自衛隊警務官(27)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(27) 夜襲の後に──駆逐艦乗りの気風

荒木肇さんの最新刊

日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想

「きわめて人間臭い、戦場の実相の一部が目の当たりに浮かぶような気がしました」(元自衛官)
「兵器装備というのは、予想戦場、兵士の知的水準、兵站補給、技術工業水準、その他もろもろの要素が絡み合って開発される・・・といった常識がとてもよく理解できました」(経済人)
日本の技術者はどんな兵器を開発し、兵士たちはどんな訓練を受け、戦ったのか?
先人への感謝と日本現代史に熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。




サイト内検索は、こちらからどうぞ




お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

ご挨拶

 

 緊急事態宣言も解除、そして東京アラートもなくなりました。やはり歓楽街では、密着した接客をするところで感染が始まります。油断だけはしたくないですね。

 

 皆さまもいかがお過ごしでしょうか。わたしはまた、学校現場に応援に出ています。そこでは午前と午後の2部授業にして、半数ずつの子供さんが授業を受けるような仕組みです。今週からはいよいよ、全員そろっての昼までの学校生活。

 

 たいへんだったろうなとつくづく心配するのは、身近な給食関係者です。食材を納入し、調理し、配分し、回収した食器類を洗い、消毒作業をします。ほとんどの学校は、民間委託になりました。正社員が1人か2人、あとの4〜5人はパートの女性たちです。4月から始まる学校給食は、ほとんどが7月まで再開されないでしょう。

 

ニュースを見ると、女性の非正規雇用者は29万人も増えたとか。その中にはシングルマザーや30〜40歳の独身女性が多いそうです。厳しい話が聞かれます。どうか、助け合っていける社会の仕組みをもっと考えていきたいものです。

 

 

旅順港は大騒ぎになった

 

 旅順港の中の錨地には、東から数えて6列に軍艦が碇泊していた。襲撃を受けて反応したのは、7隻、3列目までの艦にしか過ぎなかった。第1列目のツェザレウィッチ、アスコリド、2列目のパルラーダ、ボベータ、3列目のレトウィザン、ジアナ、アンガラというのがその艦名である。

 

 旗艦ペトロパウロフスクと戦艦ペレスウェートは第5列目にあり、襲撃についてよく理解していなかった。ペレスウェートに坐乗する艦隊副司令長官ウフトムスキー少将は、「ふつう月曜日に行なう夜間演習だ」と周囲に説明したほどである。不思議なことにレトウィザンに魚雷が命中し浸水、艦は傾いたとの報告を受けても、微笑で報いたということだ。

 

 幕僚たちはどうかというと、駆逐艦隊による水雷夜襲の演習など計画されていないことは承知していた。しかし被害が艦隊の一部にしか集中していなかったことから緊急演習と判断してしまった。

 

 司令長官スタルク中将はどうしていたか。レトウィザンの被雷の轟音が聞こえ、それ以後の砲声を聞き、報告を聞いても、日本駆逐艦隊の襲撃とは受け止めなかった。

 

 9日午前0時である。駆逐艦電(いなづま)の攻撃が終わった。どうも最高指揮官のスタルク中将は0時25分のレトウィザンから被雷の報告を受けるまで、まともな判断をしていなかった。0時30分、第3駆逐隊の漣(さざなみ)が現われて、レトウィザンにさらに魚雷2本を射った。

 

 午前0時50分には第2駆逐隊朧(おぼろ)も戦艦ツェザレウィッチに魚雷2発を発射、南東方向の闇に消えていった。これで駆逐隊は全部、任務を果たし、魚雷攻撃を行なったのである。20発を射ち、あたったのは3発。たった15%の命中率にしか過ぎなかった。

 

 けれども、ロシア側が撃ち出した砲弾は805発、1発の命中弾もなかった。ロシアの被害は戦艦2隻が中破、巡洋艦1隻が小破というものと比べれば立派なものかもしれない。

 

敵は静的(せいてき)、幅広く展開

 

『海軍第9巻』(1981年、誠文図書)に大山鷹之介海軍少将の回顧談がある。大山少将は当時、第3駆逐隊司令駆逐艦長だった。土屋大佐が坐乗する駆逐艦薄雲の艦長である。

 

 証言は海上での進撃の混乱と闇夜での敵哨艦との出会いから始まる。うまくかわして、突撃に移った。

 

「第1第2駆逐隊はもうそこにはおらず、最初の襲撃の約束通りにできないから、第3駆逐隊は単独襲撃を実行することになり、探照灯の光を浴びつつ弾雨を冒して進み、有効距離の範囲よりもなお進んで、隊全部が水雷を発射したのであります(現代語の表記に直した、以下同じ)」

 

 発射はしたとは言うが、命中したとは言えないと大山艦長はいう。おそらく艦隊訓練の後だから舷側に防雷網(トルピード・ネットと書いてある)は張っていないだろう。だから魚雷にネット・カッターは着けなかったという。しかも「長距離水雷」に調整した。なぜなら敵は動いていない、静的(せいてき)である。しかも、幅広く展開して泊っているから、低速力で、その代わり航走距離の長い長距離用の設定にしたのだった。

 

あたったか、あたらなかったかは分からない

 

 旗艦三笠からの招致命令である。すぐに駆逐隊司令3人と10人の駆逐艦長たちはそれぞれの端艇(カッター)で旗艦に向かった。集められたのは艦尾の長官室である。そこでは東郷平八郎司令長官から「成績はどうだったか」と尋ねられた。

 

 浅井司令(第1駆逐隊)は、「大分(だいぶん)成功しました。どうも大分あたったようです」と答えた。すると、第3駆逐隊の土屋司令は、「わたしに水雷があたったか、あたらなかったか、そういう事を聞かれるのは少し無理な注文であります」という。

 

 投げやりな言葉と受け止めたか、腹も立ったのだろうか。戦艦浅間艦長の八代(やしろ)大佐が口をはさんだ。

 

「あたったか、あたらなかったかということが、分からないということはないだろう」

 

 

水雷を射ったら逃げるのが仕事

 

「真っ暗な晩に、敵の照射を浴びつつ進んでいくのだから、自分がすでに発射したら後はもう空手(からて)になる。空腰(からこし・武装がないこと)になったのだから、その射ち出した水雷があたるか、あたらぬかということを見るだけの余裕はない」

 

 正直な意見だろう。実際、薄雲などの駆逐艦は常備排水量322トン、長さ63メートル余り、速力こそ30ノット(時速約55キロ)と優れているが、兵装など8センチ単装砲2門、6センチ単装砲4門という「豆鉄炮」しかもっていない。より小さい水雷艇を駆逐する小艦である。大型艦に見つかったら、ただでは済まないのだ。

 

「水雷を射ったら第2の役目に移ります。なるたけ早く速力を出して、ずっと逃げて差し支えない。その水雷が走って行って、どの艦の、どのあたりにあたって、爆発したかなどを見るような余裕はない。それをやっていたら犬死にのようなものだ」

 

と、ここまではよかったが、雄弁家で通っていた土屋大佐はさらに強盗のたとえを出した。

 

強盗にも弱い強いがある

 

「まあ、刃物をもった強盗のようなものだ。金を盗りたいと考えて他人の家に押し入る。刀を見せて家の主(あるじ)に金を出せと言う。主はふるえて金を出すから命は助けてくれという。それで強盗は金さえ取れれば目的を達したのだ。今度は自分の命が惜しくなるから、後をふり返る暇もなく、ずっと逃げてしまう。後になって被害者の家はどうだったかなんて、さっぱり分からない。それと同じだ」と言いつのった。

 

 

 すると、八代大佐は反論した。

 

「いや、そうはいかない。強盗にもいろいろある。金を出せと主に言う。主は恐ろしいから金を出す。強盗はそれを懐(ふところ)にいれて、腹が空いたから飯を食わせろという。主が飯はここにありますと食わせると、うん、酒も一つ出してもらおう、そうしてゆっくり酒を飲んだ挙句が、また来るよと挨拶して帰る強盗があるではないか。そうしてみると、強盗にも強い、弱いがある。この水雷の命中か、不命中かくらいは、ある程度分かるだろう」

 

 この問答には、さすがに東郷司令長官もちょっとお笑いになったと大山艦長は書き遺している。八代大佐が言いたかったことは、多少はそこに勇気というものがあるだろうということだろう。この実態はよい教訓になったと艦長はいう。失敗あればこその、次回の成功ということだろう。

 

 後世の我々は、こうした場の会議から、昔の海軍の自由な論議の気分と、短いドスをもって大型艦に突っ込んでゆく駆逐艦乗りの気風を垣間見ることができるだけだ。

 

 

 

(以下次号)

 

 

(あらき・はじめ)

 

 

 

 

(令和二年(2020年)6月17日配信)

 



著者略歴

荒木 肇(あらき・はじめ)
1951年東京生まれ。横浜国立大学教育学部卒業、同大学院修士課程修了。 専攻は日本近代教育史。日露戦後の社会と教育改革、大正期の学校教育と陸海軍教育、主に陸軍と学校、社会との関係の研究を行なう。横浜市の小学校で勤務するかたわら、横浜市情報処理教育センター研究員、同小学校理科研究会役員、同研修センター委嘱役員等を歴任。1993年退職。生涯学習研究センター常任理事、聖ヶ丘教育福祉専門学校講師(教育原理)などをつとめる。1999年4月から川崎市立学校に勤務。2000年から横浜市主任児童委員にも委嘱される。2001年には陸上幕僚長感謝状を受ける。 年間を通して、自衛隊部隊、機関、学校などで講演、講話を行なっている。

著書に『教育改革Q&A(共著)』(パテント社)、『静かに語れ歴史教育』『日本人はどのようにして軍隊をつくったのか─安全保障と技術の近代史』(出窓社)、『現代(いま)がわかる−学習版現代用語の基礎知識(共著)』(自由国民社)、『自衛隊という学校』『続自衛隊という学校』『子どもに嫌われる先生』『指揮官は語る』『自衛隊就職ガイド』『学校で教えない自衛隊』『学校で教えない日本陸軍と自衛隊』『あなたの習った日本史はもう古い!─昭和と平成の教科書読み比べ』『東日本大震災と自衛隊─自衛隊は、なぜ頑張れたか?』『脚気と軍隊『日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想』『自衛隊警務隊逮捕術(近刊)』((並木書房)がある。





サイト内検索は、こちらからどうぞ




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

自衛隊警務官(1)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(1)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(1)」―(2019年(令和元年)12月11日配信)です。
自衛隊警務官(2)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(2) 勅令憲兵と軍令憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(2)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(2) 勅令憲兵と軍令憲兵」―(2019年(令和元年)12月18日配信)です。
自衛隊警務官(3)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(3) 遅れた憲兵の登場
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(3)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(3) 遅れた憲兵の登場」―(2019年(令和元年)12月25日配信)です。
自衛隊警務官(4)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(4) ポリスと近衛兵の対立
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(4)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(4) ポリスと近衛兵の対立」―(2020年(令和二年)1月8日配信)です。
自衛隊警務官(5)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(5) 近衛兵について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(5)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(5) 近衛兵について」―(2020年(令和二年)1月15日配信)です。
自衛隊警務官(6)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(6) 徴兵制と近衛兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(6)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(6) 徴兵制と近衛兵」―(2020年(令和二年)1月22日配信)です。
自衛隊警務官(7)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(7) 近衛兵の離職と川路(かわじ)大警視
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(7)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(7) 近衛兵の離職と川路(かわじ)大警視」―(2020年(令和二年)1月29日配信)です。
自衛隊警務官(8)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(8) 西南戦争と戦後の跡始末
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(8)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(8) 西南戦争と戦後の跡始末」―(2020年(令和二年)2月5日配信)です。
自衛隊警務官(9)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(9) 憲兵ついに創設される
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(9)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(9) 憲兵ついに創設される」―(2020年(令和二年)2月12日配信)です。
自衛隊警務官(10)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(10) 軍紀について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(10)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(10) 軍紀について」―(2020年(令和二年)2月19日配信)です。
自衛隊警務官(11)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(11) 憲兵の服制について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(11)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(11) 憲兵の服制について」―(2020年(令和二年)2月26日配信)です。
自衛隊警務官(12)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(12) カーキ色と憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(12)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(12) カーキ色と憲兵」―(2020年(令和二年)3月4日配信)です。
自衛隊警務官(13)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(13) 俘虜(捕虜)となる資格
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(13)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(13) 俘虜(捕虜)となる資格」―(2020年(令和二年)3月11日配信)です。
自衛隊警務官(14)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(14) 交戦資格というもの
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(14)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(14) 交戦資格というもの」―(2020年(令和二年)3月18日配信)です。
自衛隊警務官(15)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(15) 日清戦争と憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(15)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(15) 交戦資格というもの」―(2020年(令和二年)3月25日配信)です。
自衛隊警務官(16)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(16) 戦場の憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(16)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(16) 戦場の憲兵」―(2020年(令和二年)4月1日配信)です。
自衛隊警務官(17)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(17) 日露戦争の憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(17)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(17) 日露戦争の憲兵」―(2020年(令和二年)4月8日配信)です。
自衛隊警務官(18)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(18) 日露戦争の憲兵(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(18)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(18) 日露戦争の憲兵(2)」―(2020年(令和二年)4月15日配信)です。
自衛隊警務官(19)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(19) 日露戦争の国際人道法
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(19)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(19) 日露戦争の国際人道法」―(2020年(令和二年)4月22日配信)です。
自衛隊警務官(20)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(20) 宣戦布告について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(20)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(20) 宣戦布告について」―(2020年(令和二年)4月29日配信)です。
自衛隊警務官(21)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(21) 開戦通告とは
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(21)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(21) 開戦通告とは」―(2020年(令和二年)5月6日配信)です。
自衛隊警務官(22)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(22) 国際法上の非難はなきや
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(22)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(22) 国際法上の非難はなきや」―(2020年(令和二年)5月13日配信)です。
自衛隊警務官(23)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(23) 戦闘開始、打方始め!
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(23)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(23 ) 戦闘開始、打方始め!」―(2020年(令和二年)5月20日配信)です。
自衛隊警務官(24)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(24) 仁川港内の戦闘
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(24)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(24 ) 仁川港内の戦闘」―(2020年(令和二年)5月27日配信)です。
自衛隊警務官(25)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(25) 旅順港内への夜襲
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(25)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(25 ) 旅順港内への夜襲」―(2020年(令和二年)6月3日配信)です。
自衛隊警務官(26)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(26) 夜襲成功!
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(26)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(26 ) 夜襲成功!」―(2020年(令和二年)6月10日配信)です。
自衛隊警務官(28)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(28) 旅順口閉塞(へいそく)隊員の話
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(28)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(28 ) 旅順口閉塞(へいそく)隊員の話」―(2020年(令和二年)6月24日配信)です。
自衛隊警務官(29)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(29) 旅順口閉塞(へいそく)隊員の行方
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(29)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(29 ) 旅順口閉塞(へいそく)隊員の行方」―(2020年(令和二年)7月1日配信)です。
自衛隊警務官(30)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(30) 陸戦ではどうやって捕虜になるか(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(30)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(30 ) 陸戦ではどうやって捕虜になるか(1)」―(2020年(令和二年)7月8日配信)です。
自衛隊警務官(31)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(31) 陸戦ではどうやって捕虜になるか(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(31)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(31 ) 陸戦ではどうやって捕虜になるか(2)」―(2020年(令和二年)7月15日配信)です。
自衛隊警務官(32)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(32) 日露戦争での捕虜の発生
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(32)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(32 ) 日露戦争での捕虜の発生」―(2020年(令和二年)7月22日配信)です。
自衛隊警務官(33)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(33) 森林太郎(鴎外)の貢献
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(33)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(33 ) 森林太郎(鴎外)の貢献」―(2020年(令和二年)7月29日配信)です。
自衛隊警務官(34)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(34) 赤十字社員・衛生部員の送還
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(34)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(34 ) 赤十字社員・衛生部員の送還」―(2020年(令和二年)8月5日配信)です。
自衛隊警務官(35)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(35) 宣誓解放とは何か?
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(35)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(35 ) 宣誓解放とは何か?」―(2020年(令和二年)8月12日配信)です。
自衛隊警務官(36)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(36) 宣誓解放について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(36─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(36 ) 宣誓解放について」―(2020年(令和二年)8月19日配信)です。
自衛隊警務官(37)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(37) 捕虜収容所での暮らし
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(37)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(37 ) 捕虜収容所での暮らし」―(2020年(令和二年)8月26日配信)です。
自衛隊警務官(38)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(38) 日本軍の捕虜はどう待遇されたか?
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(38)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(38 ) 捕虜収容所での暮らし」―(2020年(令和二年)9月2日配信)です。
自衛隊警務官(39)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(39) なんでもしゃべった日本兵捕虜
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(39)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(39 ) なんでもしゃべった日本兵捕虜」―(2020年(令和二年)9月9日配信)です。
自衛隊警務官(40)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(40) 情報を取る機関と日系人
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(40)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(40 ) 情報を取る機関と日系人」―(2020年(令和二年)9月16日配信)です。
自衛隊警務官(41)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(41) 日本語に堪能な語学将校たち
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(40)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(41 ) 日本語に堪能な語学将校たち」―(2020年(令和二年)9月23日配信)です。