自衛隊警務官(13)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(13) 俘虜(捕虜)となる資格

荒木肇さんの最新刊

日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想

「きわめて人間臭い、戦場の実相の一部が目の当たりに浮かぶような気がしました」(元自衛官)
「兵器装備というのは、予想戦場、兵士の知的水準、兵站補給、技術工業水準、その他もろもろの要素が絡み合って開発される・・・といった常識がとてもよく理解できました」(経済人)
日本の技術者はどんな兵器を開発し、兵士たちはどんな訓練を受け、戦ったのか?
先人への感謝と日本現代史に熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。




サイト内検索は、こちらからどうぞ




お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

ご挨拶

 

「姿の見えない敵」への備えはどうしたらいいのか。不急不要の外出は避けよとか、多くの人が集まる場所には近づかないようになどと言われています。しかし、外出しなくてはならない事情は誰にでもありましょう。公共交通機関を使わねばならない地域や人々も当然おられるわけです。

 

 そうした方々が、せめてもの自衛と考えてマスクをされています。しかし、専門家からすれば「予防」には何の効果もないようです。自分が風邪などに罹っているから、他人に害を及ぼさないようにエチケットとして着けている方が多いと思います。

 

テレビなどのマスコミではマスクを着けることを、さも愚かなことのように語る「識者」が多いようですが、多くの人の実感では違うのでしょう。むしろ、愚かな行為は、失礼ながら不特定多数の方々が狭い空間に集まるところに行くことです。大阪のライブハウスはそれでしょう。

 

いやそれは愚かではない、やむにやまれず行ったのだというのなら仕方もない。病気にかかることは法的な罪ではありません。しかし、愛知県の方の例のように自分が陽性であることを承知し、行政機関から自宅待機を要請されているのに、敢えて外出する人は反社会的行為を行なっていると言っていいでしょう。

 

それにつけても心配なのは、消費の落ち込みです。わたしですら3月中から4月にかけて多くの会食をする企画が中止、延期になりました。数えてみると10回ほどにもなります。それだけでわたしの財布は軽くなることを免れますが、本来、回っていた消費が止まっているのです。大きな自衛隊行事などでは千食単位のケータリングがキャンセルになり、いつもお世話になっている業者の方々のため息が聞こえるようです。

 

もっとも大切なのは、十分な睡眠と健全な食事などいう免疫力を高めることと、うがい、手洗いといった基本的な衛生行為だといいます。皆さま、お大事にお過ごしください。

 

はじめに

 

 不幸なことに戦争になれば、俘虜(ふりょ・捕虜と同じ)が出ます。負傷して戦闘能力を失い捕獲された者、自らの意思で投降した者は相手側の軍隊の管理下におかれます。その待遇や、国際的な決まりはどうだったのでしょうか。本稿は主に憲兵の歴史を扱いますが、その前に「国際人道法(戦時国際法)」について考えていきます。

 

捕虜になった文筆家

 

 やむを得ず武器を捨てて、抵抗の意思がないことを示して敵の手にわが身をゆだねる。あるいは負傷して、意識もないままに敵手に落ちる、こういったことは昔からあった。捕虜の体験記は、わが国にも多くあるが、『俘虜記』といったそのものずばりの文学作品がある。高名な評論家でもあった大岡昇平は戦争末期にフィリピンで、人事不省で戦場の路傍に倒れていたところをアメリカ兵に保護された。

 

 

 そこで大岡が書いていることが興味深かった。収容所では、アメリカ兵に「サレンダーしたのか」と聞かれ、大岡は「いやキャプチュアされたのだ」と胸を張ったという。サレンダーは自らの意思で武器を捨て、抵抗の意思がないことを明らかにして降伏したことである。これに対して、キャプチュアは不可抗力で「捕獲」されたことをいう。

 

大岡は確かに、自ら武器を捨て、白旗を掲げたのではない。自分は意識を失い、気が付いたら敵の手の中にあったと言いたかったのであろう。確かに召集中の補充兵とはいえ軍服を身に着け、武装し、いざとなれば戦うという意思はあったわけだ。だから大岡はきちんと「戦時国際法」に定められた捕虜としての待遇を受けて、米軍から治療を受け、収容所に送られた。75%が死んだというフィリピンで少数だった生還者になれた。

 

昔の捕虜は身代金で解放された

 

 戦争が多くあった欧州では、騎士の時代から捕虜や降伏といった話があった。このあたりはすでに古典的名著といえるだろう吹浦忠正氏の『捕虜の文明史』(1990年新潮選書)から多くを学ばせてもらおう。

 

 騎士の時代といえば欧州史では中世にあたる。欧州の封建社会はほぼ10世紀には完成し、その後の300年がもっとも華やかな時代といえるだろう。わが国では、譲位した上皇が政治権力をふるった「院政時代(11世紀初頭)」とほぼ重なる。

 

 欧州の中世の最盛期といえば、1096年からの十字軍であるなら、14、15世紀は中世の晩年にあたる。わが国では鎌倉幕府が滅び(1333年)、応仁の乱(1467年から)などが起きたのが15世紀である。

 

 

 この時代は、吹浦氏や鯖田豊之氏(『戦争と人間の風土』、『生きる権利と死ぬ権利』などの一連の戦争と国民の戦争観についての優れた研究がある)によれば、騎士たちの「名誉の問題」と経済的実利の希求が混在していたという。

 

 つまり、戦闘の結果、得た捕虜は身代金と交換できたのだ。もっとも、緊急の場合には殺してしまったということもあったが、捕虜は原則的に金を払えば自由になれた。戦争で捕虜を得れば、大儲けができたのだ。だから、百年戦争(1339〜1453年)の間、1415年のアザンクールの戦い後の出来事は大変だった。

 

 ブーイングを浴びたのは英国王ヘンリー5世である。フランスのアザンクールで、カレーに向かっていたフランス軍40000人が大敗した。6000人のヘンリー王の軍勢は湿地の奥に陣取り、森と森の間の平地に、先が尖った木の杭(くい)を多く植えこんでいた。騎馬で森林を越えるのは大変だった。

 

湿地をようやっとの思いで越えてきたフランスの騎士軍は、開けた地形に埋められた杭に行く手を阻まれた。前には進みにくい、後ろは状況が見えないから前へ、前へと押してゆく。そこを英軍の弓兵の猛射にさらされ、歩兵によって攻撃された。

 

 フランス将兵の戦死は多かったが、捕虜になった者もたいへんな数にのぼった。勝利に酔いしれていたとき、ヘンリー王はフランス軍が逆襲を計画中という報告を受けた。準備のためには捕虜は邪魔にしかならない。ヘンリーは捕虜を殺すことを部下たちに命じた。しかし、部下たちはそれに従おうとしなかった。みすみす大金を得るチャンスを失うのだ。

 

 しかたなく、ヘンリー王は直属の弓兵たちに命じて、捕虜をみな射殺してしまった。結局、逆襲は誤報であり、おかげで王は長い間、非難を浴びることになった。捕虜を殺すなどひどい、とか人道的ではないというような文句ではなかった。せっかくの身代金を得るチャンスをどうしてくれるという不満だったのである。

 

捕虜に人権はあったか?

 

 主に身代金目当てに優遇された捕虜だったが、トラブルも多く、殺された者たちもいた。それが少し様子を変えてくるのは18世紀後半になってからである。積極的に捕虜の人権を認める立場の主張が生まれてきた。エメルク・ドゥ・ヴァッテル(1714〜67年)は有名な国際法学者だったが、彼は1758年に「国際法」を発表した。そこでは、「敵が武器を捨て、降伏したら捕えた者はとたんに捕虜の生命に対して何の権利ももたない」とした。捕虜の安全は保たれて、そのために監禁されることはあり得るとも言った。逃亡を防ぐために足かせははめても、犯罪以外には過酷な罰を受けることはないともした。

 

 

 同じころ、ジャン・ジャック・ルソー(1712〜78年)は「社会契約論」の中で、戦時捕虜について次のように主張する。
「戦争は人と人との関係ではない。国家と国家の関係なのだ。個人は、人間としてではなく、市民としてでもなく、ただ兵士として偶然にも敵となるのだ。だから防衛者が武器を手にしている限り、これを殺す権利はある。しかし、武器を捨てて降伏したなら、敵であること、敵の道具であることをやめて、単なる人間にかえったのだから、誰もその生命を奪うことへできない」

 

 ヨーロッパ社会では、19世紀になるとこうした常識が通用するようになってきた。

 

総合的なハーグ陸戦法規

 

 1856年には戦時中立国について定めた「パリ宣言」が出された。クリミア戦争はイギリス、フランス、サルデーニャ(イタリアの一部)、オスマン帝国の4カ国連合とロシア帝国のあいだで戦われた。この終結についてパリで話し合いがあったときの合意である。

 

 

 1864年には「戦地軍隊傷病者ノ保護ニ関スルジュネーブ条約」、特定の武器等の制限を決めた68年の「セント・ペテルスブルグ宣言」、74年には「ブラッセル宣言」、80年には国際法学会が採択した「オクスフォード・マニュアル」などが作られた。

 

 1899(明治32)年には第1回ハーグ万国平和会議で、初めて総合的な戦争法規が成立した。そこでは、敵に不必要な苦痛を与えるダムダム弾や毒ガスの使用が違法であることなどが明記された。

 

 ダムダム弾とは、小銃や機関銃、拳銃などの小口径弾の弾頭に傷をつけたものをいう。人体などに命中した時、その弾頭が潰れたり、力学作用で旋転が不規則になったりして、その作用で残虐な傷を負わせるためのものをいった。したがって、これ以降、弾頭の鉛の露出が違法となり、軍用実包はみな銅などで表面を覆うようになった。

 

「陸戦ノ法規慣例ニ関スル条約」全部で9条で、それに付随した「陸戦ノ法規慣例ニ関する規則」全56条である。

 

 この法規第2章は、その後の世界大戦(1914〜18年)の経験を取り入れて、1929年になって独立した「俘虜ノ待遇ニ関スル条約」全8章97箇条に発展した。

 

 次回はさらに詳しく、「捕虜になる権利」や「交戦権者」の規定などを見ていこう。

 

 

 

(以下次号)

 

 

(あらき・はじめ)

 

 

 

 

(令和二年(2020年)3月11日配信)

 



著者略歴

荒木 肇(あらき・はじめ)
1951年東京生まれ。横浜国立大学教育学部卒業、同大学院修士課程修了。 専攻は日本近代教育史。日露戦後の社会と教育改革、大正期の学校教育と陸海軍教育、主に陸軍と学校、社会との関係の研究を行なう。横浜市の小学校で勤務するかたわら、横浜市情報処理教育センター研究員、同小学校理科研究会役員、同研修センター委嘱役員等を歴任。1993年退職。生涯学習研究センター常任理事、聖ヶ丘教育福祉専門学校講師(教育原理)などをつとめる。1999年4月から川崎市立学校に勤務。2000年から横浜市主任児童委員にも委嘱される。2001年には陸上幕僚長感謝状を受ける。 年間を通して、自衛隊部隊、機関、学校などで講演、講話を行なっている。

著書に『教育改革Q&A(共著)』(パテント社)、『静かに語れ歴史教育』『日本人はどのようにして軍隊をつくったのか─安全保障と技術の近代史』(出窓社)、『現代(いま)がわかる−学習版現代用語の基礎知識(共著)』(自由国民社)、『自衛隊という学校』『続自衛隊という学校』『子どもに嫌われる先生』『指揮官は語る』『自衛隊就職ガイド』『学校で教えない自衛隊』『学校で教えない日本陸軍と自衛隊』『あなたの習った日本史はもう古い!─昭和と平成の教科書読み比べ』『東日本大震災と自衛隊─自衛隊は、なぜ頑張れたか?』『脚気と軍隊『日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想』(並木書房)がある。


【防人の道NEXT】国民の理解が自衛隊を支える−荒木肇氏に聞く[桜H29/6/28]





サイト内検索は、こちらからどうぞ




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

自衛隊警務官(1)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(1)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(1)」―(2019年(令和元年)12月11日配信)です。
自衛隊警務官(2)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(2) 勅令憲兵と軍令憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(2)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(2) 勅令憲兵と軍令憲兵」―(2019年(令和元年)12月18日配信)です。
自衛隊警務官(3)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(3) 遅れた憲兵の登場
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(3)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(3) 遅れた憲兵の登場」―(2019年(令和元年)12月25日配信)です。
自衛隊警務官(4)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(4) ポリスと近衛兵の対立
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(4)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(4) ポリスと近衛兵の対立」―(2020年(令和二年)1月8日配信)です。
自衛隊警務官(5)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(5) 近衛兵について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(5)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(5) 近衛兵について」―(2020年(令和二年)1月15日配信)です。
自衛隊警務官(6)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(6) 徴兵制と近衛兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(6)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(6) 徴兵制と近衛兵」―(2020年(令和二年)1月22日配信)です。
自衛隊警務官(7)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(7) 近衛兵の離職と川路(かわじ)大警視
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(7)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(7) 近衛兵の離職と川路(かわじ)大警視」―(2020年(令和二年)1月29日配信)です。
自衛隊警務官(8)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(8) 西南戦争と戦後の跡始末
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(8)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(8) 西南戦争と戦後の跡始末」―(2020年(令和二年)2月5日配信)です。
自衛隊警務官(9)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(9) 憲兵ついに創設される
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(9)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(9) 憲兵ついに創設される」―(2020年(令和二年)2月12日配信)です。
自衛隊警務官(10)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(10) 軍紀について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(10)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(10) 軍紀について」―(2020年(令和二年)2月19日配信)です。
自衛隊警務官(11)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(11) 憲兵の服制について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(11)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(11) 憲兵の服制について」―(2020年(令和二年)2月26日配信)です。
自衛隊警務官(12)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(12) カーキ色と憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(12)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(12) カーキ色と憲兵」―(2020年(令和二年)3月4日配信)です。
自衛隊警務官(14)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(14) 交戦資格というもの
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(14)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(14) 交戦資格というもの」―(2020年(令和二年)3月18日配信)です。
自衛隊警務官(15)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(15) 日清戦争と憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(15)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(15) 交戦資格というもの」―(2020年(令和二年)3月25日配信)です。
自衛隊警務官(16)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(16) 戦場の憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(16)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(16) 戦場の憲兵」―(2020年(令和二年)4月1日配信)です。
自衛隊警務官(17)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(17) 日露戦争の憲兵
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(17)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(17) 日露戦争の憲兵」―(2020年(令和二年)4月8日配信)です。
自衛隊警務官(18)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(18) 日露戦争の憲兵(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(18)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(18) 日露戦争の憲兵(2)」―(2020年(令和二年)4月15日配信)です。
自衛隊警務官(19)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(19) 日露戦争の国際人道法
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(19)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(19) 日露戦争の国際人道法」―(2020年(令和二年)4月22日配信)です。
自衛隊警務官(20)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(20) 宣戦布告について
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(20)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(20) 宣戦布告について」―(2020年(令和二年)4月29日配信)です。
自衛隊警務官(21)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(21) 開戦通告とは
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(21)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(21) 開戦通告とは」―(2020年(令和二年)5月6日配信)です。
自衛隊警務官(22)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(22) 国際法上の非難はなきや
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(22)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(22) 国際法上の非難はなきや」―(2020年(令和二年)5月13日配信)です。
自衛隊警務官(23)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(23) 戦闘開始、打方始め!
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(23)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(23 ) 戦闘開始、打方始め!」―(2020年(令和二年)5月20日配信)です。
自衛隊警務官(24)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(24) 仁川港内の戦闘
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(24)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(24 ) 仁川港内の戦闘」―(2020年(令和二年)5月27日配信)です。
自衛隊警務官(25)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(25) 旅順港内への夜襲
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(25)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(25 ) 旅順港内への夜襲」―(2020年(令和二年)6月3日配信)です。
自衛隊警務官(26)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(26) 夜襲成功!
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(26)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(26 ) 夜襲成功!」―(2020年(令和二年)6月10日配信)です。
自衛隊警務官(27)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(27) 夜襲の後に──駆逐艦乗りの気風
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(27)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(27 ) 夜襲成功!」―(2020年(令和二年)6月17日配信)です。
自衛隊警務官(28)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(28) 旅順口閉塞(へいそく)隊員の話
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(28)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(28 ) 旅順口閉塞(へいそく)隊員の話」―(2020年(令和二年)6月24日配信)です。
自衛隊警務官(29)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(29) 旅順口閉塞(へいそく)隊員の行方
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(29)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(29 ) 旅順口閉塞(へいそく)隊員の行方」―(2020年(令和二年)7月1日配信)です。
自衛隊警務官(30)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(30) 陸戦ではどうやって捕虜になるか(1)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(30)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(30 ) 陸戦ではどうやって捕虜になるか(1)」―(2020年(令和二年)7月8日配信)です。
自衛隊警務官(31)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(31) 陸戦ではどうやって捕虜になるか(2)
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(31)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(31 ) 陸戦ではどうやって捕虜になるか(2)」―(2020年(令和二年)7月15日配信)です。
自衛隊警務官(32)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(32) 日露戦争での捕虜の発生
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(32)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(32 ) 日露戦争での捕虜の発生」―(2020年(令和二年)7月22日配信)です。
自衛隊警務官(33)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(33) 森林太郎(鴎外)の貢献
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 自衛隊警務官(33)─「陸軍憲兵から自衛隊警務官に(33 ) 森林太郎(鴎外)の貢献」―(2020年(令和二年)7月29日配信)です。