自衛隊警務官(26)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(26) 夜襲成功!

荒木肇さんの最新刊

日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想

「きわめて人間臭い、戦場の実相の一部が目の当たりに浮かぶような気がしました」(元自衛官)
「兵器装備というのは、予想戦場、兵士の知的水準、兵站補給、技術工業水準、その他もろもろの要素が絡み合って開発される・・・といった常識がとてもよく理解できました」(経済人)
日本の技術者はどんな兵器を開発し、兵士たちはどんな訓練を受け、戦ったのか?
先人への感謝と日本現代史に熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。




サイト内検索は、こちらからどうぞ




お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

港内に突入

 

 午後10時55分、第1駆逐隊司令浅井大佐は、駆逐艦白雲の低い艦橋から北西に光を見た。港内の戦艦レトウィザン、巡洋艦パルラーダのサーチライトである。針路を確認し、コースをノース・バイ・ウェスト(北微西)にして6ノット(約11キロ)の微速で前進する。艦首が切り分ける白波と艦尾が流すウェーキ(艦尾波)の白さを目立させないためである。

 

 午後11時ころ、太平洋艦隊旗艦ペトロパウロフスク艦上での会議はようやく終わった。防御についてである。結論はアレクセーエフ総督の意見通り、夜間の防雷網の設置は翌日の夜から、巡洋艦の哨戒は翌々日(すなわち10日)から始めることになった。

 

 「これ以上の防御策は不要でしょう。おそらく戦争にはなるまいし」と、ウィトゲフト参謀長は締めくくった。いや、油断はできないとスタルク中将が述べると、
「今夜こそが襲撃の最適時なのに、日本艦隊はやって来ていません。このチャンスを逃すことこそ、彼らが無能である証拠です。戦争をする意思がないのでしょう」と語った。

 

 会議は終わった。スタルク中将は自室に戻り、ウィトゲフト少将と軍港司令官グリューヴェ少将は、それぞれの汽艇で岸壁を目指した。そんな頃である。

 

 午後11時10分、白雲のマストには「襲撃用意」の旗?信号(きりゅう・しんごう)が掲げられた。後続する朝潮、霞(かすみ)、暁(あかつき)のマストにも同じ信号旗がのぼっていった。

 

「敵情ヲ窺(うかが)ウニ、著(いちじる)シク警戒ノ模様無ク碇泊灯ヲ点ズ」

 

 泊地の中では、戦艦ポペーダ、巡洋艦ジアナも石炭搭載中であり、サーチライトを点けているといった無警戒ぶりだった。サーチライトも旋回し、ときに日本駆逐隊をとらえても、動いていないように見えては異状だとも感じなかったのだろうか。

 

「敵艦ハ重畳(ちょうじょう・おりかさなる様子)シテ好目標タルノミナラズ、艦首西向スルガ故ニ正シク其ノ艦側ヲ我ニ対セリ」

 

およそ600メートルに入りしを信じ

 

 午後11時11分、浅井司令は「取舵(とりかじ・左回頭)」を白雲駆逐艦長に命じた。取舵とは諸説あるが、日本古来の水軍用語である。「とぉりかぁぁじ」と発声し、北を子(ね)とする12方位制で見てゆく。すると右回頭は「ね(北)・うし・とら・う(東)」と数えて「卯の舵」である。この「うのかじ」が聞き取りにくく「おもかじ・面舵」になり、「酉(西)の舵」が「とりかじ・取舵」となったという説がある。

 

 後続の各艦も同じく左に回頭し、白雲は戦艦レトウィザンを目標にした。当時の測距儀では夜間の正確な距離は測りにくく、おそらく600メートル余りと考えて、午後11時33分に魚雷を発射した、と戦闘詳報に記入されている。

 

 前にも書いたように、当時の魚雷発射は後世のように圧搾空気ではない。黒色火薬で射ち出した。盛大な火焔と音響が特徴である。巡洋艦アスコリドのサーチライトが音と光に向けられた。白雲はその光に捉えられる。戦艦レトウィザンのライトも、数隻の駆逐艦を闇に浮かびあがらせた。

 

 レトウィザンの当直将校は、ただちに「ラッパ卒と鼓手、上甲板に!」と命令を出した。靴音とラッタルを駆け上がる響きが艦内にあふれたが、多くの乗員は敵の襲撃とは思わなかった。おそらく不時の検閲ではないかと受け止めたらしい。

 

 旗艦ツェザレウイッチの艦橋でも、前方の巡洋艦アスコリドのサーチライトで4隻の駆逐艦を視認した。舷灯を点けていないことに不審は感じたものの、はっきりと艦形を識別できず、日本駆逐艦とは受け止めなかった。

 

 白雲はさらに1発の魚雷を発射、朝潮もほぼ同時に2発を射出。2隻の駆逐艦はただちに左に転舵し、全速力で避退する。

 

 午後11時38分、戦艦ツェザレウイッチの左舷全部に命中。朝潮の発した2発目である。朝潮駆逐艦長の報告によると、敵戦艦の探照灯が激しく震動し、水柱と火焔が激しく立ち上ったという。

 

 レトウィザン、巡洋艦アストリド、戦艦ツェザレウイッチが発砲する。他の艦もサーチライトを一斉に灯して、警戒ラッパの音が海上に響き渡った。各艦はやみくもにサーチライトを振りまわした。おかげで砲手も艦橋も、味方のライトでめくらましを受けてしまった。砲撃はますます困難になった。

 

 混乱のさ中に、3番艦霞(かすみ)は巡洋艦アスコリドと同パルラーダに魚雷を発射。午後11時40分、残る暁(あかつき)も砲火を受けながら2本の魚雷を発射する。暁が魚雷を射出し避退する直後、ツェザレウイッチの左舷後部に命中を示す火柱と水の奔騰(ほんとう)が見られた。第1駆逐隊の襲撃はそれで終わった。

 

 ちょうどそのとき、第2駆逐隊の司令駆逐艦雷(いかずち)が突入してきた。第1駆逐隊の後を追ってきたものだ。雷は右回りで1000メートルの距離から魚雷2発を発射して避退した。

 

 午後11時42分、第3駆逐隊が戦場に着いた。第2駆逐隊の電(いなづま)、朧(おぼろ)と出会って、電を最後尾に、朧はさらに後方についていた。44分、先頭艦薄雲(うすぐも)、2番艦東雲(しののめ)は巡洋艦パルラーダと同ジアナに目標を定め、それぞれ2発の魚雷を射った。距離はいずれも1500メートルだったという。48分、パルラーダの左舷後部に魚雷が命中した。

 

 同時に薄雲と東雲の間から電が突撃する。ジアナに魚雷を発射、後方の戦艦レトウィザンにも1本を射った。

 

 ロシア側の記録はどうか、次回はそちらから見よう。

 

 

 

(以下次号)

 

 

(あらき・はじめ)

 

 

 

 

(令和二年(2020年)6月10日配信)

 



著者略歴

荒木 肇(あらき・はじめ)
1951年東京生まれ。横浜国立大学教育学部卒業、同大学院修士課程修了。 専攻は日本近代教育史。日露戦後の社会と教育改革、大正期の学校教育と陸海軍教育、主に陸軍と学校、社会との関係の研究を行なう。横浜市の小学校で勤務するかたわら、横浜市情報処理教育センター研究員、同小学校理科研究会役員、同研修センター委嘱役員等を歴任。1993年退職。生涯学習研究センター常任理事、聖ヶ丘教育福祉専門学校講師(教育原理)などをつとめる。1999年4月から川崎市立学校に勤務。2000年から横浜市主任児童委員にも委嘱される。2001年には陸上幕僚長感謝状を受ける。 年間を通して、自衛隊部隊、機関、学校などで講演、講話を行なっている。

著書に『教育改革Q&A(共著)』(パテント社)、『静かに語れ歴史教育』『日本人はどのようにして軍隊をつくったのか─安全保障と技術の近代史』(出窓社)、『現代(いま)がわかる−学習版現代用語の基礎知識(共著)』(自由国民社)、『自衛隊という学校』『続自衛隊という学校』『子どもに嫌われる先生』『指揮官は語る』『自衛隊就職ガイド』『学校で教えない自衛隊』『学校で教えない日本陸軍と自衛隊』『あなたの習った日本史はもう古い!─昭和と平成の教科書読み比べ』『東日本大震災と自衛隊─自衛隊は、なぜ頑張れたか?』『脚気と軍隊『日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想』(並木書房)がある。


【防人の道NEXT】国民の理解が自衛隊を支える−荒木肇氏に聞く[桜H29/6/28]





サイト内検索は、こちらからどうぞ




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

自衛隊警務官(1)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(1)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(1)」―(2019年(令和元年)12月11日配信)です。
自衛隊警務官(2)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(2) 勅令憲兵と軍令憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(2)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(2) 勅令憲兵と軍令憲兵」―(2019年(令和元年)12月18日配信)です。
自衛隊警務官(3)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(3) 遅れた憲兵の登場
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(3)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(3) 遅れた憲兵の登場」―(2019年(令和元年)12月25日配信)です。
自衛隊警務官(4)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(4) ポリスと近衛兵の対立
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(4)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(4) ポリスと近衛兵の対立」―(2020年(令和二年)1月8日配信)です。
自衛隊警務官(5)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(5) 近衛兵について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(5)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(5) 近衛兵について」―(2020年(令和二年)1月15日配信)です。
自衛隊警務官(6)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(6) 徴兵制と近衛兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(6)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(6) 徴兵制と近衛兵」―(2020年(令和二年)1月22日配信)です。
自衛隊警務官(7)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(7) 近衛兵の離職と川路(かわじ)大警視
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(7)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(7) 近衛兵の離職と川路(かわじ)大警視」―(2020年(令和二年)1月29日配信)です。
自衛隊警務官(8)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(8) 西南戦争と戦後の跡始末
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(8)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(8) 西南戦争と戦後の跡始末」―(2020年(令和二年)2月5日配信)です。
自衛隊警務官(9)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(9) 憲兵ついに創設される
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(9)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(9) 憲兵ついに創設される」―(2020年(令和二年)2月12日配信)です。
自衛隊警務官(10)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(10) 軍紀について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(10)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(10) 軍紀について」―(2020年(令和二年)2月19日配信)です。
自衛隊警務官(11)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(11) 憲兵の服制について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(11)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(11) 憲兵の服制について」―(2020年(令和二年)2月26日配信)です。
自衛隊警務官(12)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(12) カーキ色と憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(12)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(12) カーキ色と憲兵」―(2020年(令和二年)3月4日配信)です。
自衛隊警務官(13)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(13) 俘虜(捕虜)となる資格
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(13)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(13) 俘虜(捕虜)となる資格」―(2020年(令和二年)3月11日配信)です。
自衛隊警務官(14)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(14) 交戦資格というもの
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(14)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(14) 交戦資格というもの」―(2020年(令和二年)3月18日配信)です。
自衛隊警務官(15)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(15) 日清戦争と憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(15)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(15) 交戦資格というもの」―(2020年(令和二年)3月25日配信)です。
自衛隊警務官(16)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(16) 戦場の憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(16)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(16) 戦場の憲兵」―(2020年(令和二年)4月1日配信)です。
自衛隊警務官(17)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(17) 日露戦争の憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(17)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(17) 日露戦争の憲兵」―(2020年(令和二年)4月8日配信)です。
自衛隊警務官(18)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(18) 日露戦争の憲兵(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(18)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(18) 日露戦争の憲兵(2)」―(2020年(令和二年)4月15日配信)です。
自衛隊警務官(19)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(19) 日露戦争の国際人道法
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(19)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(19) 日露戦争の国際人道法」―(2020年(令和二年)4月22日配信)です。
自衛隊警務官(20)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(20) 宣戦布告について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(20)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(20) 宣戦布告について」―(2020年(令和二年)4月29日配信)です。
自衛隊警務官(21)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(21) 開戦通告とは
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(21)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(21) 開戦通告とは」―(2020年(令和二年)5月6日配信)です。
自衛隊警務官(22)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(22) 国際法上の非難はなきや
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(22)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(22) 国際法上の非難はなきや」―(2020年(令和二年)5月13日配信)です。
自衛隊警務官(23)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(23) 戦闘開始、打方始め!
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(23)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(23 ) 戦闘開始、打方始め!」―(2020年(令和二年)5月20日配信)です。
自衛隊警務官(24)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(24) 仁川港内の戦闘
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(24)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(24 ) 仁川港内の戦闘」―(2020年(令和二年)5月27日配信)です。
自衛隊警務官(25)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(25) 旅順港内への夜襲
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(25)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(25 ) 旅順港内への夜襲」―(2020年(令和二年)6月3日配信)です。
自衛隊警務官(27)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(27) 夜襲の後に──駆逐艦乗りの気風
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(27)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(27 ) 夜襲成功!」―(2020年(令和二年)6月17日配信)です。
自衛隊警務官(28)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(28) 旅順口閉塞(へいそく)隊員の話
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(28)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(28 ) 旅順口閉塞(へいそく)隊員の話」―(2020年(令和二年)6月24日配信)です。