陸軍小火器史(26) ─最後の制式小銃「九九式小銃」ー

荒木肇さんの最新刊

日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想

「きわめて人間臭い、戦場の実相の一部が目の当たりに浮かぶような気がしました」(元自衛官)
「兵器装備というのは、予想戦場、兵士の知的水準、兵站補給、技術工業水準、その他もろもろの要素が絡み合って開発される・・・といった常識がとてもよく理解できました」(経済人)
日本の技術者はどんな兵器を開発し、兵士たちはどんな訓練を受け、戦ったのか?
先人への感謝と日本現代史に熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。




サイト内検索は、こちらからどうぞ




お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

お祝い

 

今上陛下がご即位になりました。謹んでお祝いを申し上げます。

 

 史上初の10連休、皆様どのようにお過ごしになりましたか。雨が降ったり、激しい雷雨があったりした地域もあったかと聞いています。被害にあわれた方はいらっしゃいませんか。

 

 わたしは、ほとんど出かけずに終わりました。その代わり、小火器についてさらに資料を集めたり、十分に休養をとれました。

 

 

強い反撞(はんどう、動)に悩む

 

 1938(昭和13)年4月21日、陸軍軍需審議会は、技術本部の研究方針について次のように改めるよう答申した。

 

「小銃、近距離戦闘兵器としての性能を向上す。主要諸元左の如し。口径七・七粍、重量約四キロ(努めて軽量とす)、穴照門とし一〇〇米より一五〇〇米の照尺を附す。摘要。反撞(はんどう)若干の増加は忍ぶものとす。対空射撃の方途を講ず」

 

 1940(昭和15)年7月になって、九九式小銃、同短小銃、九九式軽機関銃が制式化された。

 

 三八式歩兵銃は、その発射反動のまろやかさでも有名だった。小口径であるのに十分な長さの銃身をもち、装薬から生まれた発射ガスが十分に仕事をする時間を与えたからだ。新しい九九式小銃は増口径と軽量化を追及したために、銃身が十分な長さをもたなかった。だから強烈な反動が生まれた、銃口から出た閃光が大きく視界を奪われたという思い出話が多い。また、いやだなあ、反動が痛いなあと思えば当然、平常心ではいられない。どうしても引鉄をガク引きしてしまったという証言もある。

 

 そのせいかどうか。フィリピンで戦ったアメリカ軍の記録では、日本軍の6.5ミリ弾の狙撃兵には悩ませられたが、一般に出てくるのは機関銃の話題ばかりである。一方、兵站関係者の思い出には、敗走中に森の中の道路の道端に木箱に入れられたまま山積みにされた新品の九九式小銃を見たという人もいる。やっとの思いで海を越えた兵器も、揚陸してからの運搬手段もなく放置されていた。本来、健全な補給能力とは、物資、資材を最前線まで届かせられることをいう。

 

 九九式小銃には長さが2種あった。長い方は三八式とほぼ同じ長さ(1272ミリ)で、短い方は115ミリ短くなった(1117ミリ)。これを長小銃と短小銃というが、前者は約3万8000挺生産され、後者は同232万挺で総生産数は合計は同236万挺となり、三八式と比べるとその生産数は6割ほどにもなる。三八式は35年間も製造が続き、対して九九式はわずか5年間である。戦時にいかに対応して全力をあげたかよく分かる。もっとも、大東亜戦中の混乱の中で、初期型と中・後期型ではその製品としてのレベルがずいぶん異なる。わが国の国力の貧しさと戦いの激しさがしのばれる(数字は『日本の軍用銃』須川薫雄によった)。

 

 短小銃のカタログ・データは次の通り。(  )の中は比較のために三八式歩兵銃である。全長1117ミリ(1275)、銃身長657ミリ(792)、重量3700グラム(4000)、最大幅51ミリ(50)、標尺はスライド式で400〜1500メートル(300、スタンド時400、スライド500〜2400)、装弾数5発(5発)である。すぐに分かるのは、軽くなったことだ。この300グラムも軽くなったことは、担いで歩く人間にとっては、ひどく嬉しいことだった。長い行軍では、「紙1枚でも捨てたかった」「進撃路の途中に5発ずつの実包がたくさん捨てられていた」などという証言がある。

 

 対戦した相手の小銃と比べてみよう。アメリカのM1ガーランドは口径7.62ミリ、全長1100ミリ、銃身長600ミリ、重量は4370グラムである。

 

 実銃を三八式と並べてみると、九九式の頑丈さが目立つ。もちろん増口径のおかげである。前脚(折り畳み式、単脚)がつき、航空機を撃てるように高射用の表尺がある。用心鉄(トリガーガード)が大きく、やや角ばっている印象がある。弾倉底鈑が外したときに無くならないように、前端は軸でとめられている。

 

互換性のない同口径弾

 

 新しく制定された実包を九九式七・七粍実包という。口径は同じなのに、先に開発された九二式重機関銃に使う九二式実包とはまったく異なるものだ。まず、弾頭の重さが違う。小銃用は11.8グラム、これに対して重機用は13.0グラムもあった。元は航空機搭載用八九式旋回機銃弾薬である。装薬も小銃の2.8グラムに対して2.93グラムだった(ただし、普通弾の場合)。

 

 何より一番大きな違いは、小銃用は無起縁(リムレス)で、機関銃用は半起縁(セミ・リムド)になっていた。セミ・リムドは薬莢の縁の内側に溝があり、縁は薬莢の径よりやや大きかった。この縁が装?を、溝が排莢をスムースにさせた。機銃は何より薬室から撃ち殻薬莢を抜けないのが怖い。そこで、縁を確実に抽筒子で引っかけるためにセミ・リムドということにしたのである。

 

 小銃実包がリムレスなのは当然のことだった。九九式小銃は尾筒内部に固定された弾倉に5発の弾をこめた。そのとき、5発をひとまとめにしたクリップ(挿弾子)を使うのだが、もしリムがあると厄介なことになった。下の弾のリムは、必ず上の弾のリムより後ろになくてはならない。これがイギリス軍のエンフィールド小銃なら、もともと着脱弾倉だから、戦闘の前にリムを順に後になるようにこめておけばいい。ところが九九式は、いっきょに5発を押しこむことになるから、リムなど無い方がよかったのだ。

 

 1940(昭和15)年3月、兵器生産実績数字がある。1月から3月までに99式小銃は3万8000挺、1カ月にようやく1万3000挺くらいだった。14年度は53万挺造った。軽機関銃も14年の1年間で旧式の11年式を1万1500挺、九二式重機が1万3200挺、15年度の1月から3月までで1000挺である。

 

 1937(昭和12)年からわが国は軍需動員を始めて、41(昭和16)年3月までの42カ月間の実績が数字で残っている。38式歩兵銃が63万5875挺、38式騎銃が16万4738挺、44式騎銃は1万3814挺、14年式拳銃4万1465挺、軽機関銃(96式、11年式)2万7001挺、89式重擲弾筒3万2940筒、92式重機関銃1万444銃、92式車載重機3391銃、92式歩兵砲1136門、94式37粍速射砲1293門、41式山砲(歩兵聯隊用)727門というものである。

 

 一方で中国と戦いながら、新しい装備も造る。戦闘で損耗もするからそれの補充も必要である。陸軍は軍需予算の40%を支那に送り、60%を軍備充実に回すとした。それにしても「国防の台所」は貧しい限りだったと加登川幸太郎元中佐は書いている(『陸軍の反省(上)』文京出版、1996年)。

 

戦時生産品

 

 開戦2年目の1942(昭和17)年には陸軍の兵器材料は不足してきた。翌18年秋頃から造られた粗製の九九式小銃は「戦時小銃」といわれるようなものになった。まず、単脚(モノポッド)と高射表尺が省かれ、?杖も短くなる。銃床の木部の材料も低下する。金属部も切断面がざらついてきて、塗装も黒錆染めではなく塗料でされるようにもなった。19年夏ころになると、いよいよ末期的になってしまう。照尺は固定で環穴型、照星座もなくなる。槓桿の先も丸みがなく、角ばっている。こうして九九式はまったく元の姿を失ったといっていい。

 

 なお、陸軍は一応、旧来の6.5ミリ系の装備をする部隊(38式歩兵銃、96式軽機関銃、92式重機関銃)は主に中国戦線で戦い、対ソ連戦用の優良装備師団、南方の英米蘭軍相手には、7.7ミリ系の(99式小銃、99式系機関銃、92式重機関銃)部隊をあてるように計画していた。したがって、満洲の孫呉(そんご)に長く駐屯した第1師団は、九九式小銃、九九式軽機、九二式重機を装備したはずである。

 

 だからフィリピン戦を描いた大岡昇平は『レイテ戦記』の中で、「三八式の銃声と七五ミリ野砲のひびきを再現したい」と書いたが、本当は九九式の7.7ミリの銃声もこだましたに違いない。

 

 

(以下次号)

 

 

(あらき・はじめ)

 

 

 

 

(2019年(令和元年)5月8日配信)

 



著者略歴

荒木 肇(あらき・はじめ)
1951年東京生まれ。横浜国立大学教育学部卒業、同大学院修士課程修了。 専攻は日本近代教育史。日露戦後の社会と教育改革、大正期の学校教育と陸海軍教育、主に陸軍と学校、社会との関係の研究を行なう。横浜市の小学校で勤務するかたわら、横浜市情報処理教育センター研究員、同小学校理科研究会役員、同研修センター委嘱役員等を歴任。1993年退職。生涯学習研究センター常任理事、聖ヶ丘教育福祉専門学校講師(教育原理)などをつとめる。1999年4月から川崎市立学校に勤務。2000年から横浜市主任児童委員にも委嘱される。2001年には陸上幕僚長感謝状を受ける。 年間を通して、自衛隊部隊、機関、学校などで講演、講話を行なっている。

著書に『教育改革Q&A(共著)』(パテント社)、『静かに語れ歴史教育』『日本人はどのようにして軍隊をつくったのか─安全保障と技術の近代史』(出窓社)、『現代(いま)がわかる−学習版現代用語の基礎知識(共著)』(自由国民社)、『自衛隊という学校』『続自衛隊という学校』『子どもに嫌われる先生』『指揮官は語る』『自衛隊就職ガイド』『学校で教えない自衛隊』『学校で教えない日本陸軍と自衛隊』『あなたの習った日本史はもう古い!─昭和と平成の教科書読み比べ』『東日本大震災と自衛隊─自衛隊は、なぜ頑張れたか?』『脚気と軍隊『日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想』(並木書房)がある。


【防人の道NEXT】国民の理解が自衛隊を支える−荒木肇氏に聞く[桜H29/6/28]





サイト内検索は、こちらからどうぞ




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

陸軍小火器史(1) ―ミニエー銃とゲベール銃(1)
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(1) ―ミニエー銃とゲベール銃(1) (2018年(平成30年)11月7日配信)です。
陸軍小火器史(2) ―ミニエー銃とゲベール銃(2)
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(2) ―ミニエー銃とゲベール銃(2) (2018年(平成30年)11月14日配信)です。
陸軍小火器史(3) ―ミニエー銃とゲベール銃(3)
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(3) ―ミニエー銃とゲベール銃(3) (2018年(平成30年)11月21日配信)です。
陸軍小火器史(4) ―小銃弾薬の発達(その1)
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(4) ―小銃弾薬の発達(その1) (2018年(平成30年)11月28日配信)です。
陸軍小火器史(5) ―小銃弾薬の発達(その2)
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(5) ―小銃弾薬の発達(その2) (2018年(平成30年)12月5日配信)です。
陸軍小火器史(6) ―小銃弾薬の発達(その3)
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(6) ―小銃弾薬の発達(その3) (2018年(平成30年)12月12日配信)です。
陸軍小火器史(7) ―小銃弾薬の発達(その4)
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(7) ―小銃弾薬の発達(その4) (2018年(平成30年)12月19日配信)です。
陸軍小火器史(8) ―幕末・維新戦争の銃撃戦(その1)
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(8) ―幕末・維新戦争の銃撃戦(その1)(2018年(平成30年)12月26日配信)です。
陸軍小火器史(9) 幕末・維新戦争の銃撃戦(その2) ─金属薬莢の後装銃の登場─
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(8) ―幕末・維新戦争の銃撃戦(その2) ─金属薬莢の後装銃の登場─(2019年(平成31年)1月9日配信)です。
陸軍小火器史(10) 西南戦争(1)─不統一の小銃装備で戦った西南戦争─
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 西南戦争(1)─不統一の小銃装備で戦った西南戦争─(2019年(平成31年)1月16日配信)です。
陸軍小火器史(11) 西南戦争(2)─幕末・明治初めの拳銃─
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(11) 西南戦争(2)─幕末・明治初めの拳銃─(2019年(平成31年)1月23日配信)です。
陸軍小火器史(12) 国産小銃の誕生─村田式歩兵銃・騎兵銃
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(12) 国産小銃の誕生─村田式歩兵銃・騎兵銃 (2019年(平成31年)1月30日配信)です。
陸軍小火器史(13) ─時代の制約の中で完成した「村田連発銃」―
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(13) ─時代の制約の中で完成した「村田連発銃」― (2019年(平成31年)2月6日配信)です。
陸軍小火器史(14) ─日露戦争を戦い抜いた30年式歩兵銃―
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(14) ─日露戦争を戦い抜いた30年式歩兵銃― (2019年(平成31年)2月13日配信)です。
陸軍小火器史(15) ─騎兵装備用の国産第1号拳銃「26年式拳銃」―
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(15) ─騎兵装備用の国産第1号拳銃「26年式拳銃」― (2019年(平成31年)2月20日配信)です。
陸軍小火器史(16) ─空冷ホチキス機関砲と38年式機関銃―
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(16) ─空冷ホチキス機関砲と38年式機関銃― (2019年(平成31年)2月27日配信)です。
陸軍小火器史(17) ─3年式重機関銃―
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(17) ─3年式重機関銃― (2019年(平成31年)3月6日配信)です。
陸軍小火器史(18) ─サンパチと通称された名銃「三十八年式歩兵銃」ー
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(18) ─サンパチと通称された名銃「三十八年式歩兵銃」― (2019年(平成31年)3月13日配信)です。
陸軍小火器史(19) ─独自性が光る十一年式軽機関銃ー
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(18) ─独自性が光る十一年式軽機関銃― (2019年(平成31年)3月20日配信)です。
陸軍小火器史(20) ─三十八年式・四十四年式騎銃ー
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(20) ─三十八年式・四十四年式騎銃― (2019年(平成31年)3月27日配信)です。
陸軍小火器史(21) ─10年式擲弾筒と手榴弾ー
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(21) ─10年式擲弾筒と手榴弾― (2019年(平成31年)4月3日配信)です。
陸軍小火器史(22) ─傑作といわれた九六式軽機関銃ー
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(22) ─傑作といわれた九六式軽機関銃― (2019年(平成31年)4月10日配信)です。
陸軍小火器史(23) ─小さな迫撃砲「八九式重擲弾筒」ー
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(23) ─小さな迫撃砲「八九式重擲弾筒」― (2019年(平成31年)4月17日配信)です。
陸軍小火器史(24) ─7.7ミリ九九式軽機関銃ー
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(24) ─7.7ミリ九九式軽機関銃― (2019年(平成31年)4月24日配信)です。
陸軍小火器史(25) ─口径7.7ミリの九二式重機関銃ー
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(25) ─口径7.7ミリの九二式重機関銃― (2019年(令和元年)5月1日配信)です。
陸軍小火器史(27) ─輸出をねらった国産拳銃「南部式自動拳銃」ー
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(27) ─輸出をねらった国産拳銃「南部式自動拳銃」― (2019年(令和元年)5月15日配信)です。
陸軍小火器史(28) ─九四式拳銃─大量生産できる国産拳銃の開発ー
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(28) ─九四式拳銃─大量生産できる国産拳銃の開発― (2019年(令和元年)5月22日配信)です。
陸軍小火器史(29) ─番外編 陸上自衛隊駐屯地資料館の展示物(1)─正装、軍装、階級章─
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(29) ─番外編 陸上自衛隊駐屯地資料館の展示物(1)─正装、軍装、階級章─ (2019年(令和元年)5月29日配信)です。
陸軍小火器史(30) ─番外編 陸上自衛隊駐屯地資料館の展示物(2)
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(30) ─番外編 陸上自衛隊駐屯地資料館の展示物(2) (2019年(令和元年)6月5日配信)です。
陸軍小火器史(31) ─番外編 陸上自衛隊駐屯地資料館の展示物(3) ー軍刀、指揮刀ー
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(31) ─番外編 陸上自衛隊駐屯地資料館の展示物(3) 軍刀、指揮刀(2019年(令和元年)6月12日配信)です。
陸軍小火器史(32) ─番外編 陸上自衛隊駐屯地資料館の展示物(4)─靴や装具など─
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(31) ─番外編 陸上自衛隊駐屯地資料館の展示物(4)─靴や装具など─(2019年(令和元年)6月19日配信)です。
陸軍小火器史(33) ─番外編 陸上自衛隊駐屯地資料館の展示物(5)─靴につけた拍車─
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(31) ─陸上自衛隊駐屯地資料館の展示物(5)─靴につけた拍車─(2019年(令和元年)6月26日配信)です。
陸軍小火器史(34) ─番外編 陸上自衛隊駐屯地資料館の展示物(6)─その他の展示物いろいろ─
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(34) ─陸上自衛隊駐屯地資料館の展示物(6)─靴につけた拍車─(2019年(令和元年)7月3日配信)です。
陸軍小火器史(35) 番外編(7)─予備隊・保安隊・自衛隊―
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(35) 番外編(7)─予備隊・保安隊・自衛隊―(2019年(令和元年)7月10日配信)です。
陸軍小火器史(36) 番外編(8)─予備隊の誕生さまざま―
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(36) 番外編(8)─予備隊の誕生さまざま―(2019年(令和元年)7月17日配信)です。
陸軍小火器史(37) 番外編(9)─予備隊の誕生さまざま(2)―
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 陸軍小火器史(37) 番外編(9)─予備隊の誕生さまざま(2)―(2019年(令和元年)7月24日配信)です。
陸軍小火器史(38) 番外編(10)─予備隊の誕生さまざま物語(3)ー
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 陸軍小火器史(38) 番外編(10)─予備隊の誕生さまざま物語(3)―(2019年(令和元年)7月31日配信)です。
陸軍小火器史(39) 番外編(11 )─政策の転換と予備隊
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 陸軍小火器史(39) 番外編(11)─政策の転換と予備隊―(2019年(令和元年)8月7日配信)です。
陸軍小火器史(40) 番外編(12)─予備隊が発足したー
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 陸軍小火器史(40) 番外編(12)─予備隊が発足した―(2019年(令和元年)8月14日配信)です。
陸軍小火器史(41) 番外編(13)─混乱の中での組織作りー
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 陸軍小火器史(41) 番外編(13)─混乱の中での組織作り―(2019年(令和元年)8月21日配信)です。
陸軍小火器史(42) 番外編(14)─だんだん軍隊らしくなる武装組織ー
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 陸軍小火器史(42) 番外編(14)─混乱の中での組織作り―(2019年(令和元年)8月28日配信)です。
陸軍小火器史(43) 番外編(15)─治安維持から防衛部隊へー
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 陸軍小火器史(43) 番外編(15)─治安維持から防衛部隊へ―(2019年(令和元年)9月4日配信)です。
陸軍小火器史(44) 番外編(16)─旧将校たちの入隊と編成思想ー
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 陸軍小火器史(44) 番外編(16)─旧将校たちの入隊と編成思想―(2019年(令和元年)9月11日配信)です。
陸軍小火器史(45) 番外編(17)─警察予備隊の戦車ー
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 陸軍小火器史(45) 番外編(17)─警察予備隊の戦車―(2019年(令和元年)9月18日配信)です。
陸軍小火器史(46) 番外編(18)─警察予備隊の戦車「M4シャーマン」ー
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 陸軍小火器史(46) 番外編(18)─警察予備隊の戦車「M4シャーマン」―(2019年(令和元年)9月25日配信)です。
陸軍小火器史(47) 番外編(19)─M4戦車の配備ー
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 陸軍小火器史(47) 番外編(19)─M4戦車の配備―(2019年(令和元年)10月2日配信)です。
陸軍小火器史(48) 番外編(20)─日本の戦車の趨勢
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 陸軍小火器史(48) 番外編(20)─日本の戦車の趨勢―(2019年(令和元年)10月9日配信)です。
陸軍小火器史(49) 番外編(21)─戦車や火砲の削減
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 陸軍小火器史(49) 番外編(21)─戦車や火砲の削減 ―(2019年(令和元年)10月16日配信)です。
陸軍小火器史(50) 番外編(22)─進歩的知識人の幻想と自衛隊
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 陸軍小火器史(50) 番外編(22)─進歩的知識人の幻想と自衛隊―(2019年(令和元年)10月23日配信)です。
陸軍小火器史(51) 番外編(23)─陸自唯一の機甲師団
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 陸軍小火器史(51) 番外編(23)─陸自唯一の機甲師団―(2019年(令和元年)10月30日配信)です。
陸軍小火器史(52) 番外編(24)─なぜセミ・オートマチック小銃を採用しなかったのか?
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 陸軍小火器史(52) 番外編(24)─なぜセミ・オートマチック小銃を採用しなかったのか?―(2019年(令和元年)11月6日配信)です。
陸軍小火器史(53) 番外編(25)─反響のご紹介と挨拶
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 陸軍小火器史(53) 番外編(25)─反響のご紹介と挨拶―(2019年(令和元年)11月13日配信)です。
陸軍小火器史(54) 番外編(26)─敵より優位に立って戦いたい思い
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 陸軍小火器史(54) 番外編(26)─敵より優位に立って戦いたい思い―(2019年(令和元年)11月20日配信)です。
陸軍小火器史(55) 番外編(27)─「明治から近代の歴史を学んでこなかった」
「日本陸軍の兵站戦のバックナンバー 陸軍小火器史(55) 番外編(27)─「明治から近代の歴史を学んでこなかった」―(2019年(令和元年)11月27日配信)です。