵なのかがはっきり分からなかったのだ。

 

 小屋からはさらに1人の敵が顔を出した。白い布を小屋の戸口で振りかざした。これを見て、投降の意思があると察して、手で招いて近づいてこさせた。ロシア兵は武器を持たず、恐怖を表しながら歩いてきた。他の兵士たちもとうとう、白い布を見せ、あるいはノート等の白いページ1枚をひらめかせながらロシア兵は降伏してきた。

 

 このように、降伏時に白布を見せることは慣習として確立していたらしい。

 

生死を分ける場での意思を通じる難しさ

 

 生死がかかっている場面で、降伏の意思をどのように通じさせるのか。敵兵の降伏を受け入れる余裕があっても、ほんとうに降伏しようとしているのか、迷いがあったら自分の身が危ない。咄嗟のうちに敵を撃つことがあるだろう。そのように佐藤氏も言う。筆者もまったく同意見である。一瞬のたじろぎが自分の運命を決める。

 

 投降に関して、一定の様式を決めて、国際的に定着させること。これがなくては、投降の意思が不明なままでの対応はまったく兵士個人の責になってくるのである。次回は捕虜になってからのことを調べよう。

 

 

 

 

(以下次号)

 

 

(あらき・はじめ)

 

 

 

 

(令和二年(2020年)7月15日配信)

 



著者略歴

荒木 肇(あらき・はじめ)
1951年東京生まれ。横浜国立大学教育学部卒業、同大学院修士課程修了。 専攻は日本近代教育史。日露戦後の社会と教育改革、大正期の学校教育と陸海軍教育、主に陸軍と学校、社会との関係の研究を行なう。横浜市の小学校で勤務するかたわら、横浜市情報処理教育センター研究員、同小学校理科研究会役員、同研修センター委嘱役員等を歴任。1993年退職。生涯学習研究センター常任理事、聖ヶ丘教育福祉専門学校講師(教育原理)などをつとめる。1999年4月から川崎市立学校に勤務。2000年から横浜市主任児童委員にも委嘱される。2001年には陸上幕僚長感謝状を受ける。 年間を通して、自衛隊部隊、機関、学校などで講演、講話を行なっている。

著書に『教育改革Q&A(共著)』(パテント社)、『静かに語れ歴史教育』『日本人はどのようにして軍隊をつくったのか─安全保障と技術の近代史』(出窓社)、『現代(いま)がわかる−学習版現代用語の基礎知識(共著)』(自由国民社)、『自衛隊という学校』『続自衛隊という学校』『子どもに嫌われる先生』『指揮官は語る』『自衛隊就職ガイド』『学校で教えない自衛隊』『学校で教えない日本陸軍と自衛隊』『あなたの習った日本史はもう古い!─昭和と平成の教科書読み比べ』『東日本大震災と自衛隊─自衛隊は、なぜ頑張れたか?』『脚気と軍隊『日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想』『自衛隊警務隊逮捕術』((並木書房)がある。





サイト内検索は、こちらからどうぞ




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

自衛隊警務官(1)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(1)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(1)」―(2019年(令和元年)12月11日配信)です。
自衛隊警務官(2)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(2) 勅令憲兵と軍令憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(2)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(2) 勅令憲兵と軍令憲兵」―(2019年(令和元年)12月18日配信)です。
自衛隊警務官(3)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(3) 遅れた憲兵の登場
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(3)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(3) 遅れた憲兵の登場」―(2019年(令和元年)12月25日配信)です。
自衛隊警務官(4)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(4) ポリスと近衛兵の対立
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(4)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(4) ポリスと近衛兵の対立」―(2020年(令和二年)1月8日配信)です。
自衛隊警務官(5)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(5) 近衛兵について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(5)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(5) 近衛兵について」―(2020年(令和二年)1月15日配信)です。
自衛隊警務官(6)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(6) 徴兵制と近衛兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(6)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(6) 徴兵制と近衛兵」―(2020年(令和二年)1月22日配信)です。
自衛隊警務官(7)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(7) 近衛兵の離職と川路(かわじ)大警視
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(7)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(7) 近衛兵の離職と川路(かわじ)大警視」―(2020年(令和二年)1月29日配信)です。
自衛隊警務官(8)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(8) 西南戦争と戦後の跡始末
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(8)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(8) 西南戦争と戦後の跡始末」―(2020年(令和二年)2月5日配信)です。
自衛隊警務官(9)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(9) 憲兵ついに創設される
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(9)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(9) 憲兵ついに創設される」―(2020年(令和二年)2月12日配信)です。
自衛隊警務官(10)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(10) 軍紀について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(10)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(10) 軍紀について」―(2020年(令和二年)2月19日配信)です。
自衛隊警務官(11)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(11) 憲兵の服制について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(11)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(11) 憲兵の服制について」―(2020年(令和二年)2月26日配信)です。
自衛隊警務官(12)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(12) カーキ色と憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(12)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(12) カーキ色と憲兵」―(2020年(令和二年)3月4日配信)です。
自衛隊警務官(13)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(13) 俘虜(捕虜)となる資格
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(13)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(13) 俘虜(捕虜)となる資格」―(2020年(令和二年)3月11日配信)です。
自衛隊警務官(14)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(14) 交戦資格というもの
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(14)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(14) 交戦資格というもの」―(2020年(令和二年)3月18日配信)です。
自衛隊警務官(15)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(15) 日清戦争と憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(15)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(15) 交戦資格というもの」―(2020年(令和二年)3月25日配信)です。
自衛隊警務官(16)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(16) 戦場の憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(16)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(16) 戦場の憲兵」―(2020年(令和二年)4月1日配信)です。
自衛隊警務官(17)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(17) 日露戦争の憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(17)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(17) 日露戦争の憲兵」―(2020年(令和二年)4月8日配信)です。
自衛隊警務官(18)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(18) 日露戦争の憲兵(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(18)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(18) 日露戦争の憲兵(2)」―(2020年(令和二年)4月15日配信)です。
自衛隊警務官(19)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(19) 日露戦争の国際人道法
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(19)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(19) 日露戦争の国際人道法」―(2020年(令和二年)4月22日配信)です。
自衛隊警務官(20)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(20) 宣戦布告について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(20)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(20) 宣戦布告について」―(2020年(令和二年)4月29日配信)です。
自衛隊警務官(21)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(21) 開戦通告とは
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(21)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(21) 開戦通告とは」―(2020年(令和二年)5月6日配信)です。
自衛隊警務官(22)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(22) 国際法上の非難はなきや
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(22)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(22) 国際法上の非難はなきや」―(2020年(令和二年)5月13日配信)です。
自衛隊警務官(23)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(23) 戦闘開始、打方始め!
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(23)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(23 ) 戦闘開始、打方始め!」―(2020年(令和二年)5月20日配信)です。
自衛隊警務官(24)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(24) 仁川港内の戦闘
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(24)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(24 ) 仁川港内の戦闘」―(2020年(令和二年)5月27日配信)です。
自衛隊警務官(25)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(25) 旅順港内への夜襲
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(25)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(25 ) 旅順港内への夜襲」―(2020年(令和二年)6月3日配信)です。
自衛隊警務官(26)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(26) 夜襲成功!
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(26)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(26 ) 夜襲成功!」―(2020年(令和二年)6月10日配信)です。
自衛隊警務官(27)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(27) 夜襲の後に──駆逐艦乗りの気風
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(27)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(27 ) 夜襲成功!」―(2020年(令和二年)6月17日配信)です。
自衛隊警務官(28)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(28) 旅順口閉塞(へいそく)隊員の話
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(28)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(28 ) 旅順口閉塞(へいそく)隊員の話」―(2020年(令和二年)6月24日配信)です。
自衛隊警務官(29)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(29) 旅順口閉塞(へいそく)隊員の行方
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(29)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(29 ) 旅順口閉塞(へいそく)隊員の行方」―(2020年(令和二年)7月1日配信)です。
自衛隊警務官(30)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(30) 陸戦ではどうやって捕虜になるか(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(30)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(30 ) 陸戦ではどうやって捕虜になるか(1)」―(2020年(令和二年)7月8日配信)です。
自衛隊警務官(32)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(32) 日露戦争での捕虜の発生
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(32)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(32 ) 日露戦争での捕虜の発生」―(2020年(令和二年)7月22日配信)です。
自衛隊警務官(33)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(33) 森林太郎(鴎外)の貢献
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(33)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(33 ) 森林太郎(鴎外)の貢献」―(2020年(令和二年)7月29日配信)です。
自衛隊警務官(34)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(34) 赤十字社員・衛生部員の送還
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(34)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(34 ) 赤十字社員・衛生部員の送還」―(2020年(令和二年)8月5日配信)です。
自衛隊警務官(35)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(35) 宣誓解放とは何か?
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(35)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(35 ) 宣誓解放とは何か?」―(2020年(令和二年)8月12日配信)です。
自衛隊警務官(36)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(36) 宣誓解放について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(36─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(36 ) 宣誓解放について」―(2020年(令和二年)8月19日配信)です。
自衛隊警務官(37)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(37) 捕虜収容所での暮らし
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(37)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(37 ) 捕虜収容所での暮らし」―(2020年(令和二年)8月26日配信)です。
自衛隊警務官(38)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(38) 日本軍の捕虜はどう待遇されたか?
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(38)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(38 ) 捕虜収容所での暮らし」―(2020年(令和二年)9月2日配信)です。
自衛隊警務官(39)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(39) なんでもしゃべった日本兵捕虜
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(39)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(39 ) なんでもしゃべった日本兵捕虜」―(2020年(令和二年)9月9日配信)です。
自衛隊警務官(40)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(40) 情報を取る機関と日系人
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(40)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(40 ) 情報を取る機関と日系人」―(2020年(令和二年)9月16日配信)です。
自衛隊警務官(41)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(41) 日本語に堪能な語学将校たち
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(40)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(41 ) 日本語に堪能な語学将校たち」―(2020年(令和二年)9月23日配信)です。
自衛隊警務官(42)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(42) ジュネーブ条約と日本軍
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(42)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(42 ) ジュネーブ条約と日本軍」―(2020年(令和二年)9月30日配信)です。
自衛隊警務官(43)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(43) 都合の悪い隠された事実
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(43)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(43 ) 都合の悪い隠された事実」―(2020年(令和二年)10月7日配信)です。