自衛隊警務官(14)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(14) 交戦資格というもの

荒木肇さんの最新刊

日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想

「きわめて人間臭い、戦場の実相の一部が目の当たりに浮かぶような気がしました」(元自衛官)
「兵器装備というのは、予想戦場、兵士の知的水準、兵站補給、技術工業水準、その他もろもろの要素が絡み合って開発される・・・といった常識がとてもよく理解できました」(経済人)
日本の技術者はどんな兵器を開発し、兵士たちはどんな訓練を受け、戦ったのか?
先人への感謝と日本現代史に熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。




サイト内検索は、こちらからどうぞ




お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

ご挨拶

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

陸軍憲兵から自衛隊警務官に(14)

 

交戦資格というもの

 

荒木 肇

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

□お礼とご挨拶

 

 コロナウィルス感染については、まだ先行きが不透明だらけです。ここで、いつもご愛読をいただいているK・M様から貴重なアドバイスをいただきました。紙面の都合で全文をご紹介できませんが、マスク着用による防護力の向上についての説得力あるものです。

 

 飛沫感染、また空気感染も含めて、コロナウィルスに対しての防衛手段としてマスクが有効であるというものです。また、外出時などで浴びる埃(ほこり)の中に存在するウィルスについても目からうろこが落ちる内容でした。髪の間に残る埃がウィルスの住みかになること、シャワーを浴び、髪を清潔に保つことなどなど、権威ある医師の方の論をご紹介いただきました。ありがとうございます。

 

 わたしも人ごみや密閉空間を避け、消毒用の手洗いをし、マスク着用を行なっています。地域によってはマスクの入手も困難という状況もありましょうが、ぜひ、免疫力も高めながらこの危機を乗り越えましょう。

 

交戦資格とは何か?

 

 戦場にはさまざまな人がいる。そこに住み、暮らす土地の民間人も、戦闘の担い手である複数の軍隊がいる。また、直接に戦火を交える者ではないが、各国軍隊に属する者もいた。この中で、「敵」と戦ってよい資格を持つ者はどれだろうか。というのは捕らわれた後に、捕虜として権利が認められるのは正規の交戦資格をもつ者だけだからだ。

 

 まず、19世紀のブラッセル宣言(1874年)では、交戦資格を4つしか認めていない。いわゆる「民兵」や「義勇兵団」に属する者も次の条件を満たせば捕虜になることができた。民兵とは民間人で編成された者で、いわゆる常備兵ではない者をいう。同じように、非常の際に民間人が自由意思で軍事行動などに加わるために編成した団体を義勇兵団という。

 

 正規の交戦資格をもつ者は、これから説明する4つの条件を満たしていなければならない。

 

部下のために責任を負う者が指揮していること。
指揮者の掌握下にあることが条件の1つである。要するに武装した「烏合の衆」では、正規の軍隊とは認められず、ただの不審者、暴徒と見做されることもあった。行動の結果起きたことのすべては、指揮官の責任になる。

 

遠方から認識できる固着の特殊な徽章をもっていること。
制服の着用がうるさく言われるのはここからである。また、どこの軍隊でも国家紋章や、独特のシンボルを徽章としている。固着というのは、取り外しが自由にできて、その結果、出したり隠したりすることを禁止する為である。

 

公然と武器を携行すること。
武器を隠して接近し、突然攻撃を加えてくる者は犯罪者である。これがわが国でも過去の対中国との戦争ではしばしば問題となった。民間人の衣服を着て行動する「便衣兵(べんいへい)」の存在である。日中両軍とも、これを使ったが、民間衣服の下には正規の軍衣を着て、戦闘時には交戦資格がある者として行動することになっていたが、しばしば徹底せず問題になった。

 

行動が戦闘法規、慣例を遵守すること。
現在でも各国ごとに「交戦規定(ROE)」を作り、軍隊にはこれを守らせるのが普通だが、当時でも敵の病院などの攻撃はしない、傷病兵やその看護者には危害を加えず保護するといった慣例はあった。

 

 以上の4つをすべて満たしていれば正規の交戦資格をもつ者とされ、たとえ敵軍に捕まり、あるいは投降しても「戦時捕虜」として安全を保障される資格になった。

 

 遠い昔のことだが、自衛隊をめぐる裁判が行なわれた。「自衛隊は違憲である」という判決を下した判事がいた。その裁判官は「軍隊を持たなくとも、不法な侵害、支配に対しては群民蜂起という抵抗手段がある」と語った。当時の共産党やその支持者、進歩的な知識人たちは喝采して判決をもてはやしたが、群民というのは軍隊とは異なる。

 

ただの民間人の集合であり、それが武装していたら「暴徒」でしかない。蜂起というのはただの暴動である。群民が「軍隊の構成員」として認められるためには、戦争法規を遵守しなくてはならない。その戦争法規を、「戦争を放棄した」憲法をもつ日本人がどのように守るのか。この判事の判断には、後に述べる1947年の条約改正と関係があるだろう。

 

ただの武装した暴徒は、国際人道法によって守られる存在ではない。侵攻してきた軍隊にとっては、犯罪者であり、捕虜にしても保護する義務もない。捕まったら人権を主張する権利も自由もなかったのだ。

 

第2次大戦中には、占領軍に対して果敢に抵抗する民間人がいた。いわゆるパルチザンや、フランスのレジスタンス、抗日ゲリラの構成員である。彼らは制服を着ず、徽章もつけず、武器を公然と携帯しないで戦うことが多かった。それが捕らわれて銃殺されるのも、仕方もないことだった。

 

第2次世界大戦の経験から追加された資格

 

 1949(昭和24)年には、「捕虜の待遇に関するジュネーブ条約」が結ばれた。以下の条件を満たす者が「敵の権力内に陥った者」を捕虜と認めることになった。

 

(1)軍隊の構成員、その軍隊の一部である民兵隊や義勇隊のメンバー
(2)抑留国が承認していない政府または当局に忠誠を誓った正規の軍隊の構成員
(3)公然と武器を携行し、戦争法規を遵守する群民兵(敵の接近に伴い自発的に武器を執った未編成の人々)
(4)従軍する文民たる軍用機の乗員、記者、需品供給者、労務隊員、軍隊の福利機関のスタッフ
(5)紛争当事国の商船の乗組員、民間航空機の乗員で他の法規によってそれ以上の好遇が受けられない者

 

 

 (2)は第2次大戦後多発した「内戦」の結果である。政府軍対反政府軍などが代表例である。ゲリラ戦争ともいわれたそれらでは、互いに捕虜にするかしないかと論議される事件が多く起きた。

 

1977(昭和52)年の補完「議定書」

 

 国家間の紛争に適用されるばかりではなく、いわゆる国内の「解放闘争」にも適用されることになった。反政府を掲げる武装闘争者も「内乱罪」などで逮捕・起訴されることなく、交戦権をもつ者、つまり捕虜になることができるようになったのである。言うまでもなく、捕虜になる以前の「戦闘行為」は罰せられることはない。

 

 今日では、スパイ(間諜)、傭兵(ようへい)は捕まっても捕虜の資格は得られない。スパイはたとえ、それが正規の軍隊の構成員でも、スパイ活動に従事していれば捕虜になれない。また、金銭などの契約で戦闘行為を行なう傭兵も犯罪者として扱われることになった。それまでは、義勇兵に類する者とみられてきた傭兵に対しての扱いが大きく変わった。

 

日清戦争での捕虜

 

 「ブラッセル宣言」はわが国にももたらされた。それは陸軍大学校教官だった有賀長雄(ありが・ながお)の功績である。この傑物については、『「日露陸戦国際法論」を読み解く』(佐藤庫八・並木書房・2016年)について詳しい。

 

 有賀法学博士・文学博士は、1860(万延元)年に大坂で生まれた。1882(明治15)年に東京帝国大学文科大学(後の文学部)哲学科を卒業。84年に元老院書記官となり、86年には自費でベルリン大学、オーストリア大学に留学する。

 

帰国して89年に東京専門学校(後、早稲田大学)教授となり、翌年には陸軍大学校国際法教授、日清戦争後の96年には海軍大学校でも国際法の教授となった。1909(明治42)年、母校の東京帝国大学文科大学社会学科講師を務め、1913(大正2)年には、清国の袁世凱(えん・せいがい)に招かれ、大総統法律顧問として清国憲法制定に寄与した。1921(大正10)年に死去。

 

 佐藤氏はさらに有賀博士の業績を詳しく記している。著作は多いが、「社会学」(1882年)、「国家学」(1889年)、また戦時国際法関連については、「戦時国際公法」、「万国戦時公法」、「日清戦役国際公法」などがある。

 

日清戦争(1894〜5年)は、わが国が西欧文明国家と伍して行動することができることを証明する戦争だった。明治大帝はその宣戦の詔勅で、『苟(いやしく)モ国際法ニ戻(もと)ラサル限リ、各々(おのおの)権能ニ応ジテ一切ノ手段ヲ尽クスニ於テ・・・』とうたわれたように、国際公法を守るというのがたいへん重視されたのである。

 

有賀博士は大山巌第2軍司令部に同行した。また意外に思う人がいるだろうが、第1軍参謀長の桂太郎中将はドイツ留学時に国際法について、よく学んできたという評価があった。

 

海軍は橋作衛(たかはし・さくえ、1867〜1920年)が従軍した。信州高遠藩の儒者の子に生まれ、1894(明治27)年、東京帝大法科大学卒、ただちに恩師穂積重遠(ほづみ・しげとお)の推薦で海軍大学校教授となり、国際法顧問として旗艦「松島」に乗り組んだ。

 

有名な威海衛(いかいえい)軍港での、清国海軍水師提督丁汝昌(てい・じょしょう)への情義を尽くした降伏勧告文を作成したといわれる。

 

次回は日清戦争での捕虜問題について語ろう。

 

 

 

 

 

 

 

(以下次号)

 

 

(あらき・はじめ)

 

 

 

 

(令和二年(2020年)3月18日配信)

 



著者略歴

荒木 肇(あらき・はじめ)
1951年東京生まれ。横浜国立大学教育学部卒業、同大学院修士課程修了。 専攻は日本近代教育史。日露戦後の社会と教育改革、大正期の学校教育と陸海軍教育、主に陸軍と学校、社会との関係の研究を行なう。横浜市の小学校で勤務するかたわら、横浜市情報処理教育センター研究員、同小学校理科研究会役員、同研修センター委嘱役員等を歴任。1993年退職。生涯学習研究センター常任理事、聖ヶ丘教育福祉専門学校講師(教育原理)などをつとめる。1999年4月から川崎市立学校に勤務。2000年から横浜市主任児童委員にも委嘱される。2001年には陸上幕僚長感謝状を受ける。 年間を通して、自衛隊部隊、機関、学校などで講演、講話を行なっている。

著書に『教育改革Q&A(共著)』(パテント社)、『静かに語れ歴史教育』『日本人はどのようにして軍隊をつくったのか─安全保障と技術の近代史』(出窓社)、『現代(いま)がわかる−学習版現代用語の基礎知識(共著)』(自由国民社)、『自衛隊という学校』『続自衛隊という学校』『子どもに嫌われる先生』『指揮官は語る』『自衛隊就職ガイド』『学校で教えない自衛隊』『学校で教えない日本陸軍と自衛隊』『あなたの習った日本史はもう古い!─昭和と平成の教科書読み比べ』『東日本大震災と自衛隊─自衛隊は、なぜ頑張れたか?』『脚気と軍隊『日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想』『自衛隊警務隊逮捕術(近刊)』((並木書房)がある。


【防人の道NEXT】国民の理解が自衛隊を支える−荒木肇氏に聞く[桜H29/6/28]





サイト内検索は、こちらからどうぞ




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

自衛隊警務官(1)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(1)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(1)」―(2019年(令和元年)12月11日配信)です。
自衛隊警務官(2)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(2) 勅令憲兵と軍令憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(2)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(2) 勅令憲兵と軍令憲兵」―(2019年(令和元年)12月18日配信)です。
自衛隊警務官(3)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(3) 遅れた憲兵の登場
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(3)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(3) 遅れた憲兵の登場」―(2019年(令和元年)12月25日配信)です。
自衛隊警務官(4)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(4) ポリスと近衛兵の対立
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(4)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(4) ポリスと近衛兵の対立」―(2020年(令和二年)1月8日配信)です。
自衛隊警務官(5)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(5) 近衛兵について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(5)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(5) 近衛兵について」―(2020年(令和二年)1月15日配信)です。
自衛隊警務官(6)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(6) 徴兵制と近衛兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(6)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(6) 徴兵制と近衛兵」―(2020年(令和二年)1月22日配信)です。
自衛隊警務官(7)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(7) 近衛兵の離職と川路(かわじ)大警視
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(7)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(7) 近衛兵の離職と川路(かわじ)大警視」―(2020年(令和二年)1月29日配信)です。
自衛隊警務官(8)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(8) 西南戦争と戦後の跡始末
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(8)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(8) 西南戦争と戦後の跡始末」―(2020年(令和二年)2月5日配信)です。
自衛隊警務官(9)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(9) 憲兵ついに創設される
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(9)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(9) 憲兵ついに創設される」―(2020年(令和二年)2月12日配信)です。
自衛隊警務官(10)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(10) 軍紀について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(10)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(10) 軍紀について」―(2020年(令和二年)2月19日配信)です。
自衛隊警務官(11)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(11) 憲兵の服制について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(11)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(11) 憲兵の服制について」―(2020年(令和二年)2月26日配信)です。
自衛隊警務官(12)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(12) カーキ色と憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(12)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(12) カーキ色と憲兵」―(2020年(令和二年)3月4日配信)です。
自衛隊警務官(13)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(13) 俘虜(捕虜)となる資格
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(13)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(13) 俘虜(捕虜)となる資格」―(2020年(令和二年)3月11日配信)です。
自衛隊警務官(15)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(15) 日清戦争と憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(15)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(15) 交戦資格というもの」―(2020年(令和二年)3月25日配信)です。
自衛隊警務官(16)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(16) 戦場の憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(16)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(16) 戦場の憲兵」―(2020年(令和二年)4月1日配信)です。
自衛隊警務官(17)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(17) 日露戦争の憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(17)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(17) 日露戦争の憲兵」―(2020年(令和二年)4月8日配信)です。
自衛隊警務官(18)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(18) 日露戦争の憲兵(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(18)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(18) 日露戦争の憲兵(2)」―(2020年(令和二年)4月15日配信)です。
自衛隊警務官(19)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(19) 日露戦争の国際人道法
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(19)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(19) 日露戦争の国際人道法」―(2020年(令和二年)4月22日配信)です。
自衛隊警務官(20)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(20) 宣戦布告について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(20)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(20) 宣戦布告について」―(2020年(令和二年)4月29日配信)です。
自衛隊警務官(21)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(21) 開戦通告とは
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(21)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(21) 開戦通告とは」―(2020年(令和二年)5月6日配信)です。
自衛隊警務官(22)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(22) 国際法上の非難はなきや
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(22)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(22) 国際法上の非難はなきや」―(2020年(令和二年)5月13日配信)です。
自衛隊警務官(23)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(23) 戦闘開始、打方始め!
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(23)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(23 ) 戦闘開始、打方始め!」―(2020年(令和二年)5月20日配信)です。
自衛隊警務官(24)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(24) 仁川港内の戦闘
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(24)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(24 ) 仁川港内の戦闘」―(2020年(令和二年)5月27日配信)です。
自衛隊警務官(25)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(25) 旅順港内への夜襲
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(25)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(25 ) 旅順港内への夜襲」―(2020年(令和二年)6月3日配信)です。
自衛隊警務官(26)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(26) 夜襲成功!
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(26)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(26 ) 夜襲成功!」―(2020年(令和二年)6月10日配信)です。
自衛隊警務官(27)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(27) 夜襲の後に──駆逐艦乗りの気風
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(27)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(27 ) 夜襲成功!」―(2020年(令和二年)6月17日配信)です。
自衛隊警務官(28)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(28) 旅順口閉塞(へいそく)隊員の話
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(28)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(28 ) 旅順口閉塞(へいそく)隊員の話」―(2020年(令和二年)6月24日配信)です。
自衛隊警務官(29)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(29) 旅順口閉塞(へいそく)隊員の行方
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(29)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(29 ) 旅順口閉塞(へいそく)隊員の行方」―(2020年(令和二年)7月1日配信)です。
自衛隊警務官(30)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(30) 陸戦ではどうやって捕虜になるか(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(30)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(30 ) 陸戦ではどうやって捕虜になるか(1)」―(2020年(令和二年)7月8日配信)です。
自衛隊警務官(31)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(31) 陸戦ではどうやって捕虜になるか(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(31)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(31 ) 陸戦ではどうやって捕虜になるか(2)」―(2020年(令和二年)7月15日配信)です。
自衛隊警務官(32)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(32) 日露戦争での捕虜の発生
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(32)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(32 ) 日露戦争での捕虜の発生」―(2020年(令和二年)7月22日配信)です。
自衛隊警務官(33)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(33) 森林太郎(鴎外)の貢献
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(33)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(33 ) 森林太郎(鴎外)の貢献」―(2020年(令和二年)7月29日配信)です。
自衛隊警務官(34)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(34) 赤十字社員・衛生部員の送還
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(34)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(34 ) 赤十字社員・衛生部員の送還」―(2020年(令和二年)8月5日配信)です。
自衛隊警務官(35)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(35) 宣誓解放とは何か?
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(35)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(35 ) 宣誓解放とは何か?」―(2020年(令和二年)8月12日配信)です。
自衛隊警務官(36)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(36) 宣誓解放について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(36─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(36 ) 宣誓解放について」―(2020年(令和二年)8月19日配信)です。
自衛隊警務官(37)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(37) 捕虜収容所での暮らし
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(37)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(37 ) 捕虜収容所での暮らし」―(2020年(令和二年)8月26日配信)です。
自衛隊警務官(38)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(38) 日本軍の捕虜はどう待遇されたか?
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(38)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(38 ) 捕虜収容所での暮らし」―(2020年(令和二年)9月2日配信)です。
自衛隊警務官(39)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(39) なんでもしゃべった日本兵捕虜
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(39)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(39 ) なんでもしゃべった日本兵捕虜」―(2020年(令和二年)9月9日配信)です。
自衛隊警務官(40)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(40) 情報を取る機関と日系人
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(40)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(40 ) 情報を取る機関と日系人」―(2020年(令和二年)9月16日配信)です。