自衛隊警務官

荒木肇さんの最新刊

日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想

「きわめて人間臭い、戦場の実相の一部が目の当たりに浮かぶような気がしました」(元自衛官)
「兵器装備というのは、予想戦場、兵士の知的水準、兵站補給、技術工業水準、その他もろもろの要素が絡み合って開発される・・・といった常識がとてもよく理解できました」(経済人)
日本の技術者はどんな兵器を開発し、兵士たちはどんな訓練を受け、戦ったのか?
先人への感謝と日本現代史に熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。




サイト内検索は、こちらからどうぞ




お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

自衛隊警務官記事一覧

自衛隊警務官(1)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(1)

はじめに 近代国民国家の軍隊というのは、まさに「社会の縮図」でした。それはいまの志願制である自衛隊でも変わりません。階級章をつけた制服を着た武官や兵卒と、宣誓をして文官(兵卒に対応する雇員や傭人)として勤務する軍属がいました。その人々の出身は、国内各地域とあらゆる階層に及んでいたのです。その事情は自...

≫続きを読む

 

自衛隊警務官(2)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(2) 勅令憲兵と軍令憲兵

ご挨拶 令和元年もいよいよ半月あまりになりました。わたしも気ぜわしさが先立ち、いろいろと落ち着いて考えることが少なくなっています。そうした中で、「卒業生への言葉」というタイトルで短文などを依頼されることが増えています。 もちろん、お祝いという気持ちも伝えたいし、将来への夢をもてとも言いたいのですが、...

≫続きを読む

 

自衛隊警務官(3)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(3) 遅れた憲兵の登場

ご挨拶 令和元年の暮れも近づきました。今年をふり返ると、台風による風水害の多さに驚かされます。わたしたちは、ついつい大地震にばかり関心をもち、それへの備えについての議論ばかりをしてきました。それはそれで間違ってはいませんが、それよりも蓋然性というか起こる可能性が高かった風水害への備えを「うかつにも」...

≫続きを読む

 

自衛隊警務官(4)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(4) ポリスと近衛兵の対立

新年のご挨拶 明けましておめでとうございます。穏やかな新年の訪れ、皆さまいかがお過ごしでしょうか。今年の夏には1964(昭和39)年から半世紀以上も隔たって開催される東京パラリンピック・オリンピックが開催されます。話題になったのがマラソン競技で、夏も涼しいということから札幌で開かれることになりました...

≫続きを読む

 

自衛隊警務官(5)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(5) 近衛兵について

ご挨拶 前号でお知らせしたように、ある総合雑誌から依頼を受け、自衛隊災害派遣とその実態にある現場のさまざまな問題を書きました。また自衛隊側の苦衷についても、少し触れるようにしました。自衛官は何でも屋でもなく、便利使いされる存在ではありません。道路が崩れていれば直す、民家の屋根にブルーシートをかける、...

≫続きを読む

 

自衛隊警務官(6)─陸軍憲兵から自衛隊警務官に(6) 徴兵制と近衛兵

ご挨拶 あまり雪が降らないとか。観光業の方々は大変です。また、春、夏に豊かな水がなくてはならない米作地帯の方々も心配されておられませんか。心よりお見舞いを申し上げます。 中東問題も大変ですね。桜林さんも「夕刊フジ」などで論陣を張られていますが、タンカーの安全確保は私たちの産業、生活に大きな影響があり...

≫続きを読む

 

 



著者略歴

荒木 肇(あらき・はじめ)
1951年東京生まれ。横浜国立大学教育学部卒業、同大学院修士課程修了。 専攻は日本近代教育史。日露戦後の社会と教育改革、大正期の学校教育と陸海軍教育、主に陸軍と学校、社会との関係の研究を行なう。横浜市の小学校で勤務するかたわら、横浜市情報処理教育センター研究員、同小学校理科研究会役員、同研修センター委嘱役員等を歴任。1993年退職。生涯学習研究センター常任理事、聖ヶ丘教育福祉専門学校講師(教育原理)などをつとめる。1999年4月から川崎市立学校に勤務。2000年から横浜市主任児童委員にも委嘱される。2001年には陸上幕僚長感謝状を受ける。 年間を通して、自衛隊部隊、機関、学校などで講演、講話を行なっている。

著書に『教育改革Q&A(共著)』(パテント社)、『静かに語れ歴史教育』『日本人はどのようにして軍隊をつくったのか─安全保障と技術の近代史』(出窓社)、『現代(いま)がわかる−学習版現代用語の基礎知識(共著)』(自由国民社)、『自衛隊という学校』『続自衛隊という学校』『子どもに嫌われる先生』『指揮官は語る』『自衛隊就職ガイド』『学校で教えない自衛隊』『学校で教えない日本陸軍と自衛隊』『あなたの習った日本史はもう古い!─昭和と平成の教科書読み比べ』『東日本大震災と自衛隊─自衛隊は、なぜ頑張れたか?』『脚気と軍隊『日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想』(並木書房)がある。


【防人の道NEXT】国民の理解が自衛隊を支える−荒木肇氏に聞く[桜H29/6/28]





サイト内検索は、こちらからどうぞ




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓