鉄道と軍隊(25)─泰緬鉄道の開通(2)

荒木肇さんの最新刊

日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想

「きわめて人間臭い、戦場の実相の一部が目の当たりに浮かぶような気がしました」(元自衛官)
「兵器装備というのは、予想戦場、兵士の知的水準、兵站補給、技術工業水準、その他もろもろの要素が絡み合って開発される・・・といった常識がとてもよく理解できました」(経済人)
日本の技術者はどんな兵器を開発し、兵士たちはどんな訓練を受け、戦ったのか?
先人への感謝と日本現代史に熱い思いを抱く、すべての人に捧げます。




サイト内検索は、こちらからどうぞ




お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

泰緬鉄道の開通

 

 1943(昭和18)年10月25日にコンコイタという駅で、鉄道第9聯隊と同5聯隊の奮闘努力の結果である開通式が行なわれた。予定の8月末より2カ月も遅れてはいたが、最初の年末に開通という計画よりも2カ月も早かった。いかにも鉄道聯隊の作業らしく、戦時急造の基準に合わせたスピード工事のおかげである。

 

 たとえば小さな丘を切り崩して造る「切通し」などは平時では、線路の両側それぞれに45度の角度で造られる。そこを土留めし、整地することになっているが、戦場では垂直に切り立った壁の間を線路は敷かれた。集められた線路を組み合わせて造ったカーブも急であり、資材を積んだ列車ですらしばしば脱線するようなものばかりだった。

 

 実際に線路がつながったのは10月14日だったが、式典は準備され、25日に執行された。総延長距離は415キロメートルに及んだが、北部のノンプラドックからコンコイタまでの152キロは崖を沿わせたり木橋を築いたり、工事が難しいところが多かった。それを担当した第5聯隊は苦労の連続だった。

 

工事参加者の犠牲

 

 いまの鉄道の完工式と同じで、接続された地点には金色の犬釘が打ちこまれた。兵士たちにはビールやタバコが配給され、長かった苦闘を慰労された。同時に部隊は犠牲者たちに黙祷を行なうことも当然のことだった。

 

 犠牲者の数はいろいろな数字がある。全体の三分の一に近い4万2000人ともいわれる。さらに現地や近くの国から連れてこられた労務者たちから出た死者もあり、合わせて7万人という大きな数字もある。こうしたことは正確な数字はつかみにくい。戦闘中であり、現地人労務者の出入りも多く、捕虜監視や実態把握も難しかった。工事の最中の事故による犠牲者もよくわからない。戦後、感情的な主張の中で捕虜延べ6万人のうち5200人が亡くなったというが、通説では3割という犠牲者数と合わない。

 

 戦場の常として、工事の事故が戦死とすれば傷病による死者が多かった。もともと衛生環境がひどく悪く、栄養補給や医薬品の補給も追いつかなかった。コレラ・チフスといった伝染病や、風土病であるマラリヤによる死者も多かったのである。

 

 陸上自衛隊が編纂した『大東亜戦争陸軍衛生史(昭和43年)』によれば、ビルマのラングーン第106兵站病院の伝染病科入院患者7100名中、約17%の1200名がマラリヤ患者だった。同じくコレラや赤痢・腸チフス患者は同じく50%の3500名にものぼっている。この数字は昭和17年7月から同19年7月の2年間で、給与も十分な第一線部隊の兵士の数字である。

 

 過酷な環境の中に身を置いて、栄養もろくにない生活では病気にかかればすぐに死を迎えたことだろう。捕虜の監視にあたった日本軍将兵も白米しか食べられなかった。そういうなかで捕虜収容所長たちは協力して豚を集め、工事現場の西洋人に肉を支給していた。

 

戦争犯罪人の摘発

 

 敗戦後になって連合国は捕虜たちの証言を元に「戦争犯罪」を摘発した。おかげで泰緬鉄道関係では2000人もの軍人・軍属が留置された。有名なシンガポールのチャンギ刑務所である。連合国が驚いたのは捕虜の下士官兵を戦闘に関係する労務に就けたことではなく、虐待したという訴えであった。日本兵がようやく手に入れたゴボウを炒めたり、煮たりして支給したら『木の根を食わせた』という誤解を生んだこともあった。

 

 殴られた、蹴られたという訴えも多かった。しかし、それは日本人社会での日常の光景でもあった。弱い立場の人は、戦前社会ではしばしば上級者や力ある者の暴力を受けていた。いま、懐かしそうに戦前の学校の体罰を語る人は減った。しかし、戦前の小学校教師はよく子供たちに重量物を持たせたり、正座を強要したりして「愛の鞭」とも言っていた。中学校の教員は当たり前に生徒の頬にビンタを喰わせていた。

 

 それが虐待だなどと誰も思っていなかったのだ。戦況は好転せず、ゲリラに悩まされ、自然は思うようにならない。そういう状況の中でただでさえ苛立ち、栄養不良の半病人の兵や軍属が捕虜の監視をしていたのだ。

 

 しかし、意外な事に予備審査の段階を経て、実際に裁判になった者は200名でしかなかった。そして英国やオランダ、オーストラリア軍の実際の法廷に立ったのは120名に過ぎなかったのである。有罪とされたのは111名であり、死刑判決を受けたのは32人だった。収容所の軍属だった朝鮮人看守は9名が処刑された。

 

 異文化であることも考慮され、殴打や蹴ったことはそれほどの問題にはならなかった。したがって、技術的な指揮を執った鉄道聯隊からは尉官が2人死刑判決を受けただけだった。多かったのは管理責任を問われた被告で、主に傷病対策や給食のことで追及された捕虜収容所関係者である。タイにあった「俘虜収容所長」だった陸軍少将が絞首刑とされた。これが最高位者だった。軍人にとって銃殺ではなく絞首刑の執行は不名誉なものである。欧州各国のモラルでは勇戦敢闘の末に手段尽きて捕虜になった者を「不当に取り扱う」ことは「軍人らしからぬ」態度と取られたのだ。

 

 裁判は案外、公平に行なわれたように見える。捕虜に瀕死の重傷を負わせるような暴行や、実際に殺してしまったような暴行を加えた場合は死刑になった。しかし、多くの死刑の受刑者は『国際法に違反して捕虜の環境に配慮しなかった』という理由が多い。直接、捕虜と接する機会が少なかった収容所の高級幹部が有罪になったことが多かった。

 

 また中には捕虜が裁判官になったり、陳述が許されないままに判決が下されたり、不当な濡れ衣で亡くなった方々も多いことは事実だろう。

 

 捕虜たちも監視に当たったり、技術指導をしたりする日本兵の状況を知っていた。それだけに報復の感情だけで告発するということも控えざるを得なかったらしい。事実かどうかは分からないが、終戦にあたって捕虜となった日本軍傷病兵を罵り、暴行を加えようとした英国兵を、泰緬鉄道で働いた捕虜将校が制止したという。

 

『ともに地獄で暮らした我々だけが彼らも人間であり、弱い存在であったことを知っている』と語り、弱っていた日本軍将兵に食物を与えたという。

 

戦場から届いた手紙

 

 英国人や豪州人、オランダ人の捕虜たちが不思議に思ったことがあった。それは日本兵から母国の家族に手紙を書くように勧められたことだ。看守の手で配られたハガキは赤十字社を通じて捕虜の母国の家族に届いた。

 

 もちろん、捕虜の側が日本軍の検閲を恐れて、事実や状況を正確に書くことはしなかったらしい。しかし、この1943(昭和18)年の時点では、日本軍にも国際法を守ろうとする「ゆとり」があった。不自由な中でも、精一杯の努力をする気持ちがあったのだ。

 

 次回からは戦時中の鉄道輸送について書こう。

 

 

(以下次号)

 

 

(あらき・はじめ)

 

 

(2017年(平成29年)3月8日配信)

 



著者略歴

荒木 肇(あらき・はじめ)
1951年東京生まれ。横浜国立大学教育学部卒業、同大学院修士課程修了。 専攻は日本近代教育史。日露戦後の社会と教育改革、大正期の学校教育と陸海軍教育、主に陸軍と学校、社会との関係の研究を行なう。横浜市の小学校で勤務するかたわら、横浜市情報処理教育センター研究員、同小学校理科研究会役員、同研修センター委嘱役員等を歴任。1993年退職。生涯学習研究センター常任理事、聖ヶ丘教育福祉専門学校講師(教育原理)などをつとめる。1999年4月から川崎市立学校に勤務。2000年から横浜市主任児童委員にも委嘱される。2001年には陸上幕僚長感謝状を受ける。 年間を通して、自衛隊部隊、機関、学校などで講演、講話を行なっている。

著書に『教育改革Q&A(共著)』(パテント社)、『静かに語れ歴史教育』『日本人はどのようにして軍隊をつくったのか─安全保障と技術の近代史』(出窓社)、『現代(いま)がわかる−学習版現代用語の基礎知識(共著)』(自由国民社)、『自衛隊という学校』『続自衛隊という学校』『子どもに嫌われる先生』『指揮官は語る』『自衛隊就職ガイド』『学校で教えない自衛隊』『学校で教えない日本陸軍と自衛隊』『あなたの習った日本史はもう古い!─昭和と平成の教科書読み比べ』『東日本大震災と自衛隊─自衛隊は、なぜ頑張れたか?』『脚気と軍隊『日本軍はこんな兵器で戦った−国産小火器の開発と用兵思想』(並木書房)がある。


【防人の道NEXT】国民の理解が自衛隊を支える−荒木肇氏に聞く[桜H29/6/28]





サイト内検索は、こちらからどうぞ




 

↓メルマガ「軍事情報」へのご登録はこちらからどうぞ↓
メルマガ購読・解除
 



お問い合わせは、こちらからどうぞ

↓↓↓↓

関連ページ

鉄道と軍隊(1)
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(1) (2016年(平成28年)4月27日配信)です。
鉄道と軍隊(2)
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(2) (2016年(平成28年)5月4日配信)です。
鉄道と軍隊(3)
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(3) (2016年(平成28年)5月11日配信)です。
鉄道と軍隊(4)
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(4) (2016年(平成28年)5月18日配信)です。
鉄道と軍隊(5)
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(5) (2016年(平成28年)5月25日配信)です。
鉄道と軍隊(6)─我田引鉄
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(6)─我田引鉄 (2016年(平成28年)6月1日配信)です。
鉄道と軍隊(7)
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(7) (2016年(平成28年)6月15日配信)です。
鉄道と軍隊(8)─国有化の問題
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(8)─国有化の問題 (2016年(平成28年)6月29日配信)です。
鉄道と軍隊(9)─狭軌か広軌かの争い─
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(9)─狭軌か広軌かの争い─ (2016年(平成28年)7月13日配信)です。
鉄道と軍隊(10)─自動連結器への交換(1)─
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(10)─自動連結器への交換(1)─ (2016年(平成28年)7月27日配信)です。
鉄道と軍隊(11)─自動連結器への交換(2)─
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(11)─自動連結器への交換(2)─ (2016年(平成28年)8月17日配信)です。
鉄道と軍隊(12)─丹那トンネル─
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(12)─丹那トンネル─ (2016年(平成28年)8月31日配信)です。
鉄道と軍隊(13)─トンネルの話─
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(13)─トンネルの話─ (2016年(平成28年)9月14日配信)です。
鉄道と軍隊(14)─弾丸列車計画と海底トンネル
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(14)─弾丸列車計画と海底トンネル (2016年(平成28年)9月28日配信)です。
鉄道と軍隊(15)─弾丸列車計画と昭和初めの鉄道
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(15)─弾丸列車計画と昭和初めの鉄道 (2016年(平成28年)10月12日配信)です。
鉄道と軍隊(16)─弾丸列車計画/機関車と客貨車
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(16)─弾丸列車計画/機関車と客貨車 (2016年(平成28年)10月26日配信)です。
鉄道と軍隊(17)─南満州鉄道の列車たち
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(17)─南満州鉄道の列車たち (2016年(平成28年)11月9日配信)です。
鉄道と軍隊(18)─南満洲鉄道についての雑学
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(18)─南満洲鉄道についての雑学 (2016年(平成28年)11月23日配信)です。
鉄道と軍隊(19)─朝鮮半島の鉄道
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(19)─朝鮮半島の鉄道 (2016年(平成28年)12月7日配信)です。
鉄道と軍隊(20)─朝鮮の鉄道あれこれ
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(20)─朝鮮の鉄道あれこれ (2016年(平成28年)12月21日配信)です。
鉄道と軍隊(21)─弾丸列車と幻の機関車
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(21)─弾丸列車と幻の機関車 (2017年(平成29年)1月11日配信)です。
鉄道と軍隊(22)─鉄道聯隊
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(22)─鉄道聯隊 (2017年(平成29年)1月25日配信)です。
鉄道と軍隊(23)─大東亜戦中の鉄道部隊
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(23)─大東亜戦中の鉄道部隊 (2017年(平成29年)2月8日配信)です。
鉄道と軍隊(24)─泰緬鉄道の建設(1)
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(24)─泰緬鉄道の建設(1) (2017年(平成29年)2月22日配信)です。
鉄道と軍隊(26)─昭和戦前期の鉄道
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(26)─昭和戦前期の鉄道 (2017年(平成29年)3月22日配信)です。
鉄道と軍隊(27)─戦時の鉄道(1)
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(27)─戦時の鉄道(1) (2017年(平成29年)4月5日配信)です。
鉄道と軍隊(28)─戦時の鉄道(2)
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(28)─戦時の鉄道(2) (2017年(平成29年)4月19日配信)です。
鉄道と軍隊(29)─戦時下の鉄道(3) 戦時のこぼれ話
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(28)─戦時下の鉄道(3) 戦時のこぼれ話 (2017年(平成29年)5月3日配信)です。
鉄道と軍隊(30)─戦時下の鉄道(4)ぼろぼろになった鉄道
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(30)―戦時下の鉄道(4)ぼろぼろになった鉄道 (2017年(平成29年)5月17日配信)です。
鉄道と軍隊(31)―戦時下の鉄道(5)青函・稚泊(ちはく)航路の末路
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(31)―戦時下の鉄道(5)ぼろぼろになった鉄道 (2017年(平成29年)5月31日配信)です。
鉄道と軍隊(最終回)―敗戦と鉄道
「日本陸軍の兵站戦」のバックナンバー 鉄道と軍隊(最終回)―敗戦と鉄道 (2017年(平成29年)6月14日配信)です。