自衛隊警務官(21)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(21) 開戦通告とは

荒木肇さんの最新刊

日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想

「きわめて人間臭い、戦場の実相の一部が目の当たりに浮かぶような気がしました」(元自衛官)
「兵器装備というのは、予想戦場、兵士の知的水準、兵站補給、技術工業水準、その他もろもろの要素が絡み合って開発される・・・といった常識がとてもよく理解できました」(経済人)
日本の技術者はどんな兵器を開発し、兵士たちはどんな訓練を受け、戦ったのか?
先人への感謝と日本現代史に熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。




サイト内検索は、こちらからどうぞ




お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

はじめに

 

 ちょっと驚いたのは小池都知事、大阪府知事をはじめ多くの知事さんがたが、突然、学校9月スタートを適当とすると発表したことです。たしかに5月末まで緊急事態宣言が継続されて、なお休校が続いたら未曾有の事態になります。学校の始まりが9月になってしまう、ならば「この機会」にグローバル・スタンダードの新学期、新学年を9月からにするのも一つの考えでしょう。

 

 しかし、小池さんはこう言うのです。「わたしは長い間の9月新学年論者でした。この機会に社会を変革する、社会改革にはちょうどいい」

 

 少し待ってください。世界標準とは耳当たりがいい言葉ですが、このコロナの封じ込めに懸命になっている現在、この「機会」とは不謹慎ではありませんか。

 

 読者の方々の中には、賛成の方もいらっしゃると思います。ならば伺いたい。9月始まりにすると、何がメリットなのか。まず、国や都道府県の会計年度に合わせての4月の始まりなのです。わが国の会計年度が4月から翌年の3月までになったのは1886(明治19)年からのことでした。

 

 このことはどうやら、米の換金についてのスケジュールからのようでした。10月に取り入れが終わり、集荷され、換金されて農家にお金が入るのが1月末頃。それから納入されて政府が見積もりを立てて4月から新しい会計年度にということだったらしいです。

 

 学校はそれまで地域の実情に合わせてばらつきがあったのが統一されたのは1892(明治25)年のことでした。130年近くもそれが続いて、それをちゃぶ台返しのように、準備の時間もない中で一気に変えようというのです。しかも「この機会」にという軽々しい発言でいいのでしょうか。

 

 子供の教育内容のことがあります。もちろん、学習指導要領はなかなか変えられないでしょう。しかし、各学校現場ではカリキュラムの編成があります。季節に合わせた教材の準備、並べ替え、教科書の差し替えまでも起こります。それから次年度の国庫からの教育費の配分・・・それが改革なのだ、そうしなければ世界から遅れるというのでしょうか。

 

 

佐世保出港

 

 陸軍部隊の韓国上陸、その地点は1904(明治37)年2月6日になっても決まらなかった。京城の外港である「仁川(じんせん)」には、ロシア巡洋艦ワリヤーグと砲艦コレーツが碇泊中だったからだ。東郷聯合艦隊司令長官は、陸軍部隊の安全を考え、南方の牙山(がざん)を選んだ。しかし、陸軍側はそれに納得しなかった。

 

牙山から京城までの行軍は4日間と考えられた。加えて、佐世保から牙山までの輸送日数は2日間だから、合わせて6日にもなる。仁川ならば上陸翌日にも京城に進出できる。そこで「多少ノ危険ヲ冒ストモ」仁川に上陸させてもらいたいと主張したのだ。

 

 そこで東郷は艦隊を2つに分けた。旅順には第1、第2、第3戦隊と5個駆逐隊、仮装水雷母艦2隻、給炭船1隻を向かわせた。仁川には、第4戦隊(旗艦浪速ほか3隻)と巡洋艦浅間(あさま)と2個水雷艇隊、陸兵の輸送船3隻だった。

 

 各艦船は、いったん7日午後3時に韓国南西岸のシングル島付近に集結する。できれば、8日夜に仁川に陸兵を揚陸したい、旅順への駆逐隊の夜襲も同日の夜半に予定されていた。

 

 6日午前9時、旗艦三笠に信号旗があがった。予定の順序に従って出港せよという意味である。各艦船は勇躍、一路戦場の海に出撃した。仁川に向かう艦隊の指揮官瓜生外吉少将は平戸島南端を過ぎるころ(午後6時ころ)、各艦に次のような信号を送った。

 

「今やまさに我が故国の山水を辞せんとするに当り、余は乗員一同の誠忠必ずよく邦家(ほうか=日本)の為に偉功(いこう)を達すべきを信じ、ここに一同の健康を祝す」(原文は旧漢字カタカナ)

 

国交断絶の公文

 

 では、その頃、東京では何が起きていたのか。2月6日午後4時ころ、小村寿太郎外務大臣はロシアのローゼン公使を招き、「国交断絶」の公文を手渡していた。公使ローゼンが戦後に明らかにしたところでは、ローゼンの「国交断絶は戦争を意味するのか」という問いに、小村は「いや、まだ戦争ではない」と答えたという。

 

 ローゼンの証言が正しいとは限らない。小村の言葉からは、「戦闘が起きていない」という事実を言うのか、「国交断絶と宣戦」の間の国際法的距離を指摘したのか、「油断」を誘うための曖昧な言葉か、読みとれないからだ。(『日露戦争』児島襄・1990年・文藝春秋)

 

 さて、国内の海軍の現場では何が起きていたか。ロシア船の捕獲である。聯合艦隊の発進命令が出されたことを山本海軍大臣は各鎮守府に伝えた。鎮守府とは横須賀、舞鶴、呉、佐世保にあった地域警備、軍政に関する官衙である。同時に海軍大臣は戦時編成の実施、敵艦船捕獲に関する「明治二十七年大本営制定規定」の適用を指示した。

 

 すると・・・、その日、佐世保鎮守府管内で事件は起こった。長崎港にノルウェー船1隻、ロシア船3隻が碇泊していた。そこに海防艦葛城(かつらぎ)がいたのである。6日の未明には、鮫島鎮守府司令長官名で、葛城に捕獲命令が下されたのだ。

 

 葛城の坂元艦長は、交戦状態が起きていないのに捕獲したら国際法違反になるのではと考え、「現に交戦中と認めてよいか」と鎮守府に問い合わせた。鮫島中将はすでに艦隊が移動中であること、「大海令第一号」の存在も知ることから、「抗戦中と認めてよろしい」と返電した。ただちに葛城は老朽帆船以外の3隻を捕獲し抑留する行動をとった。

 

 あわてたのは軍令部から午前9時にロシア汽船他を捕獲した報告を受けた海軍省である。奇襲効果を生かすために、できるだけ戦闘行為は秘匿すべき、それを破ってしまったのだ。できるだけ交戦状態になったことをロシアに知らせたくない。抑留を厳重にし、乗組員を監視して、情報がロシアに漏れないようにしなくてはならなかった。しかし、ロシア以外の中立国の電信は封鎖できない。長崎港内の異変は在地の各国領事はすぐに気付くだろう。

 

 さらに事件は起きた。第3艦隊第7戦隊から釜山(ふざん)沖合で、ロシア義勇艦隊所属の汽船、ロシア商船を各1隻ずつ拿捕(だほ)したと報告が入った。山本は直ちに、「速やかに解放せよ」と訓令電報を打った。さらに、「交戦行為が発生するまで、ロシア船の捕獲をしてはならないと片岡第3艦隊司令長官に指令した。

 

交戦状態とは

 

 現在でも、あるいは当時は、2月8日から9日の夜にロシア軍艦に日本艦隊が発砲し、戦争が始まったと思われている。しかし、当時の国際法の専門家は次のように考えていた。

 

 交戦状態とは、国交関係が断絶し、係争国の一方が戦争を起こす決心をし、反対の一方に向かって公然とその決心に基づき実行に着手したときから始まるというものだった。(前掲・「日露陸戦国際法論を読み解く」・佐藤庫八

 

 この説に従えば、日露戦争は帝国海軍聯合艦隊が、2月6日午前7時、佐世保軍港を出撃したときから始まる。

 

 次回は戦争状態に入った両国の動きについて紹介しよう。

 

 

 

 

 

(以下次号)

 

 

(あらき・はじめ)

 

 

 

 

(令和二年(2020年)5月6日配信)

 



著者略歴

荒木 肇(あらき・はじめ)
1951年東京生まれ。横浜国立大学教育学部卒業、同大学院修士課程修了。 専攻は日本近代教育史。日露戦後の社会と教育改革、大正期の学校教育と陸海軍教育、主に陸軍と学校、社会との関係の研究を行なう。横浜市の小学校で勤務するかたわら、横浜市情報処理教育センター研究員、同小学校理科研究会役員、同研修センター委嘱役員等を歴任。1993年退職。生涯学習研究センター常任理事、聖ヶ丘教育福祉専門学校講師(教育原理)などをつとめる。1999年4月から川崎市立学校に勤務。2000年から横浜市主任児童委員にも委嘱される。2001年には陸上幕僚長感謝状を受ける。 年間を通して、自衛隊部隊、機関、学校などで講演、講話を行なっている。

著書に『教育改革Q&A(共著)』(パテント社)、『静かに語れ歴史教育』『日本人はどのようにして軍隊をつくったのか─安全保障と技術の近代史』(出窓社)、『現代(いま)がわかる−学習版現代用語の基礎知識(共著)』(自由国民社)、『自衛隊という学校』『続自衛隊という学校』『子どもに嫌われる先生』『指揮官は語る』『自衛隊就職ガイド』『学校で教えない自衛隊』『学校で教えない日本陸軍と自衛隊』『あなたの習った日本史はもう古い!─昭和と平成の教科書読み比べ』『東日本大震災と自衛隊─自衛隊は、なぜ頑張れたか?』『脚気と軍隊『日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想』(並木書房)がある。


【防人の道NEXT】国民の理解が自衛隊を支える−荒木肇氏に聞く[桜H29/6/28]





サイト内検索は、こちらからどうぞ




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

自衛隊警務官(1)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(1)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(1)」―(2019年(令和元年)12月11日配信)です。
自衛隊警務官(2)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(2) 勅令憲兵と軍令憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(2)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(2) 勅令憲兵と軍令憲兵」―(2019年(令和元年)12月18日配信)です。
自衛隊警務官(3)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(3) 遅れた憲兵の登場
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(3)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(3) 遅れた憲兵の登場」―(2019年(令和元年)12月25日配信)です。
自衛隊警務官(4)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(4) ポリスと近衛兵の対立
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(4)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(4) ポリスと近衛兵の対立」―(2020年(令和二年)1月8日配信)です。
自衛隊警務官(5)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(5) 近衛兵について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(5)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(5) 近衛兵について」―(2020年(令和二年)1月15日配信)です。
自衛隊警務官(6)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(6) 徴兵制と近衛兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(6)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(6) 徴兵制と近衛兵」―(2020年(令和二年)1月22日配信)です。
自衛隊警務官(7)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(7) 近衛兵の離職と川路(かわじ)大警視
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(7)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(7) 近衛兵の離職と川路(かわじ)大警視」―(2020年(令和二年)1月29日配信)です。
自衛隊警務官(8)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(8) 西南戦争と戦後の跡始末
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(8)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(8) 西南戦争と戦後の跡始末」―(2020年(令和二年)2月5日配信)です。
自衛隊警務官(9)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(9) 憲兵ついに創設される
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(9)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(9) 憲兵ついに創設される」―(2020年(令和二年)2月12日配信)です。
自衛隊警務官(10)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(10) 軍紀について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(10)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(10) 軍紀について」―(2020年(令和二年)2月19日配信)です。
自衛隊警務官(11)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(11) 憲兵の服制について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(11)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(11) 憲兵の服制について」―(2020年(令和二年)2月26日配信)です。
自衛隊警務官(12)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(12) カーキ色と憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(12)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(12) カーキ色と憲兵」―(2020年(令和二年)3月4日配信)です。
自衛隊警務官(13)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(13) 俘虜(捕虜)となる資格
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(13)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(13) 俘虜(捕虜)となる資格」―(2020年(令和二年)3月11日配信)です。
自衛隊警務官(14)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(14) 交戦資格というもの
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(14)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(14) 交戦資格というもの」―(2020年(令和二年)3月18日配信)です。
自衛隊警務官(15)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(15) 日清戦争と憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(15)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(15) 交戦資格というもの」―(2020年(令和二年)3月25日配信)です。
自衛隊警務官(16)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(16) 戦場の憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(16)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(16) 戦場の憲兵」―(2020年(令和二年)4月1日配信)です。
自衛隊警務官(17)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(17) 日露戦争の憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(17)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(17) 日露戦争の憲兵」―(2020年(令和二年)4月8日配信)です。
自衛隊警務官(18)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(18) 日露戦争の憲兵(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(18)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(18) 日露戦争の憲兵(2)」―(2020年(令和二年)4月15日配信)です。
自衛隊警務官(19)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(19) 日露戦争の国際人道法
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(19)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(19) 日露戦争の国際人道法」―(2020年(令和二年)4月22日配信)です。
自衛隊警務官(20)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(20) 宣戦布告について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(20)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(20) 宣戦布告について」―(2020年(令和二年)4月29日配信)です。
自衛隊警務官(22)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(22) 国際法上の非難はなきや
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(22)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(22) 国際法上の非難はなきや」―(2020年(令和二年)5月13日配信)です。
自衛隊警務官(23)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(23) 戦闘開始、打方始め!
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(23)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(23 ) 戦闘開始、打方始め!」―(2020年(令和二年)5月20日配信)です。